※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MILESTONE 1 / WAKEUP CALL


Narration :

In the year 2017, the world's corporate merger leads to the creation of Eurocorp.
2017年、世界各地における企業買収が『ユーロコープ』を誕生させた。

The company is the first to spearhead the development of a Bio-Digital Implant: The
DART Chip.
ユーロコープは他の企業に先駆け、世界で一番最初にバイオデジタルインプラント、
DART(ダート)チップの開発に成功。
Fuelled by adrenaline, it's users experience unsurpassed connectivity with the 'Dataverse',
rendering all digital devices obsolete.
アドレナリンを動力源として脳内から補い、使用者はデータバースとの信じられないほどの接続性を体験する。
もはや、デジタルデバイスを持ち歩く必要はなくなった。

Nations lose their relevance in a world dominated by these Massive Corporation.
国家はもはや意味を失い、世界はこれらの巨大企業群によって支配されていた。
The world population swells to 15 billion, 57% are chipped and linked to their preferred Corporation.
世界人口は150億人にまで膨張。そのうち、57%の人口がチップを埋めこまれており、彼らの属する企業と文字通り「リンク」していた。
The rest are digitally locked out...out of sight and out of mind.
残りの人口は締め出され・・・誰からも気にかけられることがなくなった。

Industrial Espionage reaches unparalleled heights. Cover Agents are mobilized to protect and serve their interests. You are one of the chosen few... An Agent.
企業間の防諜活動はかつて無いまでに活発化した。エージェントたちは企業における利益を守るために、無作為に選ばれる。貴方はそのエージェントとして…選ばれた。


Headquarters :

Connection established, the subject is ready to go.
『接続を確立。入力を待ち受けています…』

a military soldier :

Roger that HQ, will begin up procedure.
「了解HQ。手続きに入る」

DART6 :

Chip Systems; Dart 6.1. Initializing.
『チップシステム DART6.1 を読み込んでいます…』

a military soldier :

Okay, it's time to wake up.
「時間だ。おい、起きろ」

DART6 :

Welcome to Chip System; DART 6.1.
『DART6.1へようこそ!』

a military soldier :

Hey, are you in there?
「おい、聞いてんのか?」

DART6 :

Initializing Dart overlay.
『DART OVERLAYを起動しています…』

a commander :

All units, the subject is operational!
「全ユニットへ、対象が活動を開始した!」

a military soldier :

Light the fucker up!
「クソ野郎を照らし出せ!」

DART6 :

Exit this area immediately.
このエリアをすみやかに脱出せよ

a military soldier :

There he is!Take him down!
「いたぞ!殺せ!」

a commander :

Carrying out order, ready to fire.
「命令を実行する。射撃準備」

DART6 :

Detecting structural weakness. Recommend brute force assault.
『構造的欠陥を検知。突入後、武力による制圧を推奨』

  NEW YORK, BROOKLYN
  5.13.2069 / 03.11 AM

Exit is closed Local power grid is offline.
『出口が閉鎖されています。パワーグリッドがオフラインです』
Power grid governor detected is this vicinity.
『パワーグリッドの供給源を近辺に発見』
Main power grid restored.
『パワーグリッドが修復されました』
DART overlay highlights enemy positions.
ダート・オーバーレイにより敵の位置をハイライトします。

a civilian :

No! No! Please no!
「やめて!命だけは!」

Stay in your room!
「おとなしく部屋にはいっていなさい!」

a military soldier :

Go! Get inside!
「行け行け!」
He's on the roof!
「奴は屋根の上だ!」
Bring him down!
「喰らいやがれ!」

Drawl :

Glad to have you back Kilo, let's get you in the chair.Security? Go ahead and clean up the proving grounds.
「良かった。戻ってこれたのね。キロ。座って。セキュリティ?もういいわ。テストエリアを片付けて。」
Sit down Kilo, I need your post mission stats.
「座って。キロ。ミッションの結果を見せて。」
Subject is secure. Data?
「対象を固定。データは??」
Woah. That's odd...Wait, let me just...
「ふぅーむ。これは・・・ちょっと待って・・・」
Unusual activity. I'm gonna have to keep an eye on that. OK, this part is classified.
「定格では見られない動作ね。ちょっと見てみないと何とも・・・。一人でやるわ。」

a scientist :

But, protocol states that --
「ですが、規則では」

Drawl :

What? You're lecturing me on protocol for my project? Out!
「は?私のプロジェクトで私に規則を説いてくれるの?出てって!」
You're very valuable. Everybody wants a piece of you.
「貴方は本当に『良い』わ。みんなが貴方を欲しがってる・・・」
Tell you what, Kilo-how about I give you something instead.
「いい?キロ・・・。私がかわりにいいものをあげるわ。」

DART6 :

Chip to Chip Upgrades Initiated...
『チップ⇔チップ間のアップグレードを検知・・・』

Denham :

Hello Lily. You know Agent Merit,don't you?
「やぁリリー。エージェント:メリットはもう知ってるだろ?」

Merit :

Well well, the famous Dr. Lily Drawl.
「おやおや。有名なドクター・リリー・ドロールか。」

Drawl :

Hello Jack. Merit. This is a surprise.
「どうも。Jack(Jack Denham : EuroCorp CEO)、Merit、びっくりしたわ。」

Denham :

I want to see how my new prodigy is preforming. You know I've had my doubts, but I've
「うちの天才君の調子を伺いに来たんだ。私は懐疑的だったが君から言われたからね」
got to tell you, Dart 6 looks promising.
「ダート6は将来有望だと」
It's going to revolutionize the chip industry. And this guy...
「チップ産業に革命が起こる。」
...he just keeps on surprising us.Right,Kilo? Ready for assignment?
「彼は本当に驚きに満ちているよ。課題はどうだ?」

Drawl :

He did well, but I'm still tweaking it.
「彼はよくやってます。しかしまだ問題が」

Denham :

Time to tweaking is over, Lily. We need talk mass implementation for Dart 6 in all
agents.
「微調整ならもう十分だ、リリィ。我々は全てのエージェントにダート6を
 実装するために話しあう必要がある。」

Drawl :

What we need more time, Jack. We're not ready.
「もっと時間が必要よ、ジャック。まだ万全ではないの」

Denham :

That' not my impression. Kilo proved Dart 6 works-unless I'm missing something.
「それは君の意見だ。キロがダート6の私が求めるものを証明している」

Merit :

So...Kilo. 'You just keep surprising us.'
「それで…キロ。"君には驚きだ"か」
Volunteering to sign up for the prototype despite the risk of brain cancer.
「ボランティアで脳腫瘍のリスクにも関わらずプロトタイプの研究にサインする」
A real prodigy alright.
「確かに天才的だな」
Or was it the thought of getting your head examined by the very lovely Dr.Drawl?
「それとも君は麗しのDr.Drawlの脳検査にぞっこんだったってのかね」
Year, I'd buy that.
「あぁ、それは認めてやるよ」

Drawl :

What?
「どうかした?」

Merit :

Nothing... Dr.Drawl.
「何もありませんよ...Dr.Drawl」

Denham :

Kilo, Lily here is not sure you're ready for a field mission. But Merit thinks
「Kilo、Lilyはまだ君が実戦には準備が足りないと言っている」
otherwise, and I'd like to find out if he's right.
「だがMeritはそうは思ってないし、私もそれを証明して欲しいと思っている」
I've got this Little thing coming up that you'd be just perfect for.
「ささやかな問題を抱えていてね、君にそれをこなして欲しいんだ、完璧に。」
Meet Gary Chang, chief psych engineer at Aspari. Their equivalent to Lily here...
「Gary Changに会ってくれ。彼はAspari社の精神学のエンジニアだ」
「彼らはLilyにも匹敵する実力を持っている。」

Merit :

Except for the looks.
最もルックスは別だが。

Denham :

My sources indicate he's working on something that's just a little bit too much
「私の情報によれば、彼の仕事内容はDART 6に酷似しているようだ」
like the DART 6.It's a clear patent infringement.
「そしてこいつは重大な特許侵害だ」
Actually,It's worse than that.We're starting to think that someone in out court is leaking data.
「実際、こいつはもっと悪いかもしれない。誰かが情報を漏らしている可能性を考えねばならん」

Merit :

We got a leak...a rat...a mole.
「俺達はネズミやもぐらの類を捕まえてきた」

Drawl :

That's not possible.
「あり得ないわ」

Denham :

Well,the point is,if they beat us to the punch their agent get the edge over
「問題は、もしかするとやつらに先をこされるやもしれんということだ」
ours,and I won't permit that.I want this dealt with now.
「それは許してはいかん。今直ぐ解決してきて欲しい」

Merit :

Everything's set.We're leaving tonight.You'n me,Kilo.
「準備は万端だ。俺達は今夜発つ。俺とお前だ、Kilo」

Drawl :

I don't like this Jack.Kilo's not stabilised yet...He could glitch out...
「それには賛成できませんわ、Jack。Kiloはまだ調整が、壊れる可能性も…」

Denham :

EuroCorp has an excellent safety record,Lily,you should know that.
「EuroCorpの製品の安全性は君も理解してるだろ」
Kilo,go over to Aspari with Merit,take care of this Chang problem for me.We're on
「Kilo、Aspari社に向かいMeritと共にこのChangに関する問題を解決してきてくれ」
the verge of something greet-let's not mess it up.
「この計画が台無しになる前に」

Merit :

Someone fixed us up with Aspari copter.It's waiting for us, on the roof.
「ヘリをAspari社のものに偽造してくれた。俺達を屋上でお待ちかねだ」
Come on, show me how greet you are.
「さぁ、お前の性能をとくと拝見させて頂こう」

DART6 :

Database access is restored.
「データベースへのアクセスが復旧しました」

Merit :

Next stop: Aspari South, City of Angels. I think you're gonna like this.
「次の停車駅はAspari社South, City of Angels。きっとお前も気に入るぞ」