「いつかあの光は、太陽をも飲み込んでしまうんじゃないかな。」
「うん、戦ったらお腹がすいた!おやつにしようじゃないか!」
「神様はいないよ。少なくとも、ボクは見なかったね。」

「ボクはユウ。ユウ・カールステッド。最も旧く最も偉大な、人間の王から貰った名前だ。仲良くしようよ、新入りさん。」

ユウ=カールステッド
Yu=Carlsted
年齢:16歳
性別:女
身長:164cm
体重:51kg
一人称:ボク
二人称:キミ、あんた、おまえ、名前呼び捨て

【少女について】
龍族の唯一の生き残り。
一族を滅ぼす呪いの子として生まれた時から監禁されてきたが、5年前、スキハテが龍族を滅ぼした時に国に連れ帰られた。
自由奔放な性格で、よく周りにちょっかいをかけてたり、我が儘を言って困らせたりしている。比較的近い種族であるラルにはそれなりに懐いている。左目は見えておらず、光に当たるとところどころが宝石のようにきらきらと光る。
大鎌を振り回して戦う。基本的に戦いのことか食べ物のことしか考えていない。
龍の血族ではあるものの、完全に人の姿になったり、また完全に龍の姿になったりはできない。唯一尻尾だけは出したりしまったりが可能だが、動きにくいので普段はしまっている。

「あの光が霞んだら絶対に殺してやる。あの日、そう決めたんだから。」

【能力について】
時空間を移動することができる。移動条件は魂のみであること、つまり死ぬことである。一度別の世界へ移動してしまうと、もう二度と元の世界へは帰れなくなる。いくつもの世界を回っており、魂として生きた時間は5000年をゆうに超えている。以前いた世界のことはあまり覚えていない。そもそも回ってきた世界が多すぎて、いちいち覚えていると頭がパンクするため、基本的に忘れるようにしている。
ただし、とてつもない時間を魂で記憶しているため、精神は肉体の年齢よりもずっと大人びている。

「そうだね、随分残酷なお別れをしてきたよ。…なんでそんなことしたんだっけ?まあ、いっか!」

「キミがいつか死んでしまう日が来たら、ボクもその時一緒に死ぬよ。約束だ、決してキミを一人にはしない。」

製作者:EL
使用制限:特になし。


添付ファイル