岡崎トミ子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡崎トミ子(元政治家・元アナウンサー)








「【従軍慰安婦問題】
菅内閣の一員として、その方針に沿って職責を果たすことが私の務め。従軍慰安婦問題には
国を超えた人権という意味で大切と思って取り組んできた。戦後補償問題は議員連盟の
研究会が立ち上がっているが、研究や調査をすることが趣旨。こうした問題に取り組むことで
多くの人が日本に信頼を持つ。さまざまな意見があるという現実はちゃんと受け止めている。 」

「私は国益にかなうという思いを持っている」
「私の活動が『反日』だといわれたことが誤解だ」と主張。「×印」付きの日の丸については「後方にあったので気付かなかった。
日本の国旗国歌を尊重することは大事だと考えている」と弁明。デモで訴えた内容については「人間の尊厳回復を訴えた」と述べた。

元外国人慰安婦について 「名誉や尊厳を回復する措置をしっかりとしていきたい。(金銭支給も)含むものとして検討していかなけ ればならないと思う」





「短い4か月だったが、その倍は働いた感がある」「政策を実現できなかったという点では力不足だったと思う」

「(民主党は)健全野党として自民をチェックする。自民に全部任せたら憲法は改正され、人権がないがしろにされる」

「ネガティブキャンペーンで当選しようとする人が、どんな政治をするのか。人の悪口ばかりではがっかり」