リウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



           「ロリショタのパンツくださああああああああああああい!!」

           「家畜なんて、結局殺されるためだけに生きてるようなもんよ」


プロフィール

名前:リウ・ノーディア
性別:女
年齢:21歳
身長:172cm
体重:50kg
好物:魚のクリーム煮、幼子の人肉(今は食べていない)
嫌物:幼子の肉以外の肉全般
趣味:幼子を愛でる
固有カード:「喰」
種族:人間(家畜)


色鈴の戸の探索係。鍵明けも行うがよく失敗している。楽観的であるが自身には諦観的。
幼子が大好きで、よく幼子に対してはぁはぁしたりハグしたりしている。 守備範囲は15歳まで。
考えるのが苦手なので思った事をすぐに行ってしまうが、多少の常識は持っている。
反面、一般常識というものを理解しながらも頭の中では「どうして?」と疑問に持っているとか。
自身の出生に関しても開き直って生きており、駄目な方向で受け入れている。

よく内藤と一緒にモミコに吹き飛ばされているらしい。その際の回復力は相当なもの。ギャグ補正。
イナルセとスファレの胸を揉もうとして失敗している所もよく見受けられる。悪気はない。欲望はある。
涙を流すという事ができないらしい。本人は泣けないと思い込んでるが泣けないのではなく、泣き方が解らないだけ。

好物は魚料理。以前までは幼子の肉という物騒極まりないものだった。
何故そうなったのかは彼女自身語ろうとはしない。なんとなく内緒にしたいだけ。


人間を家畜として育てる村で食用として育った一人。与えられた番号は97番。
腕には”味見”と称されてつけられた骨が僅かに覗いている傷跡が両腕にある。右が9で左が7。
彼女自身、家畜であることを当たり前だと思っていて、食用として裁かれるのを待つだけだったのだが
ある日自身を捌こうとした幼子を逆に食し、そこから幼子の肉を好むようになってしまう。
それを機に村から逃亡し、ある人物に拾われそこで名前と人間としての生き方を教えてもらう。
自分は人間として生きているけど結局は”家畜”なんだと諦めており、
かといって、幼子を食べる生き方を変える事もきっとないだろうと思っていた。

だがそんな時、一人の騎士が彼女を食事に誘う。
魚料理という、彼女が口にしたことのない料理。始めて食べるそれを彼女は好んだ。
実際、人と食べると言うこと自体が新鮮であり騎士が食べさせてくれたと言うのが大きいのだが、
そこから彼女の人生観がぐっと変わっていくことになる。
いつしか騎士は自身にとってかけがえのない人となっており、無縁だと思った”愛”というものを知る。
彼との出会いによって、彼女はようやく”人”として生きるようになっていく。

騎士と二人きりになると普段は平然としているのに途端しおらしくなってしまう。
恥ずかしいといったのも騎士に想いを伝えてから解るようになり、振り回される事もしばしば。



器用と敏捷が高い近接型、だというのに開錠等は苦手。
一体一体を確実にしとめる事をメインにしており、カードはどれも血なまぐさい物ばかり。
撃たれ弱いが、カードによって回避を高めて相手を殺す事に長けている。
今の所幽体に対して攻撃できる術を一切持っていないので
最後の一枚はそれにしようかと本人考えている。


固有スキル「喰」は文字通り相手を”喰”う。
相手を食らう事で、自分の体力を回復する。
だが時折ふらりと仲間を食べる場合も。








+ 宿に入った経緯