代名詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

代名詞

人称代名詞は1人称、2人称、3人称があります。
人称代名詞は男性、女性、中性の区別があります。
人称代名詞は単数と複数があります。

人称代名詞をそのままその人称の活用語尾として使えるのは覚えやすいです。
ヴォラピュクの人称代名詞は全てoから始まるため覚えやすいが、聞き間違えやすいかもしれません。

男性がm、女性がf、中性がnというのは、覚えやすくするためにそうなっているのかもしれません。
複数形になるとsが付きます。
または、動詞の後ろに人称語尾として利用されることが多いため、単独で使うことがあまり想定されていないのかもしれません。
フランス語のoniに当たるような四人称も存在します。

単数 複数
一人称 ob 私 obs 私たち
二人称 ol 貴方 ols 貴方達
三人称男 om 彼 oms 彼ら
三人称女 of 彼女 ofs 彼女ら
三人称中 on それ ons それら
四人称 oy ある者 oys ある者たち

これらの単語もob(私が), obik/oba(私の), obe(私に), obi(私を) ob!(私よ)と名詞同様の変化をします。

ok ~自身
Lavom oki 彼は彼自身を洗う
Lavom omi 彼は(別の)彼を洗う

at これ
et あれ
os それ

人称代名詞
ob 私は(I)、obik/oba 私の(my)、obe 私に(me)、obi 私を(me)
obs 私たちは(we)、obsik/obsa 私たちの(our)、obse 私たちに(us)、obsi 私たちを(us)
ol あなたは(you)、olik/ola あなたの(your)、ole あなたに(you)、oli あなたを(you)
ols あなたたちは(you)、olsik/olsa あなたたちの(your)、olse あなたたちに(you)、olsi あなたたちを(you)
om 彼は(he)、omik/oma 彼の(his)、ome 彼に(him)、omi 彼を(him)
oms 彼らは(they)、omsik/omsa 彼らの(their)、omse 彼らに(them)、omsi 彼らを(them)
of 彼女は(she)、ofik/ofa 彼女の(her)、ofe 彼女に(her)、ofi 彼女を(her)
ofs 彼女らは(they)、ofsik/ofsa 彼女らの(their)、ofse 彼女らに(them)、ofsi 彼女らを(them)
on それは(it)、onik/ona それの(its)、one それに(it)、oni それを(it)
ons それらは(they)、onsik/onsa それらの(their)、onse それらに(them)、onsi それらを(them)


指示代名詞
at この
atos このこと
et あの
etos あのこと

ats etsとして名詞の代わりに用いることができる。


疑問代名詞
kim 誰、どれ 男性と事物のみについて言う
kif 誰 女性のみについて言う
kis 何 事物のみについて言う

oを入れて修飾に用いることができる。
kiom 誰の、どの
kiof 誰の


関係代名詞
kel 人(男性、女性)について
kelos 事物について

kelは男性女性のどちらにも使えますが、特に女性について使いたい場合はkelofという形があります。

kelof 女性について

関係代名詞は格変化をします。


不定代名詞
alim 誰も
ek ある人
nek 誰もない
ans 多少
som 何某
bos 何事
nos 何事もない

不定代名詞は格変化をします。

不定代名詞 修飾するのに使う
alik 誰もの、何事もの、毎毎の
anik 多少の
nonik 一つもない
ot ごとく
votik 別の
balvotik 各々の
sembal 1人の、ある、一個の
bofik に人の
somik 何某の
teldik 種々の
valik 皆の
mödik (事物について)たくさん
nemödik 少しの
mödumik (人について)たくさんの