時制


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時制

過去時制接頭辞 e-

Edeadom bü yels fol 彼は四日前に死んだ。

完了相と弁別性がないため、現在完了や過去完了を作るためにAdelo(今日)やädelo(昨日)という語を伴うことが多いです。

完了相接頭辞 e-
日本語同様過去時制と弁別はありません。

Elöfob 私は(今)愛した

過去未完了 ä-

älogob 私は見ていた(過去において、見るという動作の最中)

過去完了 i-

Pilogol 私は見た(過去において、見るという動作が完了した)

未来未完了 o-
ologob 私は見るだろう

未来完了 u-
ulogob 私は見られているだろう。

過去 現在 未来
未完了 ä- - o-
完了 i- e- u-


未来完了 u-
未来 o-
現在
過去 ä-
現在完了 e-
過去完了 i-

過去がiに近づき、未来がuに近づくというのも覚えやすさ重視です。

e-とä-は聞き間違えやすいかもしれませんが。

態や時制が動詞の前に来ているのは、動詞の語尾がゴチャゴチャするのを避けたかったんだろうと思います。
古典語のように態や時制や人称語尾が全て語尾に集中すると、動詞の語尾がゴチャゴチャしますから。

辞書を引きにくいのは事実ではあります。
e- ä- i- o- u- pa- pe- pä- pi- po- pu-を取って引くしかないですから。

自然言語ではアラビア語やインドネシア語あたりが動詞の前が変化するようです。