※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UT99とは



UT99について

UTとは、Unreal Tournament(アンリアルトーナメント)の略で
1999年にEpic Gamesが開発したFPS(ファースト・パーソン・シューター)ゲームである。
現在はUT99の他にUT2003、UT2004、UT3が発売されており、
これらを区別をするためにUTの後に99を置いている。

当時において、同タイプのゲームである、
Id Softwareの『Quake(クエイク)』
Valve Softwareの『Halflife(ハーフライフ)』
Epic Gamesの『Unreal Tournament』
これら3つはFPSでの3大代表ゲームであった。

UTの特徴

FPSにはリアル系、スポーツ系の2種類のタイプがあるが、UTはスポーツ系に属している。
リアル系はその名の通り現実志向のタイプであり、本物の武器や戦場を模した世界や、
身体能力等はシビアなものであるのが多くある。
UTの属するスポーツ系では、立体的なマップを駆け回るといったスピーディーな戦闘を
繰り広げることができるものである。基本的にSFを舞台としたものが多い。

UTではFPSでの基本ゲームモードであるデスマッチ以外に、オブジェクト攻略型のアサルトを導入していることや、BOT(コンピューター)の頭脳が優秀であることなどから、
1999年にGOTY(Game Of The Yeah)を受賞している。

UTの前作におけるUnrealでは、3Dレンダリングエンジンに独自のエンジンである、
Unreal Engineを用いており、当時としては驚異的な画質を堪能することが可能であった。
このエンジンはUTにも引き継いでおり、現在でもこのエンジンは開発され続けている。

現在のUT99

発売から10年以上が経った現在、国内、海外を含め、多くのプレイヤーが
昼夜問わずネットを通してプレイしている。

理由としては、最新の3Dゲームは要求するスペックが大きいことや、
更にリアルなグラフィックになったことから、見えにくい、
プレイしづらい等が挙げられる。

UT99の場合、求めるスペックはとても低く、スペックが低いと思われるPCでも
難なくプレイを出来る場合もある。
また、一昔前のゲームといえども、決して劣ったゲームでは無く、
グラフィックを除けば、現在でも通用するゲームである。

ちなみに、あの有名な彼(http://www.youtube.com/watch?v=e_lwt_H5vjE)は
UT(2003?)をプレイしていたようだ。
添付ファイル