総評 > 魔法少女まどか☆マギカ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトルリスト



特徴


トップデッキ

【緑青t赤アルテまループ】

L2からアルティメットまどかの早だし&CIP回復を利用し耐久するデッキ
L3からはさらにCIP回復持ちで高パワーの美樹さやか、CIP控室回収&トップ送り持ちの佐倉杏子も出てくる
人によってL1帯における戦い方、回復イベントや疑似リフレッシュの有無などが変わってくる

要注意カード

  • 揺れ動く気持ちまどか
アルティメットまどかのチェンジ元兼レベル応援のキャラ。前列にアルテま、後列にこのカードが並ぶとパワーラインが上がり倒しづらくなり、せっかく倒したのに次のターンの初めにチェンジでまた戻ってくる&1点回復となる。
しかしドローフェイズチェンジの為にバウンスされたり次ターンの前にリフレッシュされるとチェンジが使えなくなってしまう。


準トップ

【赤青 杏さや型】

シナジー持ちのキャラを並べて戦い盤面を維持し、L3の美樹さやかで回復しつつ佐倉杏子のトップ送りで詰めていくデッキ。
主にL1は1/0バニラの見滝原中学二年生さやかと専用応援で絆の林檎のおすそ分け杏子により6500~7500を、L2は吠える杏子のシナジーはパワー10000以上のアンコール持ちを複数並べる。
2色構成のため事故が少なく、また回復イベントのさやかの願いを活かしやすい。

要注意カード

  • 吠える杏子
名前に「さやか」を含むカードがあるなら+1500される2/2/8000のキャラ。専用応援の人のために戦うさやかがいるならばこれに加えて最低でも+500&アンコール付加。
ただしコストが重いため複数展開するとストック不足になることがある。また、専用応援はパワーが500しかないため除去されやすい点にも注意が必要。

  • さやかの願い
名前に「さやか」を含むカードを一枚控え室に送る代わりに1点回復できる2/1カウンターイベント。
ただ回復するだけではなく、リバース時に思い出に送られてしまう美樹さやかを再利用できるようにする、疑似アンコールを持ったキャラを控え室に送り余計なダメージを回避するといった使われ方もする。

【赤緑(青) アルテまシナジー型】

アルティメットまどかのCXシナジーによって疑似チェンジすることができる戦い続けるほむらを軸にしたデッキ。
チェンジを行った次の相手のターン終了時まで単体でパワーが14500となり、相手の強力なカードを倒しつつ敵に倒されにくくできる。
その後は常時11500まで下がってしまうが、アタックを受けた時に自身のデッキトップを確認して任意で控室に送る効果も持っているため耐久にも使える。
L1においてストックを温存するために見滝原中学二年生さやかを使用する型と弓の魔法少女まどかなどを使い構成する色を減らしつつ高パワーを維持する型の2種類がある。

要注意カード

  • 戦い続けるほむら
このデッキの主軸である非常に高いパワーを発揮できるカード。アルティメットまどかの効果で出したターンは最低でも15500、さらに後列にレベル応援がいれば最高で中央18500まで上がる。トップ確認能力があるため手札から出したとしても無駄にはならない。
ただし、チェンジするには山札にいる必要があり、必要な時にできない場合もある。
また、チェンジに使用したアルティメットまどかは思い出に送られてしまうため、何度もチェンジを行えるわけではなく、アルティメットまどかのCIP回復の方が必要となる場面もあるので考えて出す必要がある。

  • 容姿端麗ほむら
控え室のキャラ2枚を山札に戻すことで+2000されるシフト持ちキャラ。この効果で戦い続けるほむらを戻すことで確実に上記のカードの効果を発動することができる。
パンプ込みで4000まで上がるので序盤に置いていざという時に相手のキャラを倒すのにも役に立つとこもある。

デッキを選ばず投入されうる要注意カード

  • 美樹 さやか
アルテまループ、及び杏さや型のL3メインアタッカー。
CIP回復持ちで自分の場にある特徴《魔法》のカードの数だけパワーが上がり、カード単で最大12000のパワーを叩き出す。
リバース時に自身を思い出送りにするデメリットがあるが、これはさやかの願いで回避可能。
また、思い出送りはデッキの圧縮にもなるので一概にデメリットとは言えない。

  • 佐倉 杏子
アルテまループ、及び杏さや型のL3メインアタッカーその2、及びフィニッシャーを担う。
L3さやかに比べこちらは攻撃寄りで特徴《魔法》のCIP回収、そして自己バンプと相手カードのリバース時にトップ送りを付加する起動能力を持つ。
アルテまループにおいてはループの補助、杏さや型においては早出しが可能であり、CIP回収でチェンジ元の路地裏の杏子を回収すると実質2コストでの擬似アンコールが可能で、低い耐久性能を補える。
起動能力のコストに2レストが必要な為複数展開が厳しいのが欠点だが、それを踏まえた上でも十分に強力なカードと言える。

  • 時間遡行者 ほむら
まどマギにおける擬似リフレッシュ要因カードで、効果発動時に全体+2000バンプする能力を持つ。
まどマギの2レベル時は早出しを狙うため盤面を軽視する傾向にあるが、擬似リフが成功すると1レベルから残っていた癒しの祈り さやか等が殴りに行けるサイズになり、自身も9500までパワーが伸びる。
また、因果の終着点 まどかとのシナジーが存在するがこちらは安定性に欠ける、CXを噛むリスクがある等の理由で採用されることは少ない。
尤もシナジーが成功すれば2/2/11500、登場ターンには13500までパワーが伸びるのでカードが見えた時には要注意。
シナジーが無くても全体バンプで盤面がひっくり返されかねない為、相手のデッキ枚数には常に気を配る必要がある。


コメント欄

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。