ホストの立て方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主にポート開放する方法とHostingBuddyを使用する方法がある。

ポート開放する方法

TCPの17011番を開けておくこと。

HostingBuddyを使用する方法

WormNETの#AnythingGoes板では、HostingBuddyというBotを利用してルームを立てることができる。
例えば「!host normal」と #AnythingGoes板のコメント欄にコメントするとNormal(Intermediate)のルールのルームができる。
後はそのルームに入り、「!コメント」でゲームの設定を調整する。例えば「!map」でマップを切り替える。
メンバー全員のGoサインを確認したら最後に「!start」でゲーム開始となる。
「!コメント」の詳細は「!help」で一覧表示できる。