第十章 間投詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界語文典和訳

第十章 投間詞
投間詞は本性語と他詞の語尾に ö の后置字を結び付けて投間詞としなし之を用ふるを法とす

a    噫喜         milö  えい(憤怒の発声)
adzl   さよなら(告別)     o   おや、あら(不意驚駭の発声)
ag    扨々(愁嘆の発声) 
ö    はあ(歎美の発声)    bafö  うまい(喝采)
sö    しい(警戒の発声)     eko  あれあれ(不意を指す発声)
stpö   止めよ
fi     どうして(叱咤)    sidö  はよ(促急)
liedö   可愛そうに       takedö  黙まれ
lü     おおい(呼招の発声)   yu   助けよ

(七十六頁)

稽古問題
masel    主人     vob   働き
gadel   植木人     leblam  咎め
     (植木業の人)  dib   深し
nedatel   懶惰     melidön  價する
sol     日      slipön   照らす
bim     影      setönoki  臥す
timil     少時     sufad   辛抱
solat     兵卒     pok    カクシ(衣服の)
glöb     丸      konsien   本心
malädöp   病院   sanön  全快する
liodön    痛む   vun    傷
fetanön    巻く   sanel   医者
sevokön    叫ぶ  vunasanel  外科医
tigap    足


Gadel, kel no älöfom vobi, iseitom oki in jad bima e äslipom dibiko.
(七十七頁)
Masel omik änakömom in timil at e ämekom leblamis ome, sagol: "O nedutel no melidol das sol dalitom oli".
  • "O" votik ägesagom, "binos ebo demü atos, das eseitob obi in jad.

2
Solat, kel pivunom len lög dub glöb, päpolom in malädôp.Vunasanels äsükoms konsieniko glöbi du dels tel.
Solat, kel äliedom mödo, äpölüdom fino sufadi e äsäkom omes kikod no äfetodoms vuni omik.
― " Binol-öd sufadik, " sanels ägepükoms; "sükobs glöbi." ― "Milö", pevunel äsevokom, " kikod no esagols atosi sunumo? labob omi in pok obik".

譯文

働きを好かざりし所の植木人は樹の影に臥し
而して深く眠入れり彼の主人が是の少時に(間もなく)来り
而して彼に(植木人)咎めをなし オヤ懶惰者よ 日は汝を照らす事の價あらぬと言ふ所で
彼は(植木人) アラ、影に臥せし事の丁度譯で有ると別の返答せり
(七十八頁)
(植木人返答の意は價なきを知る故に影に臥せし云々也)


丸にて足の側に傷つけられたりし所の兵卒は病院に運ばれたり
外科医は二日間丸を注意して捜し沢山痛みし所の兵卒は終りに辛抱を失へり
而して彼は(兵卒)何故に彼の(兵卒自身を指す)傷を巻かざりしを彼に(外科医)尋ねし
汝辛抱有れよ私は丸を捜すと医者返答せり
傷つけられた所で彼(兵卒)叫ぶ
エイ、何故に汝は是を(其事を)より速く言はざりし私は私のカクシの内に彼を(丸を)持つ
(七十九頁途中)

稽古問題・例文演習 1
Gadel, kel no älöfom vobi, iseitom oki in jad bima e äslipom dibiko.
Masel omik änakömom in timil at e ämekom leblamis ome, sagöl:
" O nedutel no melidol das sol dalitom oli".
"O" votik ägesagom, "binos ebo demü atos, das eseitob obi in jad.

gadel(n.)庭師 /  älöfom(vt.3.不充分過去)好む /  vobi(n.対格)仕事 / iseitom(vt.3.充分引続過去) 横たえる / 
oki(n.対格)自らを /  äslipom(vi.3.不充分過去)眠る/ dibiko(adv.)深く /masel(n.)主人 / omik(adj.)彼の /
 änakömom(vi.不充分過去)来る / in(prep.)中に / timil(n.) 瞬間に / at(adj.) / e(conj.)と /
 ämekom(vt.3.不充分過去)作る / leblamis(n.対格複数)咎め / ome(pron.)彼に / sagöl(v.分詞)言う /
o(interj.)おお / nedutel(n.)怠け者 / melidol(vt.2)(非難に)価する / sol(n.)太陽 / dalitom(vt.3)照らす /
votik(adj.) 他の / ägesagom(vt.不充分過去)応答する / binos(vi.) / ebo(adv.)まさに / demü(prep.)のために /
 eseitob(vi.1.不充分過去)横たわる / jad(n.)影

(エス訳)
Ĝardenisto, kiu ne ŝatis laboron, kuŝis sin sur la ombro de arbo kaj ekdormis profunde.
Lia mastro aperis en la momento kaj li riproĉis lin, dirante:
"Vi maldiligentulo!, vi ne meritas ke la suno lumigas vin."
"Hej", respondis la alia," estas ĝuste por tio, ke mi kuŝiĝis en la ombro."
(英訳)
A gardener, who did not like a job, laid himself on a tree shadow and he slept soundly.
His master came at the moment and he reproached him, saying:
"Oh, you sluggard! You don't deserve that the sun illuminates you."
"Hey!" another man replied, "Because of that, it is just that I have laid me in the shade."

509
細かいことだが、世界語文典和訳の訳文によると、
主人に怒鳴られた庭師(日向に寝ていた庭師)が、主人に反論しているように翻訳している。
が、反論しているのは、別の庭師(日陰に寝ていた庭師)だったようだ。

(現代日本語訳)
仕事がきらいな庭師が、木陰で横たわり深く眠り込んでしまったのです。まもなく、主人がやってきて、彼を怒鳴りつけました。
「この怠け者! お前なんか、日光に照らされる値打ちもないくせに」
「やあ!」と、もう一人の男が応答しました。「それで、ボクは影のところにねころんでいたんですよ」

稽古問題例文・演習 2

Solat, kel pivunom len lög dub glöb, päpolom in malädöp. Vunasanels äsükoms konsieniko glöbi du dels tel.
Solat, kel äliedom mödo, äpölüdom fino sufadi e äsäkom omes kikod no äfetodoms vuni omik.
― " Binol-öd sufadik, " sanels ägepükoms; "sükobs glöbi." ―
"Milö", pevunel äsevokom, " kikod no esagols atosi sunumo? labob omi in pok obik".

solat(n.)兵士 / pivunom(vi.3.)負傷する / len(prep.) / lög(n.)足 / dub(prep.)によって
glöb(n.)弾丸
päpolom(vi.3.充分過去受動)運ばれる / in(prep.)~へ / malädöp(n.)病院
vunasanels(n.複数)外科医 / äsükoms(vt.3復.不充分過去)捜す / konsieniko(adv.)良心的に
du(prep.)の間 / dels tel 二日 /
äliedom(vi.3.不充分過去)苦しむ / mödo(adv.)とても / äpölüdom(vt.3.不充分過去)失う /
fino(adv.)ついに / sufadi(n.対格)忍耐 / äsäkom(vt.3.不充分過去)尋ねる /
kikod(adv.関係副詞)なぜ / äfetodoms(vt.3複.不充分過去)(包帯で)巻く /
Binol-öd sufadik(我慢しなさい) / ägepükoms(vt,3復.不充分過去)答える /

512
(エス訳)
Soldato, kiu estis vundita en la kruro de kuglo, estis portita al la malsanulejo.
Kirurgoj konscience serĉis la kuglon dum du tagoj.
La soldato, kiu tre suferis, fine perdis la paciencon kaj demandis, kial ili ne ne ligis lian vundon.
  • "Estu pacienca," respondis la kuracistoj, "Ni serĉas la kuglon."
  • "Mil kuglojn," kriis la vundito, "Kial vi ne diris ĉi tion al mi pli frue? Mi havas ĝin en mia poŝo. "
(英訳)
A soldier, who had been wounded in the leg by a bullet, was taken to the hospital.
Surgeons sought the bullet for two days conscientiously.
The soldier, who suffered by far, finally lost patience and asked why they did not bind up his wound.
  • "Be patient," replied the doctors, "we look for the bullet. "
  • "A thousand bullets?" cried the wounded man, "why haven't you told me about this earlier? I have it in my pocket. "
(現代日本語訳)
弾丸で足に負傷した兵士が病院に担ぎ込まれました。
外科医たちは二日の間、良心的に(傷口の中の)弾丸を捜していました。
とても苦痛だった兵士は耐えきれずに、どうして傷口を閉じてくれないのかと尋ねたのです。
「我慢して!」と医者たちが言うのには「われわれは弾丸を捜しているんだよ」
「そんなに弾丸がいっぱいあるんですか!」と負傷者は叫びました。
「なぜ、もっと早くそのことを言ってくれなかったんですか。その弾丸ならボクのポケットの中ですよ」