※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は今まで引きこもり生活を送っていてこれといった定職に就いたことが無く、クレジットカードを申し込もうと思っても審査に通る自信が無かったので、今までクレジットカードを所有した経験が無かったのです。
しかし私はインターネットの通信販売やオンラインゲームをよく利用していて、インターネット通販は代引き支払いで、オンラインゲームの購入費用や月額料金の支払いは電子マネーで支払っていたのですが、代引きは手数料が発生してしまい、電子マネーも購入するのに近所のコンビニまでいちいち買いに行かなければいけなかったので、出不精の私にとっては面倒なことこの上なかったのです。
しかしこういった代引き料金の手数料や電子マネーの購入の煩わしさを、クレジットカードが一枚あれば全て解決できることを私はクレジットカードおすすめゴールド知っていたので、やはりクレジットカードはどうしても欲しいと思っていました。
クレジットカードさえあればインターネットショッピングもオンラインゲームの利用料も、全てインターネット上で決済できると言う大きなメリットを、どうしても私は手に入れたかったのです。
そこで私はとにかく審査基準の緩いクレジットカード会社を探したのですが、フリーターでも契約できるクレジットカードをようやく見つけて、私も無事にクレジットカードを所有することが出来ました。

消費者金融の方が優れている点は、「審査時間」「限度額」が主となるでしょう。
審査時間に関しては、全くスピードが違うので、クレジットカードだと緊急に必要な人には不向きでしょう。
というのも、クレジットカードは、元々キャッシング目的のために用意されたカードではありませんので、スピードに関しては遅いです。
次に限度額ですが、クレジットカードには通常のショッピング枠とは別にキャッシング枠やカードローン枠といった利用限度額の枠が設けられています。
この枠の範囲内で利用することが出来るのですが、ショッピング枠より小さめに設定されていることが多く、消費者金融と比べても低めに設定されているのが一般的です。



クレジットカードの方が優れている点は、「大手企業が多い」「特典がある」ということでしょう。
クレジットカードには大手企業が多く、消費者金融には中小企業が多いのですが、かといって消費者金融に大手が少ないという意味ではありません。
アコム、プロミス、アットローン、モビット、レイク、武富士、などなどCMでも有名な大手企業も存在しています。
ただ、それ以上に中小企業が多いということです。
特典に関しては、「ガソリン代が安くなる」とか、「海外旅行時に保険が付く」とか何らかの特典がクレジットカードには付きます。
といっても、「お金を借りる」目的のメリットからはちょっと外れているので、ここではあまり一緒に考えないほうがいいと思います。
特典に魅力を感じているのであれば、それはキャッシング目的とは切り離して、別にカードを作るかどうかを検討したほうがいいでしょう。