ため



性別不明。

スキモノが錬金術実験中、誤って薬を零してしまい置いていたノートにかかって生き物になった。
どうやらノートに書いていた文字のどれかから生まれたらしい。
言葉を発する事は無いが、意思は持っている。
かなり学習能力が高くスキモノの命令をよく聞き、診察などの助手を務める。
が、時々スキモノの指示と間違った行動を取る事がある。
体の大きさは自由に変えられる。
食べ物を食べることが出来るが排泄する器官はなく、食べたものがどこに行くのかは分からない。
人を襲うことはなく、社交性が高いがスキモノには稀に噛みつく。
スキモノに対して敵意はなく忠誠心は多少あるようだ。
たまに仕事中のスキモノの横でスケッチブックにお絵かきをしている。
ぶっちゃけスキモノはこいつが何なのか分からない。
様子を観察しつつ世話をしている。

添付ファイル