トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それまで16.17%で推移していたが、7年m月後半から急激に下がり、時は14%台を切る水準に。背景にあるのは、米国のサブプライムンの焦げ付き問題に端を発する、世界的な金融市場の混乱だ。信用収縮への不安から円高株安が進行する方で、安全性が高いとされる債券が買われ、金利が下がる展開となっている。「サブプライムン問題が表面化する以前はどうだったか?その頃も加年ものの国債利回りは、%を上回らなかったんです。
http://mgmiw2y8.fruitblog.net/