※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MILESTONE 12 / DOWNZONE


Drawl :

  Cayman-Global hunters have probably blocked Lower Bay. We'll go through the
  DownZone and make our way back to the Manhattan Complex.
 ケイマン・グローバルからの追っ手はきっとロウワー・ベイも封鎖しているわ。
 ダウンゾーンを抜けて、マンハッタン・コンプレックスに戻りましょう。

  They won't come in here after us.
 ここなら彼らも追ってこないわ。

  Dammit!
 なんてこと!
  There!
 あそこよ!

DART6 :

  This area is powered down - access to the EuroCorp grid has been locked off since
  the 2052 food riots.
 このエリアに電源は供給されていません。2052年に発生した食料を求める暴動以来、
 ユーロコープ・グリッドへのアクセスは閉ざされています。

Drawl :

  That door Won't open without power. Over here. Looks like a way inside. Help me
  reach that ladder.
 電源なしにこのドアは開かないわ。あそこを見て。中に入れそうよ。
 階段を昇るのを手伝って。

  We'll have to meet further up. I'll open the door to the outside.
 すぐには合流できないみたいね。ドアを開けるわ。
  Okay. You find another way inside. I'll meet up with you.
 オーケー。他の方法で入ってきて。奥で会いましょう。


 NEW YORK, LOWER BAY ニューヨーク、ロウアーベイ
 5.14 2069 / 18.06 PM


DART6 :

  Lily Drawl's chip signal…lost.
 リリー・ドロールのチップ・シグナルが、途絶えました。

  Might be subverters, jamming the frequency. Proceed with caution.
 テロリストがジャミングしている可能性があります。注意して進んで下さい。

Civilian :

  I miss those EuroCorp guys - I mean they were assholes, but they kept the streets
  clean.
 ユーロコープの連中が懐かしいぜ。確かにアイツらはクソッタレどもだったが、街を奇麗に
 してくれてた。

  You're an asshole. They never did shit for us down here.
 お前はバカか?アイツらが俺たちに何かしてくれたっていうのか。

  Oh, and these toy revolutionaries do? When's the last time any of that TWB crew
  dropped you any favours?
 じゃあこのチャチな革命とやらで何かが変わったか?
 今までTWBの連中がお前の頼みを聞いてくれたことがあったか?

  It's coming, man. Coming with the revolution. Towers will burn. When that day
  comes, we're all gonna live in Uptown.
 もうすぐだよ。本当の革命が起こるのさ。TWBの文字通りさ。その日が来たら、
 俺たちみんなアップタウンで暮らせる。

DART6 :

  Re-routing.
 進路を再設定。

Civilian :

  Everybody… Eerybody loves Jakey… Jakey with the jabs… that's right, everybody..
  Jakey with the jabs...
 みんなジェイキーが好きだった…ジェイキーのあの胸…そうさ、皆…
(アイルランドのスラング?)

DART6 :

  Soft Asset Lili Drawl - chip signal regained.
 ヒューマン・リソース、リリー・ドロールのチップ・シグナルが回復しました。

Radio Propaganda :

  And now I'll tell you the hard truth, brothers and sisters. The hard truth. We have
  done this to ourselves! Who destroyed our communities? We did!
 今こそ、辛い現実を伝えなければ、わが同志たち。辛い現実だ。
 我々自身が起こしたことなのだよ!誰が我々のコミュニティを潰したって?私たち自身だよ!
  A war refugee sought the Master. He said, 'You are wise and serene. Teach me to
  escape the horrors of this world.'
 かの難民は主を探していた。彼は言った、「あなたは賢明で高貴な存在だ。
 この世界の恐怖から逃れるすべを教えてください。」
  And the Master blinded him with fire irons… we cry out, we are weak, we cry to the
  Master for help...
 すると主は彼の目を火かき棒で焼き潰した… 我々は叫ぶ、我々はか弱い、我々は主の助けを
 求める...
  But the Master gives us more. What looks like pain is not pain. What looks like
  trouble is not trouble.
 しかし主は我々にさらに試練を与える。その痛みは本当の痛みではない。
 困難だと感じたとしてもそれは本物の困難ではない。
  Yeah, yeah, scan and ident, scan and ident, I know the drill…
 そうだ、そういうことなのだ。探し、見極めよ。私はその方法を知っている...
  Well, we don't even have that, brothers and sisters. We don't even have that!
 しかしまだ手には入れていないのだ、同志たちよ。まだなのだ!

DART6 :

 We are in subverter territory.
 テロリストのテリトリーに入りました。