余裕


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

方、コントノ8ノロール・ショットというのは余程なれた人でないと身体の回転が不足して、これまたミスになりやすい。プロはこんな場合、「ひとつ大きいクラブを持って打て」という。スウィングに余裕をもって打てる人なら、この定石どおりの方法でいくべきだ。しかし、そうでない人はどうか。たとえば、7番でいっぱいの距離だとしたら、6番を短めに持ってフル・スウィングするのでぁブ(》○短く持てばボールに近づくことになり、スタンスもやや狭く、フル・スウィ、ノグしても結果的にコントロールされることになる。
http://www.trattv.com/