英文法TARGET900


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

英文法TARGET900 (第1刷)

p.21 Q9
日本語訳  "彼女の仕事を" → "彼の仕事を"

p.22 Q11
英文  "The new mobile phone models ~ shows a high level of ~" → "The new mobile phone models ~ show a high level of ~"

p.23 Q11
文構造を見抜け  "shows a high level of" → "show a high level of"

p.29 Q17
ステップ1  "全てにの選択肢" → "全ての選択肢"
文構造を見抜け  "was able to leave" → "was about to leave"

p.41 Q29
日本語訳  "モーション・デリバーリー社" → "モーション・デリバリー社"
           p.203では「デリバリー」となっています

p.45 Q34
ステップ3  "動詞の働きをする分詞のを入れれば" → "動詞の働きをする分詞を入れれば"

p.54 Q1  日本語訳が「彼の新しい部署」となっているので
           "in ------- division" → "in ------- new division" 
      とした方が良い

p.57 Q3
日本語訳  "ファーマシュウティカル" → "ファーマシューティカル"
      (p.39 Q27ではファーマシューティカルとなっています)

p.63 Q9
日本語訳  「scheduled」ではなく「rescheduled」なので
           "10月8日に予定されている年次のカンファレンス" → "10月8日に予定が変更された年次のカンファレンス"
      とした方が良い

p.63 Q10
日本語訳  "一流のマーケティング会社" → "マーケティング会社"
      「一流」はどこからきたのか? 

p.81 Q27
ステップ3  "themは目的格のの代名詞" → "themは目的格の代名詞"

p.85 Q31
ステップ3  "once「いった~するとすぐに」" → "once「いったん~するとすぐに」"

p.85 Q31
ステップ3  "butは「しかし」前後に同じ形を置く等位接続詞" → "but「しかし」は前後に同じ形を置く等位接続詞"

p.85 Q32
ステップ3  "トラックを連絡するか決める" → "トラックをレンタルするか決める"
日本語訳  "自動車をレンタルするか" → "トラックをレンタルするか"

p.87 Q34
日本語訳  「are told」ではなく「were told」なので
      "昼食をとるよう言われている" → "昼食をとるよう言われていた"

p.89 Q35
日本語訳  「right after」とあるので
      "トークショーに出演してから" → "トークショーに出演した途端"
      とした方が良い

p.89 Q36
日本語訳  「considerably」があるので
      "予想よりも高かった" → "予想よりもかなり高かった"
      とした方が良い

p.91 Q37
日本語訳  the cause of economic growth = 経済成長の原因
      なのでは? そうなると
      "輸入が増えたのは~経済成長が原因" → "輸入が増えたことが~経済成長の原因"
      とした方が良い

P.101 Q6
日本語訳  "出席者が~慣れてもらう" → "従業員に~慣れてもらう"

p.103 Q8
日本語訳  "雇用と給料の突然上昇" → "雇用と給料が突然上昇"

p.117 Q21
ステップ3  "playsという三人称単数形の動詞"
       となっていますが、このplaysは名詞の複数形では?

p.119 Q23
日本語訳  "ひときわ優れた会社への貢献を示した社員" → "会社にひときわ優れた貢献を示した社員"
      の方が自然な気がします (「ひときわ優れた会社」に貢献した という風にもとれてしまう気がします)

p.121 Q26
ステップ2  "logoという名詞がな来ています" → "logoという名詞が来ています"

p.125 Q30
日本語訳  "スペイン語話者の苦情" → "スペイン語話者からの製品に対する苦情"
      とした方が良いのでは?

p.127 Q31
ステップ2  "「増加しているサンフランシスコ空港周辺の渋滞問題」" → "「増加している渋滞問題」"
       (ここには around San Francisco Airport は書かれていません)

p.127 Q32
ステップ3  "had led は過去進行形" → "had led は過去完了形"

p.133 Q37
文構造を見抜け  "The interviews" → "The interviewers"

p.133 Q38
ステップ3  "自身を持って" → "自信を持って"

p.135 Q40
日本語訳  "それとの同等の資格" → "それと同等の資格"

p.145 Q8
ステップ3  "X is come to one's attention" → "X has come to one's attention"
             問題文で「is」ではなく「has」を使用しているため

p.155 Q18
文構造を見抜け  "no longer than" → "no later than"

p.159 Q21
ステップ3   "トムとケートとジェーン" → "トムとケイトとジェーン"
        「ケイト」の方が一般的だと思います。

p.163 Q26
ステップ3  "wait to do 「~にするのを待つ」" → "wait to do 「~するのを待つ」"

p.169 Q32
ステップ3  "複数名詞のthem" → "複数代名詞のthem"

p.177 Q39
ステップ3  "leave personal belongings attended" → "leave personal belongings unattended"
語句チェック  "promise 名 規則" → "premises 名 敷地"

p.177 Q40
日本語訳  「most of」があるので
      "店舗の製品を" → "店舗のほとんどの製品を"
      とした方が良い

p.181 Q1
ステップ3  "適切に就職できるのは" → "適切に修飾できるのは"

p.188 Q9
日本語訳  "開発とテストに十分な援助" → "開発とテストをするのに十分な援助" or "開発とテストへの十分な援助"
           の方が良い

p.191 Q11
日本語訳  "会社の自動車の販売促進し" → "会社の自動車の販売促進をし、"

p.197 Q18
文構造を見抜け  「rather」がない

p.199 Q19
日本語訳  "治療のために資金を集めるために" → "治療のための資金を集めるために"
      「~ために~ために」は不自然

p.199 Q20
ステップ2  "familyは家族は" → "family「家族」は"

p.201 Q21
日本語訳  "ホソダに部長に任命された" → "ホソダが部長に任命された"

p.205 Q25
ステップ2  "構文をきちんとできていたかが" → "構文をきちんと理解できていたかが"

p.205 Q26
ステップ3  "on ones own" → "on one's own"

p.207 Q27
文構造を見抜け  "(whole) familiarity" → "(broad) familiarity"

p.207 Q28
ステップ2  "her company's manager" → "her company's product managers"
             「product」はともかく「managers」の「s」はあった方が良いと思います

p.207 Q28
ステップ2  "「顧客とマネージャーの仲介役」" → "「顧客とマネジャー達の仲介役」"
       "顧客とマネージャーの合併" → "顧客とマネジャーの合併"
             他の箇所では「マネージャー」ではなく「マネジャー」となっています

p.223 Q2
ステップ3  "hisは所有格か再帰代名詞" → "hisは所有格か所有代名詞"

p.227 Q6
文構造を見抜け  「you have requested」の「h」の下に青線がない

p.231 Q9  
ステップ2  "ofとcosts" → "ofとbills"
ステップ3  "「家賃は費用を含む」" → "「公共料金は費用を含む」"
日本語訳  "家賃には" → "毎月の公共料金には"

p.237 Q15
ステップ3  "「○○」という形をつくれば、「○○」とすれば" → "「○○」という形をつくり、「○○」とすれば" or "「○○」という形をつくれば、「○○」となり"

p.239 Q17
日本語訳  "看護士" → "看護師"
      (性別で異なる医療従事者の名称(看護婦・看護士)は「看護師」に統一された(2002年3月1日施行))

p.243 Q21
日本語訳  "評価することになる" → "評価する責任ある"
      の方が良い

p.251 Q29
日本語訳  "国際修飾フェア" → "国際就職フェア"

p.251 Q30
文構造を見抜け  "the conversation" → "the conservation"

p.253 Q31
ステップ3  "主語に三人称単数はなれません" → "主語に三人称単数形はなれません"
       他の箇所では「三人称単数形」となっています

p.253 Q32
ステップ3  "astonishedは「驚いた」は" → "astonished「驚いた」は"
       "admittedは「認められた」は" → "admitted「認められた」は"