3Dプレビュー内のオブジェクト表示


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オブジェクト表示

Terragenは、様々な異なる方法で3Dビュー内のオブジェクトを表示する事が出来ます。下記の表示モードが使用出来ます。
■Hidden(隠す)
 オブジェクトを非表示にします。バウンディングボックスや操作ハンドル、実際のオブジェクト自体の描画を行いません。

■Bounding Box(バウンディングボックス)
 オブジェクトをバウンディングボックス(オブジェクト全体を含む境界線。立方体の格子)で表示します。

■Wireframe(ワイヤーフレーム)
 このモードでは、オブジェクトをワイヤーフレームで表示します。オブジェクトジオメトリの輪郭のみを描画します。およそのシェーディング
 (陰影)を太陽の位置に依存して描画します。

■Smooth shaded(滑らかなシェーダ)
 このモードでは、塗りつぶされた多角形としてジオメトリを描画します。およそのシェーディングを計算するために太陽の位置を使用して
 滑らかな立体感を与えます。

■Textured(テクスチャ表示)
 このモードは基本的には「Smooth shaded」と同様ですが、オブジェクトにテクスチャマップがある場合は一緒に描画します。TGは現在、
 単純なマテリアル/テクスチャの構成からプレビューで使用可能なテクスチャを生成する事が出来ます。モデルにインポートされたイメージ
 マップベースのテクスチャは通常動作します。プロシージャルテクスチャは、まだプレビュー表示が出来ません。

オブジェクトの表示モード:左からBounding Box、Wireframe、Smooth shaded、Textured、レンダー結果

2つの要因の組み合わせは、オブジェクトを実際にプレビューで描画される方法を制御します。1つ目は各ノードの Preview mode パラメータです。
これは通常ノードのパラメータビューの上部付近にあります。このパラメータは、ノードでプレビュー表示を最も詳細モードで設定出来ます。
デフォルト設定は"Textured"です。しかし実際の描画表示は、3Dプレビューのオブジェクト表示モードである第2の要因に依存します。

3Dビューのオブジェクト表示モードは、オブジェクトの表示モードボタンを使って設定します。このボタンは3Dプレビュー上部のツールバーに
あり、青いボックスのアイコンが表示されています。ボタンをクリックして、プレビューの異なる詳細設定から選択します。これは3Dプレビューで
表示させる最も低い詳細モードを設定します。デフォルト設定は"bounding box"です。

オブジェクト表示モードボタン

ここではこれら2つの要因を3Dプレビューでどのように組み合わせて表示させるかの例を挙げます。あるシーンに新しく植物のオブジェクトを
読み込んだとしましょう。デフォルトでは、植物オブジェクトの Preview mode パラメータは"Textured"が設定されています。しかし、
3Dプレビューのデフォルトは"Show as bounding box"に設定されています。オブジェクトは2つの表示モードの内、最も少ない詳細モードを
用いて表示されます。この例の場合、オブジェクトは最も低い詳細モードとしてバウンディングボックスとして表示されます。

3Dプレビューのオブジェクト表示モードを"Show as textured"に変更した場合、フルテクスチャによるオブジェクト描画が見られます。
さて、オブジェクトのノードパラメータビューに移り、 Preview mode パラメータを"Wireframe"に変更して下さい。オブジェクトは現在、
"Show as textured(テクスチャ表示)"に設定されているにも拘らず、プレビュー内はワイヤーフレームで描画されている事に気付きます。
先ほどと同じように、2つの設定のうち最も低い詳細モードが適用されるために起こります。

これは少し複雑に見えますが、どのようにオブジェクトがプレビュー内で表示されるかに関する操作を極めて詳細に説明します。全ての
オブジェクトを目的に合わせて最良の設定で表示させる事を可能とした一方で、さらに個々に全てのオブジェクトに変更を加える事無く、
3Dプレビューのオブジェクト表示モード経由で特定の詳細レベルに戻して全てのオブジェクトをすばやく描画させる事を可能とします。

Preview mode パラメータを使う事に加えて、オブジェクトのプレビューモードを設定する別の方法があります。1つ目は3Dプレビュー内の
オブジェクトハンドルを選択した上で右クリックです。コンテキストメニューが表示された中にオブジェクトの Preview mode を選択させる
"Object Preview Mode"メニューがあります。このメニューには実際追加のオプションがあります。例えばバウンディングボックスと共に
ワイヤーフレームのオブジェクトを表示させます。またオブジェクトのノードリストの下にある"Perform an action"ボタンを使う事も出来ます。
この詳細については下記の「複数のオブジェクトに関するプレビューモードの変更」の項目を参照して下さい。

プレビューカラー

ほとんどのオブジェクトにはプレビューカラーのパラメータを備えています。このパラメータにチェックが入っている時、オブジェクトは
指定された色を使ってプレビュー内で描画されます。特定のオブジェクトをプレビュー内で目立たせたい時に、これの使用をお勧めします。

オブジェクト自体とバウンディングボックスは共にプレビューカラーによって描画されます。テクスチャの貼られたオブジェクトの時は、
プレビューカラーでテクスチャーカラーを着色します。

Populations(ポピュレーション)

ポピュレーションはプレビュー内でオブジェクトを描画する際、単一とはいくつかの違いがあります。最も重要な事の1つとして、
ポピュレーション・インスタンス(オブジェクトの群集)の描画方法を制御するために、ポピュレーションノードの Preview mode
使用する事です。なぜならオブジェクトノードの Preview mode がポピュレーションの使用によって上書きされるからです。
オブジェクトの Preview mode を変更しても、ポピュレーションの描画が行われた際に何の変化も見られません。
ポピュレーションは、同時に多くのオブジェクトを描画可能にする詳細度システムを使用して描画します。ワイヤーフレーム、滑らかな
シェーダ、テクスチャ表示モード等、カメラから一定の距離よりも遠い全てのインスタンスは、完全なオブジェクトジオメトリの代わりに
立て札を使って描画します。カメラからより一層遠いインスタンスについては、バウンディングボックスを含めた全ての表示モードを
点として描画します。

複数のオブジェクトに関するプレビューモードの変更

素早く全オブジェクトのプレビューモードに変更を加える事が出来ます。オブジェクトのノードリストの左下にアクションボタン
(ギアアイコン)があります。ボタンによるメニューによって、現在のプロジェクト内の全オブジェクトに対してアクションを実行します。
例として"Set all objects to wireframe(全オブジェクトをワイヤーフレームに設定)"オプションがあります。これを選択する事で
全オブジェクトの Preview mode パラメータがワイヤーフレームに設定されます。これは3Dプレビュー用のオブジェクトの表示モードを
変更するのとは違い、全オブジェクトは実際にオブジェクトのノード設定を変更する手間無く、ワイヤーフレームによる描写を行います。
アクションボタンメニューを使用する事は、全オブジェクトに渡って手動で適切なパラメータ変更をする事と同じです。

パフォーマンス

異なる表示モードが3Dプレビューにとって、パフォーマンスの一定の完成度と必ずしも一致するというわけではない点に注意する事が重要です。
例えば"Textured"モードは最も高い詳細ですが、実際には"Wireframe"モードより速く描画する場合があります。これは最新式のグラフィック・
カードによるいくつかの特性に起因します。このような観点から、性能を心配するよりもむしろその時に合った表示モードを選択するのが最善
です。これに対する一つの例外は、"Bounding box"モードが通常において最速です。

もし3Dプレビューで少し遅い事に気付いたり、多くのポピュレーションを用意していた場合、1つ以上のポピュレーションの Preview mode
"Hidden"に変えてみるといいでしょう。これは、ポピュレーションのインスタンスを非表示にしますが、それでも、バウンディングボックスと
操作ハンドルは表示されます。