企業


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その場合、相手はメッセジの送信者名をダブルクリックすれば、送信者のアドレスがポップアップするので確認が可能です。企業のメルなどでは、違う電子メルアドレスを設定するとメルが発信できなくなってしまうような管理を行っている場合が多く、送信者柵をダブルクリックすることは発信者を突き止めるのには有効な手段です。返信アドレスも電子メルアドレスも共に架空のものを入力することができますが、そうした場合にもメルのメッセジにはさまざまな情報が含まれるので、発信元を突き止めるのはそんなに難しいことではありません。
http://blog.livedoor.jp/jtas3831/