名前:ロルフ - Rolf -
性別:男
身長:184cm
体重:74kg
特技:勇敢な行為、
武術全般上位含む古代魔術
癖:笑うこと
好きなもの:街の賑わい、森の中にある一輪花
嫌いなもの:世間一般で呼ばれる"悪"自分自身
認知日:3月6日

 世界を旅する青年。一か所に対して長期間の滞在・短期間での出入りをすることはないが、縁あって『海洋魔術都市イルボイド』に何度も訪れている。
 必要な時に現れず、不必要な時に現れることが多いため、スキフレルからは「昼行燈」と呼ばれることもしばしば。スキフレルの傍にいる少女のことは妹のように可愛がっている。
 明朗快活、暴虎馮河を具現化したような人物。困っている人を見かけると自分の用事を放って優先するお人好し
。イルボイド民からは邪険に扱われているが、それは愛あってのものだと、彼以外の皆(スキフレル含め)が理解している

 


【人物詳細】
・世界で唯一の「職業:勇者」であることを、スキフレル以外の人々に気が付かれていない。本人は知られても知られなくとも困ることはないので、聞かれたら答える程度に思っている。イルボイドでの知名度が極端に低いのであって、別所では名と顔が独り歩きして物語が綴られるほどの有名人。
・気が付けば旅をしていたと言うくらい、長い旅をしている。そのせいか、旅の目的を忘れることもある。
・スキフレルとは波長が合うことから友人関係を築いている。
・スキフレルの悪戯に介入することがあるが、最期にはひとり置いて行かれる。
・スキメライの悩みに気が付いている。
・魔術は扱えるが、本人曰く「気休め程度」。
魔術師としての腕はキフレルと肩を並べるほどの腕を持つ。
・彼が剣を抜いた姿を、誰も目にしたことがない。そのことに誰も気が付いていない。

 勇者とは、魔王に次ぐ、新たな脅威である。
 


【口調】

基本形:男性口調
一人称:「私(わたし)」
二人称:「キミ」・呼び捨て
「はーっはっはっは!! 呼ばれてはいないが参上させてもらった!!」
「なんだと聞かれても、素直に『勇者です』と答えて信じてもらえた記憶が多かったからな。……よし! 私は旅人だ!」
「力自慢大会か、それならば私も参加したい。なに、飛び入り参加は万国共通の盛り上げ役ってものだ! さあ盛り上げ役の許可をくれ! ください!」

「北にはこちらに向かって走るゴブリンたち東には落ちたら生命の危険がある崖。南には護衛の依頼人である商人たちが荷物を抱え、そして西には追撃と言わんばかりのワイバーンたち。……なるほど、これは面倒だな! いいや、面倒臭い!

対スキフレル:
呼び名:「フレル」「キフレル」
「なんだ、今度は何を企んでいるんだ? その企み、当然私にも役目があるだろう?」
「不思議だな、この都市は。何度も出向いてしまう、この都市を出てもすぐに踵を返してしまう。それだけ、この都市には魅力があるというものか」
「フレーーールッ!! なあフレルくん!! キミはいい加減に!! 予告無しの敵前逃亡を!! やめろ!! 魔術師が霊体から逃げるなんて聞いたことがない!! キミが初めてだ!!」
「ハハァ? キフレルや、キミはなにやら私を勘違いしていると見た。その細腕
を差し出せ、今夜の麦酒を賭けた勝負をしよう

▽対スキメライ
呼び名:「メライ」「お嬢」 気分によって変化する
「はっはっは。お嬢の性格は長所だが、そのままだと損してしまうぞ」
「精霊術に長けた弓使いが仲間にいたら、旅が楽になるんだろうな。そんでもって魔術師なんかいたら、最高のパーティーだ!」
「もっと欲張るといい。できないのなら練習あるのみだ。さ、私に向かって『あそこで売っている人形焼が食べたい』とおねだりしてみな」
「メライ、ちょっと保護者には内緒のお使いをしよう」


???
一人称:
「我(おれ)」
二人称:「貴殿」
「――は、ッハッハッハ!! 素晴らしい!! 実に好い、好いぞ!! 流石は気触れる、伊達にそう名乗ってはいないということか!!」
「虚偽に付き合う必要がどこにある? 我は真実を見定めなければならないのだ。生憎、我には舞台鑑賞の趣味はない」
「碧色の魚人、貴殿はそこまで堕ちたと、愛する者のところまでわざわざ堕ちてやったというのか……」


製作者:Eif
使用制限:現在のところなし。



























 

「私には不必要な存在が居る。私がこうして生きていることを終えてしまわなければいけないほどの、この世界で不必要な存在だ」

「それはずっと昔から、私が母さんの腹の中にいる時から、ずっと居る。私の中に、魔の王が居るんだ」

「みなそれを知らずに私を勇者と呼ぶ。勇者としての私を信用、信頼し、慕っている。
 勇者の剣を抜くことのできない私が、勇者だなんて酒場のつまみにすらならない冗談だ。
 私は後にも先にも、私という存在を否定し、悲しみ、憤り、憎み、……殺さねばならない」


「私は、死にたくない」

ロルフとして、なんの柵を持たない、ロルフとして生きたいんだ」


「もっと楽な魔王退治があればいいのにな。

 そう思うだろ?

 トロイメライ。夢想、情景のお嬢さん」




「本当は気が触れてなんかいない。
 それは自分に都合の良い夢を見るための、手段の一つにすぎない。
 いつまでも穏やかな日常を夢見る赤子のように、揺り籠に守られるのは、もうおしまいだ。
 真実に向き合う刻が訪れた。

 スキフレル。魔を統べる王よ。

 私は運命に決着をつける。
 これは勇者として世界を救う為でも、お前を正す為でもない。

 私の、ロルフの為だ」

 

添付ファイル