※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vs渾沌大決戦!

いままでのものとは異なる新型レイドが登場。今回の敵は無駄に大きい。どうでもいいが、背景が動いている。
大きな違いは以下の通り。加えて制限時間もあるので注意。

  • ボスの制限時間なし
  • キズナゲージなるものが実装
  • 救援を送っても自分のボスは自分でしか倒せなくなった
  • ボス毎に報酬が設定
  • ボスののろい系スキルは無効化されない

キズナゲージが溜まっていると、自分チームの攻撃後に他のプレイヤーのチームが追加攻撃を行ってくれる。
上記のように自分のボスは自分でしか倒せないのだが、この追加攻撃では普通に止めを指すことができる。
ボスのレベルが上昇するにつれて、このゲージの重要性が高まっていく。

今回もいつも通り特効ガチャが存在する。
そのモンスター数こそ多いが、獲得ポイントを増加させるもの、ボスへの攻撃力が高いもの、キズナゲージを多く上昇させるものの3種類がいる。獲得ポイントを増加させるものは装備にしかないので注意。

バトル

簡単な区別法を記す。詳細は更に↓を参照。

  • 無名の大渾沌
ザコ。特別な行動はしない。序盤にしか出現しない。
  • 無情の大渾沌
ミノタワー」を行うタイプ。
  • 無明の大渾沌
ガードブレイク」を行うタイプ。全タイプ中、2番目に弱い。
  • 無勇の大渾沌
運ゲー 。更に制限時間が20秒と短い。HPが他より少なく、ポイント数が多め。
スモールエリアEX」を使用されるとまず勝てない。素直に救援を頼ろう。
ワイドエリアEX」の場合は【瀕死の舞】もなんとか行える。広い空間に適当にドロップして数を稼ぐのだ。
  • 無道の大渾沌
バッドミノレイン」を行うタイプ。落下数が多い分、「無情」よりもタチが悪い。
  • 無双の大渾沌無限の大渾沌
アタックブレイク」を行うタイプ。後半になると【瀕死の舞】でも削りきる事が難しくなる。

+ クリックで開く

参考パーティ
※進化前のモンスターをパーティに含む場合がありますが、進化させても問題ありません。
リーダー,助っ人 メイン
【瀕死の舞】。無勇の大渾沌のスモールエリアEXを除いて、1ガッツで立ち向かうことができる。トップアウトすると制限時間がリセットされるので、時間切れの心配はない。
星宿の「クイックヒール」で「瀕死の舞」を成立させなければならないが、無道の大渾沌では最初の「バッドミノレイン」で上手くいかない。その場合はシンデレラの枠を「クリアトップ」を持つマーキュリー等に変えると成立させやすい。
なお、シンデレラのスキルは積み事故対策に有用であるが、余計な回復効果がある。しかし、その量は12%分であり、
2回のトップアウトダメージ 125% と、
回復量を含めた総HP (100+16×2+12=)144% との差は 19% のため、「瀕死の舞」が途切れる心配はない。

特効モンスター一覧

今回の特効モンスターは多めだが、何処が特別有効であるかは各種でバラバラである。

モンスター名 ポイント特効 対ボス特攻 キズナゲージ
陽輝の仁帝劉備 4.0倍 1.25倍
3.0倍 1.15倍
[装備]義の翼剣 1.5倍
[装備]仁の翠鎧 1.2倍
暴炎邪眼の破壊神シヴァ 3.0倍
炎爆邪視神シヴァ 2.0倍
1.3倍
1.2倍
1.4倍
1.2倍
1.5倍
1.25倍
1.2倍
1.15倍
1.1倍
1.05倍
東方青龍心宿+ 1.15倍
1.1倍
1.05倍



このページの意見、情報提供、反論、感想などあればコメントどうぞ
名前:
コメント: