総評 > Fate


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイトルリスト


特徴

そこそこのカードプールを有するも、パワーラインの低さと有用な回収Evが不在なために手札アドと盤面アドに苦しむタイトル。
また、各種の有用カードが各色にばらけており構築やプレイング難度が高く、安定して勝利することが難しいと見られがち。
一方で個性的な能力を持つカードが多く、除去、確ダメ、相手の控えリセット、回復、集中と強そうな事は一通り出来る。
チェンジ方式は「ドローフェイズ/自身をクロックに置く」

トップデッキ

【赤t青_マスター】?

反英雄アヴェンジャー?を後列に据えたクロックアンコビート。

キーカード

《マスター》?のキャラすべてにクロックアンコールを与える強力な後列キャラ。黄だがLv0なので投入は容易。
クロック式故に手札とストックを温存したまま舞台を維持できる為、序盤に多大なアドバンテージを取れる。
後半でも五大元素使い 凛?のように、強力だが相手ターンに滅法弱いキャラの維持がしやすい。
また、条件を満たせば《マスター》?衛宮 士郎?になれる原作再現効果もある。
魔弾の射手 凛?の起動条件を満たせるなど優秀。


その他のデッキ

【セイバーデッキ】?(黄赤or青)

「セイバー召喚」で各種「セイバー」?を早出しするデッキ。

キーカード

プレイヤーのLv+1までの「セイバー」?を出せるLv1のイベント。
使用コストが3であり、手札から登場する為に手札・ストック共に消費が激しい。
しかし、自身の効果でLvが下がる士郎&セイバー?が存在するのでLv1帯からLv3キャラを出す事もできる。
その場合はデッキ破壊要素として、桜の看病?のような集中のある緑を入れる型もある。

【アチャ凛デッキ】?(赤)

相打ちと打点に長けており、トラブルガール ハルヒ?の源流ともいえる。

キーカード

1コストで「アーチャー」?に相打ち効果を付与できる。Lv0なので早い段階から使用できる。
特に、アンコール持ちの錬鉄の英霊アーチャー?とは相性が良く、アーチャーの効果で回収もできる。
起動効果なので相手ターンには使用できないが、通常応援も持つので使い勝手がいい。

【桜ライダーデッキ】?(緑t赤青)

緑の各種「ライダー」?でリアニメイトを意識したビートダウン。
「ライダー」?自体にはバニラやバニラに近いカードが多いが
マスター桜?による早出しや姉達?による強化などサポートが豊富。

キーカード

「ライダー」?へのネームパンプと特殊な能力付加ができるLv0キャラ。
ネームパンプは1枚では発動しない為序盤から揃えるのは一苦労だが、パンプ値は1000と高く、最低でも+2000が期待できる。
もう一方の効果はサイドアタックできない代わりに相打ちされなくなる効果を与えるもの。
戦闘回避ができなくなるが、前述の効果で高パワーになること、「ライダー」?の大半はソウル1なことを考えるとサイドアタックする機会は少ないのでさほど大きなデメリットではない。

【バーサーカーデッキ】(青緑)

アンコとドローに長けており、キャスターの除去も含む。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。