ギレン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



           「眼鏡をつけていた時…?き、聞くな!知ってても言うな!」

           「あいつの瞳も、唇も、全て俺のものだ」


プロフィール

名前:ギルダン・ウォー
性別:男
年齢:27歳
身長:177cm
体重:52kg
好物:メロンパン
嫌物:ガム
趣味:魔術式の考案
固有カード:「[-]1X4I21」
種族:人間


通称「ギレン」。色鈴の戸の魔術係。宿の中で一番魔道に長けている。
良くも悪くも変な事しか考えていない。レイキとよくエロ本を読んでは企んでる。
日常的なものは本で読んだ知識ばかりで、それを口にしてはよく周囲から突っ込まれる事が多い。
今は眼鏡をつけていないが、つけていた頃は黒歴史になるくらいに酷かった。
それを指摘すると頭を抱えてその場に突っ伏す。あまりからかいすぎると凹む。

ふざけてばかりの言動が多いが、魔術の事になると真面目になる。
味覚が死んでいるため、食感で食べ物を味わう事しかできない。ただしガムは嫌い。
何をどうやっても機械類を破壊してしまう。常識や世間の流行・伝統に疎い。
体力がヒヨク以上に無いので、ちょっと肉体労働しただけで倒れてしまう。
だが、ある目標があるので密かに鍛えているとか。


少し前まで、身体の時間を止めて生きていた。実年齢で言えば800歳以上。
幼いころは親に『世に成果を残す為』という名目で娯楽から隔離された生活を送っていた。
その為、両親と弟の顔を知らない。与えられたのは勉学の本ばかり。
魔道関係にしか興味を持つことが許されず、友達といったものも居なかった。
会話というものも皆無に等しく、幼いころは無口無表情だったらしい。

そんな彼は、ある魔術の学院で魔道の研究・考案をしていく事になる。
だがある日であった少女が原因で、彼の人生観そのものを壊されてしまった。
その後、その恐怖から逃れるようにして逃走。
近くにあった眼鏡に人格封印の魔法をかけて、研究成果も燃やして魔道から離れる。

それ以降、その少女を殺す為だけに生きてきた。
彼女が全てのものにとって脅威だから、世の中の為に消さなければと復讐の道を歩んでいた。

復讐を胸に宿に入った際、ある少女と出会う。何処か諦めたような瞳をした少女、スファレと。
誰よりも親友を想い、想うが故に諦めてしまった少女を彼は奪いたいと思った。
諦めの先に隠した想いを、誰よりも渇望した願いを持った少女の素顔を。
ちょっぴり寂しがり屋で、恥ずかしがり屋の、自身を奪ってくる少女を。
いつしか男は少女に惹かれ、愛し、結婚を申し出る。

彼の薬指には、彼女の名を冠した指輪がつけられている。

能力は知性特化の低生命力という極端っぷり。
対象を見破る鑑定技能、単体、全体攻撃を持っているが
回復や支援は完全に他人任せ。

固有スキル「[-]1X4I21」はギレンの考案した魔術。
光の砲台を設置して対象を攻撃。更に技能カードを引き出す。








+ 宿に入った経緯