総評 > 探偵オペラ ミルキィホームズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトルリスト


特徴

ミルキィホームズの4人をメインに《探偵》?《警察》?《怪盗》?といった特徴を有する万能型タイトル。
発売当初は全レベル帯で歴代最高クラスのカードスペックを保有していたため、かつてのアイドルマスターと同じく環境を大きく変えたタイトルとしても知られる。
黄:ネロtシャロ+怪盗帝国、緑:エリーtコーデリア+G4
赤:シャロtネロ+G4、青:コーデリアtエリー+怪盗帝国、といった分布。
ソウルパンプ、パワー、ストックプースト、回収、サーチ、回復等多数の要素において高いポテンシャルを持つ。
特に、優秀なレベル3キャラとコーデリアのお花畑?によりレベル3での盤面と回復力は全タイトル中でも屈指の性能を誇っていたが、
ただでさえ高めなパワーと回復力を底上げしデッキの固定化を招いたことが災いしてコーデリアのお花畑?は禁止カードとされた。
これにより弱体化を余儀なくされたが、上述の通りパワーと回復以外にも優秀な面は多い為、十分に戦っていけるだけの性能を維持している。

優秀なイベントも多く全体的に高水準でまとまっている一方で、タイトルを特徴付けると言えるほどにまで壊れたカードがないのもまた事実。
後列要員も幅広く、単純な応援だけでなく、アンコール付与やソウルパンプ応援や優秀なチェンジ付きストックブーストまである。
集中がないのが唯一の弱点だが、それをカバーできるカードも存在しており隙らしい隙はほとんど無い。
しかしながら、後発タイトルのパワーインフレによって低レベル帯で相手にリードを許してしまうことも目立ち、
ミルキィが得意とするレベル3になるまでに相手にアドバンテージを与えてしまいかねないという欠点も生まれた。
また逆に優秀なカードが多すぎるために、人によってデッキ構築に大きく差が出る。特徴に穴があり、特徴限定サポートも多いため、特徴をばらけさせると後列からのサポートが行き渡らない可能性も出るので構築が楽なわけではない。

エクストラブースターの追加により、《怪盗》?《警察》?サイドも大きく強化された。特定トリガーの8積みも容易となったため、その強さは要害堅固とも呼べるであろう。

チェンジ方式は、「ドローフェイズ/チェンジ先とのコスト差分/自身を控え室に置く」で、ほとんどのチェンジ前が後列向けの能力を持っているという特徴もある。

得意:ソウルゲー、回収・サーチ、回復、ストックブースト
苦手:CX事故への対処(集中などの自ターンに山札を早回しする手段や、疑似リフレッシュのようなリセットボタンがない)、早出し(チェンジタイミングが遅く、早出し目的にはあまり向かない)

トップデッキ

※議論中


その他のデッキ

【赤青型】?

TDに追加カードを加えた形。回復と回収に優れ、終盤にはパワーパンプも狙えるオールマイティなデッキ。
他のタイプに比べると安定性がずば抜けて高く、欠点らしい欠点が見当たらないのが一番の利点。

キーカード

他のキャラを《探偵》?4枚で並べるだけで相手ターンは10000まで伸びる強力な防御向けキャラ。
クライマックスシナジーも《探偵》?デッキにおいては汎用性が高く、対応クライマックス自体のドロー効果も合わせるとかなりの手札増強が望める。

【赤黄型】?

お菓子な探偵?の効果で、一発KOを狙うコンボデッキ。 後列応援等によるソウルパンプにも富む。
またミルキィでは数少ない後列除去を有していることから、後列からのチェンジに頼る同タイトルのデッキに対してメタを張れると言う長所も持つ。

キーカード

計6枚もの逆圧縮が可能な凶悪な相手デッキ操作カード。
ソウルパンプやトップコントロールカードを組み合わせることでさらに致死率を上げることが可能になる。

【赤緑(t青)型】

ハロウィンナイト エリー?の経験条件を満たすため、大量のレベル3カードを積み込んだレベル3重視型のデッキ。
上記の2つのデッキに比べ動きは鈍足であり、安定性は若干下がるものの、場が完成したときの圧迫力は髄一である。

キーカード

経験:6と言う困難な条件を満たすと単体性能で常時11500に化ける大型LV.3キャラ。
後列キャラからの早出しチェンジも可能であり、そのキャラの効果も合わせると実質1コストでチェンジが可能という点も魅力。

【黄青 怪盗型】

怪盗帝国の首領 アルセーヌ?“スリーカード”トゥエンティ?“スリーカード”ストーンリバー?“スリーカード”ラット?を強化して戦うパワー型デッキ。
エクストラにて早出しとCXシナジーが積まれたため、それに伴い強化。青や黄が絡むため、コーデリアのお花畑?お菓子な探偵?を無理なく入れれる事も可能。

キーカード

各種“スリーカード”陣のパワーを上げる専用応援。ただしそれ以外の効果は持っていないため汎用性という点では若干物足りないカードではある。

《怪盗》?フィニッシャー。夏祭りの長門?同様CXシナジーを持ち早出しが可能かつ、長門より生き残りに長けたパンプ効果を持つ。

チェンジによる早出し及び、CXシナジーを持つアタッカー。
能力により12000までパワーが上昇し、更に相手に擬似リフレッシュをかける事でドローフェイズ時のチェンジを妨げる事が可能。

【赤緑 警察型】?

レベル2以降は長谷川 平乃?明智 小衣?を中心にして戦うデッキ。自ターンのパワー不足も会心のチョップ?理想の部屋?の投入で解消できる。
エクストラにおいて待望のLv3やCXシナジーも搭載され、チェンジもバリエーションが豊富。そして何より、扉8積みが可能である点が心強い。
《警察》?のカードが絡まないものの、レベル3に対応CXが扉トリガーの けなげでひたむき シャロ?や経験を持っているハロウィンナイト エリー?を入れるのも良いかも知れない。

キーカード

レベル+X応援には及ばないが、警察キャラであれば何処に居てもパワーを+1000出来るのが強み。前衛不足の場合でも一応前に出せるパワーも持つ。

回復持ちフィニッシャー。上記の次子2体と合わせフル展開で常時13500。しかし早出しが出来ないため、《探偵》?《怪盗》?の相手は不得手かもしれない。

Lv0時点からチェンジで早出しが可能なキャラ。CXシナジーも扉であり手札から発動するタイプのため、壁としては頼りになる1枚。
Lv3が早出し出来ない分、このカードで先手を打ち盤面を制すというやり方が理想。

コメント欄

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。