あらすじ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【あらすじ】
研究所の奥深くで生まれた彼女は、人間でもなければ動物でもない、異形なものだった。
身体を纏うは、吐き気を催す程の邪悪。
滲み出るは狂気。
けれど心だけは雪のように純白だった。
狭く暗い研究所の中で読んだ本は、彼女に世界というものを教えてくれた。
ある日、彼女はこの狭い場所を捨てて光差す世界へと飛び立つことを決意する。
けれど、そんな希望を胸に秘めた彼女に待ち受けるのは、余りにも冷たい扱いだった。
全ての生物に恐れられ、忌み嫌われ、彼女は深く絶望する。
だが、そんな彼女の前に現れた一人の少年が、彼女の運命を大きく変えていく。