間雪奈


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

間雪奈(はざま せつな)

 登場:-永遠戦記- 永劫のセツナ PC1
    -永炎戦記- 永劫のセツナOrigin PC6
 プレイヤー:ティッシュ
    「私は好きだよ。あなたが書いた物語」 一部
    「私、あなたが見つけてくれるような、英雄になれるのかな……」 二部

 -永炎戦記-シリーズ第一部の主人公。第二部ではゲスト参加。
 事件に巻き込まれることが多い不幸体質なキャラクター。

 自身の弱さを隠し、誰かのために傷つき耐えることを最良とする自己犠牲型PC。
 第二部ではkay0iと展開や設定の打ち合わせや伝達をするようになっている。

設定

 受身で内気だが優しく、決めたことは決して曲げない少女。
 冒険小説とネットゲームが好き(ゲームは好きだが得意ではない)。
 様々な経験から自身を曝け出すことを恐れ、塞ぎ込みがちな一方で、打って変わって仮想世界では明るく振舞う癖を持つ。
 身長は155cm程度と小柄で、主な髪型はツインテール。
 普通のサラリーマンに普通の専業主婦という一般的な家庭に生まれる。
 ある事件で他人に(両親であっても)心を開けなくなってからは主に兄の庇護を受けて育つ。
 同件において「自身が能動的に力を振るうこと」に恐怖感を持ち、それはゲームのプレイングにまで現れている(主に防御職を選択する、など)。
 以上の要因から現実世界の友人が極端に少なく、その代わり数少ない友人の危機には、たとえ相手に拒絶されたり、自身が傷つくことになっても助けにいく行動力を持っている。
 全部通して仲間たちとの交流の中で少しずつ心身共に雪解けていくように成長している。


・第一部
■プロローグ
 14歳。勉強は嫌いではなく、成績も悪くないというどこにでもいる受験を控えた中学3年生。
 受験勉強の息抜きに、兄・間瞬と共に応募していた新しいネットゲームのテスターに選ばれなかった雪奈が、当選していた兄のログインデバイスを使ってツェペルミとして内緒でゲームを始めてしまったことからネットゲームであるはずの世界、エリンディルに囚われることになる。
 このときお隣さんで幼馴染の黒木ナガレを誘っており、同じく事件に巻き込んでしまう。


・第二部
■プロローグ
 15歳。第一部の事件において受験に間に合わず、予備校に通っている。
 昏睡状態であったせいで受験を受けられなかったのだが、それでも高校進学に失敗した両親からの視線は前にも増して冷たいものになっていた。
 そのため今度こそ両親を失望させないため、そして、再会を約束した「大切な友達」にすぐ見つけてもらえる、誇れる自分であるよう頑張って日々を過ごしている。
 そんなこともあり、ネットゲームに没入している時間は前ほど長くはなくなっていた。
 あの事件のあと、「アリアンロッド」のサービスは凍結され、最近は新作のネットゲーム「Old Origin Online」で遊んでいる。
 ある日、黒木ナガレの妹・黒木流歌が下着泥棒に遭っていることを知る。
 また同時期にネットゲーム内で一条影明に出会ってから、次々に事件が起きるようになり、「なにか事件に巻き込まれているかもしれない」と思い始める。



ツェペルミ

 登場:-永炎戦記- 永劫のセツナ
 プレイヤー:間雪奈
 クラス:ウォーリア×モンク → ナイト×ウォーリア

 第一部のディフェンダー主人公。
 ギルド「サンズフェニックス」のギルドリーダー。
 燃えるような赤髪、空色の瞳が特徴的なキャラクター。
 終盤には馬に跨り、永劫刹那の銘を冠した盾と剣を装備して戦った。
 オーラタイミングに「ゲヘナ」「エンドオブエタニティ」「サンズフェニックス」を使用でき、そのどれもが炎に纏わる演出が行われる。使用時の掛け声は「刹那の灼炎(モーメント・ブレイズ)! 燃え上がれ、○○(オーラ名)!」


■活躍

 仲間を集め、ギルド「サンズフェニックス」のギルドリーダーとなる。
 最初の冒険を終えた雪奈はネット世界から離脱し、眠りにつくが目を覚ましたとき、そこは見慣れた部屋ではなくエリンディルの広大なフィールドの只中だった。
 姿はツェペルミであったが、五感は現実と同じく鋭いまま。夢ではないかと困惑していた雪奈だったが、女神ライミラクにより自身がこの世界を救うべく選ばれ、エリンディルに取り込まれた"冒険者"であることを知る。
 元の世界に帰るため、仲間を守るためにエリンディルで戦う決意をする雪奈だったが、ギルドの拠点とした国の苦しい防衛戦、魔族との戦闘といった困難に見舞われることになる。幼さの残る雪奈にとってそれは重荷でもあったが仲間たちの助けもあり乗り越えていく。
 エリンディルで過ごす中で心身共に成長した雪奈は「エリンディルは自分たちが救う」と使命感のようなものを感じ始める。そして、それはやがて覚悟や決意に変わっていった。
 その強さは、突如現れ、あとは任せるように言う憧れであった兄である間瞬のPC、「ギャラハッド」を退けるほどだった。
 最終決戦では写し身のような少女、女神ツェペルミ・リアブリーズと対峙し、戦いの中で想いを伝えることに決める。
 彼女が消し去ろうとした"物語(アリアンロッド)"を死闘の末に救うことに成功し、崩壊する塔から脱出。
 お世話になった人たちに別れを告げ、次元の狭間から元の世界に帰ることができた。


■エピローグ

 帰還した世界では少しの変化があった。
 ある日、雪奈は図書館でエリンディルの面影を持つ西欧神話の本を何気なく手に取り、あることに気付く。
 そのとき、背後に小さな気配を感じた。――女神、ツェペルミ。
 そう確信した雪奈は目を合わせないまま言った。

「また、会おうね」

 "大切な友達"の返答に雪奈は笑顔を浮かべた。振り返ると、もう彼女はいなかった。


 夕暮れの防波堤。
 その手には図書館から借りてきた一冊の本。
 ギルド・サンズフェニックスの活躍が記された改変された西欧神話があった。
 それはあの冒険の記録。紛れも無くそこにあの日々があったという証拠。
 雪奈は本を閉じると抱きしめた。約束を確かめるように。

 永遠のように感じられる時間の刹那。
 強い風が吹いた。その風がまるで新しいなにかを運んできたような、そんな予感を雪奈は感じていた。



東雲天音(しののめ たかね)

 登場:-永炎戦記- 永劫のセツナOrigin
 プレイヤー:間雪奈
 クラス:"節制"

 第一部からのゲスト参戦である間雪奈が「Old Origin Online」内で使用しているPC。
 パーティの壁役を務める。
 一条影明をはじめとする仲間との交流は、天音を通して雪奈の成長や心境の変化に影響している。

 姿は17歳程度の少女で身長も160cmを超えている。
 これは雪奈が思い描く理想の自分であり、ツェペルミ・リアブリーズに見つけてもらえるであろうかっこいい自分像である。

 《error##,永劫=拡散光弾》(エンドオブエタニティ)は、互換性のないはずのエリンディルの冒険者時代のツェペルミのデータがなぜか「O3」においてスキルとして形作られたもので、使用することで目に(ただしくは眼球と紙一枚分空けた空間に)光を収縮して着弾点が大爆発する熱線を照射することができる(通称ジブ○ビーム)。
 この際、通常は一般的な日本人の髪と瞳の色をしているが、一瞬だけツェペルミと同じ色に変色する。



関連