※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MILESTONE 16 / HUMAN RESOURCES


Calico :

  Clean up the blood. It's infecting the surrounding neural network.
 血液を浄化します。周囲の神経ネットワークが侵されていますので。

DART6 :

  Oh God, they're here!
 なんてこと!奴らがいるわ!

Denham :

  Beyond the chip?
 チップを超えてかね?

DART6 :

  Shh, gorgeous.
 大丈夫。落ち着いて。

Denham :

  How's that possible? God damn it, I want to know how's that possible?
 どうしてそんなことが?なんてことだ。どうしてそんなことが起こりうるんだ!

DART6 :

  There's no need to worry…
 何も心配ないわ。

Calico :

  Down the synthetic memory feed.
 統合メモリーフィードまでやられています。

Denham :

  Is he salvageable?
 彼はまた使えるようになるのか?

DART6 :

  Everything's going to be alright.
 すべてうまくいくわ。

Calico :

  The inherent kill-lock may be in jeopardy.
 キル・ロックも危うい状況かと。

Denham :

  You're going to make me proud son.
 お前には期待しているからな。

  Alright, let's go to damage control. Roll back to version five.
 わかった。ダメージ・コントロールに移れ。バージョン5に戻すぞ。
  Recycle what you can use flush the rest. I want to find out who put her up to this!
 使えるもの以外は消去しろ。一体誰がこんな設定に変えたんだ!

Merit :

  Can't believe you fucked up so badly Kilo, what happened to you man?
 どうしてそんな風にイカれちまったんだ?お前、何をされたんだ?

a man :

  Hey, wait! No, no, no!
 おい、待て、やめろ!

Denham :

  Shh… Don't cry, boy. We'll take good care of you. Wouldn't let such excellent genes
  go to waste now, would we?
 シーッ。泣かなくてもいいんだよ。ちゃんと面倒を見てやるからな。こんなに素晴らしい
 遺伝子を無駄にはできないだろう?

  File him as a child of no fixed abode, take him down to Human Resource. Let's get
  this thing rolling. You're going to make me proud, son.
 住所不定な子供として処理しろ。ヒューマン・リソース課に連れて行け。
 さあ始めるぞ。お前には期待しているからな。


DART6 :

  Core functions recovered; Chip systems - online.
 コア・ファンクションが復旧しました。チップ・システムはオンラインです。

Merit :

  Soon as Calico gets back he's gonna reach into that pretty head of yours and pull out
  everything we need to know.
 キャリコが戻ったら、この可愛いオツムから俺たちが知りたい情報を全部抜き取っちまう。

  But your chip is making him nervous, so I promised to soften it up. No hard feelings,
  OK?
 だが、あんたのチップはヤツの悩みの種らしい。優しくやってやるからな。悪く思うなよ。

Drawl :

  Any… Moment now. Your world will come crashing… Down.
 もうすぐ...世界は崩壊...するわ...

Merit :

  Yeah? Who's gonna bring it down? Your boyfriend? They're still picking up the pieces.
 そうかい?誰が引き起こしたんだっけな?あんたの彼氏か?
 みんな後始末に追われてるってのに。

Drawl :

  Kilo. What do you want? What are you doing here? Did you come to kill me? Or to get
  me out of here?
 何が望みなの?私を殺しに?それとも助け出しにでも来たの?

  The war has started. I never wanted this. I tried to use the technology to change the 
  syndicates. Make them… More human, I guess. But I was kidding myself.
 戦争が始まってしまった。こんなはずじゃなかったのに。私はこのテクノロジーで
 シンジケートを変えたかった。人間性を与えたかった。でも所詮まやかしでしかなかった。

  Denham's techs fed in synthetic memories, right to your neocortex. Re-writing your
  past, your whole life - it's what they do to agents.
  You, Merit, the others. Anyway…
 デナムはテクノロジーを統合メモリーに注ぎ込んだ。大脳新皮質の中にあるヤツよ。
 過去を書き換え、人生を書き換え...彼らがやってきたことは、そういうことなの。
 あなたやメリット、他のエージェントもね。とにかく...

  I thought you should know the truth. Denham took your life once. Are you gonna let it
  happen again? It's him, or us.
 真実を知るべきだと思ったの。デナムはかつてあなたたちの人生を奪った。
 そんなことが再び起こってもいいと?彼のせいで。
 いえ、むしろ私たちのせいかもしれないわね。

  Take it easy. Come on. Let's see if we can get your body fixed. The vitruvian can 
  restore you, Kilo. Climb up to the device.
 大丈夫よ。しっかりして。あなたの身体を治せるかチェックしてみるわ。
 「ウィトルウィウス」なら可能かも。その装置に上がってみて。

  Come on. Let's go.
 さあ、行くわよ。


I am not a machine