※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男女差別の身近な例1-4


6:これを男女差別といわずなんという?

まず、最初の記事でも書いたとおり、

○○ジョは「男女差別をしているつもりはない」と返答しています。

休憩室の2F(女性専用フロア)に関してはもういちど、

この言葉を頭に入れて考えてみてください。

この部屋については最初の記事に書いたとおり、

現在はまだ男性も使用可能です。

しかし!

後々この部屋は、完全に女性専用になるそうです。

それも、はやければ10月末には完全にリフォームが終了しているというのです!

ちょっとまってください。

男女問わず○○ジョに無関係の人の意見は無視ですか?

そのリフォームに反対意見はないのですか?

いいや。あるでしょう!ゼロなわけがないのです!

休憩室2Fについては、今はまだガラスで囲まれた部屋なのですが、

第2のリフォームでは男性排除のための扉の設置。

室内には女性が利用するための鏡台の設置や小物を設置するそうです!

これは完全に女性優遇です。

この状態を男女差別といわずなんというんですか?

男女差別以前に反対派の意見が通ってないのもおかしいです!

それにね。

いざ。女性専用ができると、ほれ。

女性の中には調子に乗って上から目線になっちゃう人も出るんですよ。

男性メインの学校なのに、男性が女性よりも格下というのは変な話です。

7:まとめ

休憩室の2Fを女性専用にするためには、まずリフォームが必要です。

それには莫大な費用がかかります。

そのお金は学校が出します。よく考えてみてください。

うちの学校には、男性が90%以上です。女性は10%以下です。

そのうち○○ジョに関与している人は

おそらく女性の中でも1~2%前後でしょう。

そんな1~2%の女性のためだけに

さまざまな優遇をしていいものなのでしょうか?

答えは、ノーです。

たった1~2%の女性のためにお金を使うくらいなら

残りの男女を含んだ90%以上のために

お金を使うほうがはるかに有益です。

それにですね。

たぶんうちの学校の女性って女子力とか無縁の人が多数なんで、

あまり女子力をプッシュした行為はしないでほしいんだよねえ。

正直なとこ90%男性の学校に入った女性って、

わりと性別気にしてないし、性格もおっさん系多いので。

ほっといてください。ほんと。

学校の敷地内で、男性と一緒に仲良く遊ぶとこがあればいいんですよ。

なお、これで終わりじゃありません。


名前:
コメント: