スキキャラ図鑑

スキフレル

  

 


※立ち絵変更予定※
準備中/仮デザイン

【 ス キ フ レ ル 】
名前:
Skifurel
性別:
身長:179cm
体重:63kg
特技:魔術
趣味:空中散歩、人間観察
癖:十字を切る、指揮者のように腕を動かすこと
好きなもの:オルゴール

嫌いなもの:水場、おばけ、お化け屋敷
出没日:8月22日
性格:自由奔放、冷静沈着、大胆不敵、楽観的、陽気、穏健、軟派
、情緒不安定

  『海洋魔術都市イルボイド』住む魔術師。細身で中性的だが、日によって女性的に見えたり男性的に見えたりする。人望が厚く、街の人々から慕われている。
 神出鬼没でどこからともなく現れる。例え一面原っぱであろうと、密室の中であろうと、果ては洞窟の中であろうと。
 聡明だがお調子者で、軽薄な言動もしばしば。街の統制や、野盗などの敵進行の制止・返り討ちをしている。端整な容姿も合わさって、若い女性を中心に幅広い層から好意を持たれる。
意中の人物が存在するとのこと。自信家で良くも悪くも正直者
 少女と行動している姿を目撃されることが多い。目撃者の多くは「突然少女が現れた」「誰なのかわからない」「生者なのか定かではない」と困惑し、同時に「その少女の微笑はさながら天使の如く」と称賛している。しかし、誰も少女に関する記憶や情報を保持していない。


“ここまで知ってくだされば十分ですよ。”


 


【 人 物 詳 細 】 “私について深く知りたいと? 上記で事足りますのに。
               嫌ではありませんよ、興味を持ってもらえて嬉しく思っただけです。”


『スキフレル』そのものが虚偽である。
 

 


【 口 調 】 “うわっ。ドン引きするレベルに盛り沢山ですね。

基本形:上品口調 「~です」「~ではないか」
一人称:「私(わたし)」
二人称:「貴方」「~さん」 ※少女のみ呼び捨て※
「水場が苦手ですが、海に囲まれたこのイルボイドは好きです。美味な海鮮料理が食べられますし、海沿いということで貿易は有利で他国との交友も少なくありません。水棲生物との交流や遺跡調査、多人種との情報共有も可能です。好奇心旺盛な魔術師が住むにはもってこいの地ですね」
「困りましたね。いやあ、実に困った。この問題は貴方に捧げます、私からの贈物です」
「この私がお相手致しましょう。生憎、手加減は苦手なので、……もしかしたら死んでしまうかもしれませんね」
「虚偽だなんて心外です。ちょこっと事実を盛っただけではありませんか、嘘は吐いていませんよ」

対外部の人:上品口調+柔和口調
一人称:「僕」
二人称:「君」 老若男女問わず「~くん」
「ようこそ、海洋魔術都市イルボイドへ。困ったことがあれば、僕に聞いてね」
「そうですねえ、この辺りですと中央広場がオススメですね。吟遊詩人と精霊術師の芸術に触れる事ができます」
「いーやーでーすー! オークならいざ知らず、グールやレイスがお相手なんて! 何の為に君を雇ったと思っているんですか!?」
「泣かないで。蜂蜜のように綺麗な瞳が赤く腫れてしまうよ。よしよし、こちらへおいで」

稀:上品口調+男性口調 ストレス過多によって理不尽な暴言を吐く
「お嬢さん馬鹿だろ」
「知っていますか? これは皮肉って言うんですよ。だから笑え。ははは!」
「なにを立派に寿命を使い果たそうとしているんですか。元からないようなその魂、早々に黄泉へ返した方が世界貢献に繋がって皆ハッピーになれますよ」
「申し訳ありません。あんまりにも可哀想な表情を浮かべているもんですから、思わず手を差し伸べてしまいました。本当に汚いですね、下水道がお似合いですよ坊や」

  不思議な事に、どんなに理不尽な暴言を受けても、誰一人彼を嫌う者、普段と人物像が異なることに違和感を抱く者はいない。

対少女:上記全て、一定せず不安定。二人のやり取りを人前で見せる事は稀。
呼び名:「
スキメライ」「メライ
「私から離れるな。そう言った筈ですよ、
スキメライ
「僕が死んでしまったら、この世界は崩れてしまうかもしれません。だって、僕は神様なんですから。ふふ、冗談です」
「お前はなにか興味を持っている事はないのかい。私が付き合ってあげるよ」
「まったく、君ってやつは女らしくないね。もっと淑やかに過ごしたらどうだい、あそこの淑女を見てごらん。ここは都市であって、船上ではないんだよ」

 

“それは私はお先に失礼します。お疲れ様でした。

アディオス、――――――」


【 生 来 の 姿 】
※準備中※

 

【 - unknown- 】

 世界を統べる魔王だった。

 意中の女性は配下の人魚。彼女は教会で焼身自殺を図ったが、崖が崩れ教会を巻き込んだ事故死を遂げる。その事件をきっかけに精神異常が発生。自身の支配国を『海洋魔術都市イルボイド』と幻術をかけ、部下や配下を『イルボイドに住む人間』と洗脳する。都市に一歩でも踏み出せば洗脳され、洗脳が解けても『イルボイドに滞在した』という記憶のみが残り、魔王の支配について何も知らない様子を見せる。基本的に人格の変化はないが、都合の悪い事が起こると記憶を操作する仕組みになっている。
 彼女を救おうとして、右半身・手掌に火傷を負ってしまった。顔の火傷は変幻不可能箇所であり、両側手掌の火傷は特に酷い。

 

口調:尊大口調
一人称:「私(わたし)」
二人称:「貴様」「お前」「呼び捨て」
「そうか」
「私に構うな、向こうへ行け」
「お前が何か行動を起こしたところで、私には関係のない事だ。……しかし、その問題に首を突っ込んでみるのもまた一興とも思える」
「なるほど。貴様はこの私を愚弄する、そう解釈して間違いないという事か」

 

【 学 生 時 代 】

 先代の魔王の父親による、魔王への英才教育(スパルタ)が幼少期から施されてきた。その成果もあり首席で卒業、滞りなく魔王の座へ降臨する。入学当初は落ちこぼれで友人と呼べる存在はいなかった。好敵手であり友と呼んでいた魔王候補はいたが、実習期間中に命を落とす。友人が存在しなかっただけであり、陰では彼を慕うファンや信者が多く存在していた。当の本人は卒業後も気付かずにいる。
 冷静沈着で高慢、強靭な精神力を持ち合わせている。唯一の弱点は炎。女子供を弱者として見下げており手を出すことはなく、恋愛に現を抜かすなど笑止に価すると考えている。結果、基本的には敏いが、人が彼に抱く好意に気付かない鈍感力を築き上げた。

 


製作者:Eif(@dawn0Eif
使用制限:現在のところなし。
好き要素:
〔設定〕
ファンタジー(剣と魔法・RPG系)/神/魔王/9割チート/未成年/17歳/変な噂が多い/ポーカーフェイス/自然の力/スピード>パワー/普段は実力を出していない/視力が弱い/無限の魔力/英才教育/ナルシスト/老若男女モテる/すべてを知っているがなにもしない/凄惨な過去/苦労人・苦労性/ハッピーエンド/指を鳴らす・動かす/十字を切る動作/演技/別人として生きる/努力型/天才型/不憫(シリアス)/不憫(ギャグ)/自分が知らないことを誰かが知っている/常識人・ツッコミのようでそうでもない/年齢不明/偽名/神出鬼没/やらないとこちらが死ぬ境遇/不本意でも進むしかない選択肢/嘔吐下手/復讐鬼/弱者と思われている/一定の事で古傷が痛みだす/傷を見られそうになると隠す/華奢な見た目で力持ち/大切に思っている人の死去/
収容所/主夫/愛情を馬鹿にしていた・無下にしていた過去/嬉しい事は表情に出やすい/すべてを失う/残念なイケメン/黙っていればイケメン/親バカ/訳有悪役→中立or味方/ふとした動作が年相応/背景にいるよく見るとイケメン・雰囲気イケメン/ファンサービス/ファンクラブor信者が存在する/不穏な言動/穏やかな言動で腹黒/ころころ変わる表情/わりとなんでもこなせる/ミステリアス/矛盾/因果応報/自業自得/失敗を引き摺る/二番手/捨て子/肉弾戦/素手の方が強い/孤児院/まともに見えて実際そうではない/肉弾戦/素手の方が強い/家族内で地位が一番低い/子供が苦手/人混みに弱い/乗り物に弱い/体のどこかが弱い(障害がある)/自称/捨て子/女子供には手を出さない/隠し武器/制御装置/なんだかんだ愛されている/愛の行き違い///
〔外見〕
黒髪+青目/紫髪/髪を結っている男/アイライン/みつあみ/長い前髪/前髪で片方の目が見えない+たまに見える/やる気のない表情/無表情/ロングコート/指なしグローブ/着痩せ/全身黒/黒手袋/詰襟学生服(海軍)+黒地に赤のライン/ハーフアップ/内ハネ/外ハネ/猫を彷彿とさせる髪のハネ(耳みたいな髪)/三角の分け目/後ろ髪が前にきている/髪と顔の間にできる空間(奥行き)/張り付いた笑み/中性的/袖と手袋の間から見える肌(絶対領域)/尻尾髪/ローブ+口元が隠れる・隠す/中華服/タートルネック/マント/皮の手袋/グラデーション/変幻自在(一部を除いて)/
衣装持ち/無意識に不機嫌な表情/杖/誰かを守る際についた傷痕(切り傷/火傷)/牙/鋭い爪/ストール/半袖と手袋の間にある腕の領域/余裕そうな笑み/顔に刺青/隠れ眼鏡/男の肘/肩に上着/腕捲り/半分オールバック///
〔内面〕
おばけが怖い/水が怖い/聞かないと答えない・聞かれたら答える/自己嫌悪/自己捏造/自虐ネタ/ポジティブにネガティブ/露出を拒む/慣れる・新密度が高いと対応が冷たい・きつい/ツンデレ→クーデレ/新密度低:振り回される→高:振り回す/顔の傷を見られそうになると隠す/自由奔放(身内や幼い子絡みだとぶれる)/マイペース/キザorウザイけど実は真面目/気分屋/普段は余裕な人の甘え下手/無自覚な甘い対応/過去の出来事で身に着いた習慣/どこか余裕を持っている/どこか余裕がない/アホの子/頭の良い馬鹿/無自覚な甘い対応/ヘタレ/単純/皮肉屋/自分にしかわからない事を言う・なにを考えているのかわからない/反撃せずに避ける+やられたらやり返す/わざと煽る/努力する方向が変/生意気/自信家/嬉しいことは表情に出やすい/面倒事は避ける/基本的鋭いのに身内が自分に対して好意を抱いている事に気付かない天然/挑発的/執着心/素直じゃない/あえて空気読まない/タラシ/隙のない精神力の強さ+特定の事に関して弱る/憎まれ役を買う/〇〇がすべて思考/諦め気味/元は一般的思考回路/嫉妬を悟られないような言動///
〔口調〕
口調の使い分け(上品口調/男性口調/柔和口調/尊大口調)/生意気な敬語/軟派そうな男の敬語/いかにも俺を使いそうな男の一人称わたし+僕/坊や+お嬢さん呼び/刺々しい発言/直球な物言い/誰に対しても「~くん」呼び/捨て台詞が「アディオス」/口数が少ない/父上呼び/師匠呼び/言葉選びが悪い(天然/意図的)/詩人のような口調/長々と話す/仰々しい発言/ふとしたときに暴言///
〔関係〕
兄妹のような/青年少女の友情/ツーカー/似た者同士/正反対/青年少女/青年+少女からの青年←少女/悪友/双方が認めた好敵手/光と影/師弟/父子/幸せ家族/自称弟子→正式に認められる/上と下の兄弟に挟まれる(姉・自分・妹)/辱めを受けて死んだ姉の存在/実は生きていた////


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ロルフ
 
ある日突然街に訪れた青年。
 自分が動かなくとも勝手に面白い事をしてくれるので、玩具のように思っている。
 ロルフとメライがなにかを企んでいると勘付いているが、大人の余裕で気付いていない振りをしてあげようと自分に言い聞かせている。本当は気になって首を突っ込みたくてたまらない。
 ロルフの魂に違和感を抱いている。二人分の魂が宿っていること、そのうち一人分が人間ではない何かである事に気付いているが、その正体はまだ判明していない。

 

呼び名:「ロルフ」
「丁度いいところにいらっしゃいました。ささ、こちらへ座ってください。ご安心ください、少しチクッとした後、呼吸がやや苦しくなる程度の動悸が起こり、全身に冷えを感じながら熱を持つようになるだけ……逃げ足の速い人ですねえ。イルボイドでの追いかけっこなら負けませんよ」
「悪戯ですか~? 悪い子ですね、ロルフは悪い子なのでお仕置きが必要になりますね~」
「ロールフさ~ん。メライになにを吹き込みましたか? 生憎ですが、貴方が言ったところで、あの可愛い子が指示通りに動くお人形なんかに成り下がることはありませんよ」
「はあ、めんどくさ」







 



















 



 

 

 

 

 

 

 

 

 



 


【平和なイルボイド】

 勇者は使命を果たした。
 勇者はひとりの青年、ロルフとなり人生を歩むことになる。
 かつての魔王は、青年ロルフによって魔族を統制する魔術師キフレルとして生かされた。

 キフレルは現実に生きる。
 自身を顧みる心の余裕はなかった。
 
 スキメライは失ったものを取り戻した。
 キフレルは自身の過去を思い出したと同時に、スキメライに
ミットライトのことを思い出させてしまった。
 決して短くはない期間を共に過ごしたスキメライの、感情の激動を目の当たりにした。
 意識を失ったスキメライを
キフレルは反射的に抱き留める。
 ロルフに問い詰められるが、答える気力が尽きているキフレルは、何も言わずに自分とスキメライが初めて出会った場所へとロルフを巻き込んで転移した。

 到着すると、そこは魔族であるキフレルでさえ、目眩を感じるほどの異臭が漂っていた。
 突然現れた存在を見て怯える身なりの整った人間達の姿を一瞥すると、キフレルは詠唱もせずにそれを眠らせ室外へと転送した。
 ミットライトが声を震わせながらスキメライを呼び、彼女が目を覚ますまで静かに寄り添った。
 呆然としているロルフに、キフレルは一言発し、以降は二人とも発言することはなかった。
 スキメライとミットライトのやり取りを見届けた後、キフレルの魔術によって帰還した。

 ロルフはイルボイドの宿で冒険者業を始めた。
 スキメライは愛しい片割れのミットライトと、すべての元凶であるキフレルの、穏やかな三人暮らしが始まる。


 なんやかんや起こり、スキメライがキフレルに恋をして振られたり、ロルフが二人のフォローに試行錯誤していたら今度はスキメライに恋をされたり、対象がロルフに変わった途端ミットライトがスキメライの恋に乗り気になったり、賑やかで愛情深いイルボイドの名物となる。

 

口調:尊大口調
一人称:「私(わたし)」
二人称:「お前」
「なぜ私が小娘二人分の面倒を……」
「ロルフ。人間の娘を面倒見るならば、お前が適任だろう」
「メライ。お前は思い違いをしている。いい加減に気付け」
「……イルボイド、我ながら住み心地の良い場所だ」

対ミットライト
呼び名:「ミットライト」
「お前は……メライのことしか頭にないのは既知している、わざわざ何の目的で私のもとへ来たんだ」
「ロルフがいるだろう。あいつにやらせろ」
「やめないか、ミットライト。魚が逃げる」
「とッ!? 父様!? や、やめろ!! その呼称はやめろ!!」

 



 

 




 



 



「ようやくロルフがあの子との交際を受け入れた。
 あのミットライトもロルフを気に入っている。
 三人が同居を始めれば、私は隠居できる。いいや、これからさせてもらう」



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 街を眺めることのできる丘の上。
 くたびれた小屋を魔術で強化し、屋内を改装して住居を構えたキフレルは心穏やかに暮らしていた。

 小屋の入口に、揺り椅子に座って魔術書を読む。日光、風、空気は良好。キフレルの安息を強めた。陽が真上まで昇ったことを確認し、魔術書を戻すために室内へ戻ると、今度はじょうろを片手に現れる。膝を曲げて腰を下ろし、小屋の前に並んでいた花壇へ水を注ぐ。水の跳ねる音が耳心地良く思っていると、
後方の離れた位置から複数の気配を感じ取る。
 花壇のすべてに水を注ぎ、じょうろをその場へ置く。立ち上がって、首を僅かに動かし視線でちらりと背後を確認すると、遠くの方に見知った姿が見えた。向こうはキフレルが気付いていないと思っているのか、静かにするようにと笑いながらやり取りをしている。キフレルは呆れて深く溜息を吐いた後、右の示指を空中で弧を描くようにゆっくりと回しながら静かに詠唱を始めた。すると、その様子を見ていた人物、いや、大型犬が駆け出した。その駆け足に合わせてキフレルの指が早く動く。
「――キフレル」
 キフレルは声を掛けられると同時に、大きな声で詠唱を続け、忙しなく動いていた右示指の先を素早く背後へ向けた。すると背後でビシャンッと水が跳ねる音と、ゲホゲホと咳込むのが聞こえてきた。振り返ると、台風に遭遇したかのように全身が濡れているロルフと、さらに後ろで慌てた様子で駆けるメライ、そんなメライを見守りながら歩みのペースを変えないミットライトの姿が見えた。
「……せめて、事前に知らせてくれないか。おかげでなんの準備もできなかった」
「ゲッホ。キフレールッ!! ものすごく準備していたな!? その準備で私を水を浴びさせてきたのは誰かな、キミだねキフレルくん!!」
「相変わらず騒がしいな、鬱陶しい」
「何が鬱陶しいだ。寂しがり屋の癖に、こんな辺鄙な場所で一人暮らしを始めるから、私達が心配で来ているんだぞ」
「誰が寂しがり屋だ! 気色悪い! お前はどうやら余計なお世話という言葉を知らないようだな」
「心外だなキフレルくん。その言葉は何十、いや、何百も聞いているし、意味も理解している」
 ロルフの言葉にキフレルは額を押さえて俯き、メライは二人の間に入ってどうどうと困ったように笑みを浮かべていた。キフレルはそんな二人とメライの左腕にぴっとりとくっ付くミットライトを見て、観念したかのように息をついて顔を上げる。
「お前たちには敵わん、勝手にしろ」
 その言葉を聞いた三人は、顔を輝かせながら両手を合わせて喜びを表した。
 キフレルがその光景に微笑みを浮かべていたことを、ロルフが見て茶茶を入れるまで、あと少し。

 

趣味:釣り、庭の手入れ

 



 

このページをシェアする

メニュー

スキキャラ図鑑

+001~020
+021~040
+041~060
+061~080
+081~100
+101~120
+121~140
+141~160
+161~180
+181~200
+201~220
+221~240
+241~260
+261~280
+281~300
+301~320
+321~340
+341~360

メニューを編集する

※空白欄は管理人が随時追加しています。






更新履歴
取得中です。



カウンター

今日 -
昨日 -
合計 -

現在-人が閲覧中。


おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる