「スキアミ」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

スキアミ」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <p><font size="2" face="arial, helvetica, ヒラギノ角ゴ Pro W3, Hiragino Kaku Gothic Pro, Osaka, メイリオ, Meiryo, MS Pゴシック, clean, sans-serif" color="#603C22"><span style="line-height:20px;"><img alt="" src="http://cdn57.atwikiimg.com/sukichara/?cmd=upload&amp;act=open&amp;pageid=80&amp;file=%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%83%9F3.png" /><br /></span></font></p>
 <p><span style="font-size:medium;">名前 スキアミ<br /><br /><sup>性別:女<br />
 身長:135cm<br />
 体重:31kg<br /><br />
 好き:どら焼き(抹茶味なら尚好物)、りんご飴(食べるのは下手)、<span style="color:rgb(128,128,0);">生物全般、森の匂い、静かな夜</span><br />
 嫌い:肉類(魚も)、火気、<span style="color:rgb(128,128,0);">ゴム風船</span>、機械の排気、極度の暑さ、傷つけること<br /><br />
 一人称:私<br />
 二人称:○○さん(名前が分からない人に呼びかけるときは、袖を引っ張ったりする)<br /><br /><br />
 どこかの山中にある隠れ里からやってきた少女。人間。<span style="color:rgb(128,128,0);">巫女のようなもの</span>。<br />
 その体に<span style="color:rgb(128,128,0);">地獄の番人である蜘蛛を宿し</span>、地獄から不正に抜け出した罪人や現世に留まる悪霊を狩る手伝いをしている。<br /><br /><br /></sup></span>①性格<span style="font-size:medium;"><sup><br /><br />
 里の中でも軽く隔離されて育ったため、<span style="color:rgb(128,128,0);">衣食住にまつわる最低限の常識は持っている</span>、というレベル。<br />
 故に浮きまくっているが、良く言えば<span style="color:rgb(128,128,0);">神秘的。</span><br />
 里には人間しかいなかったので、人間以外の種族の人に会うとびっくりするはず。<br /><br /><span style="color:rgb(128,128,0);">無口</span>。余程打ち解けなければジェスチャー(頷く、首を横に振るなど)でしかコミュニケーションを取らない。<br />
 表情の変化もあまりないが、強く恐怖すると泣く。笑顔が見れたら打ち解けた証拠。<br />
 交流のしかたが分からないだけで他人嫌いの気はないので、敵意がないことを示せば懐く。<br />
 また大人しく<span style="color:rgb(128,128,0);">気弱そうに見えるが、意外と芯は強い</span>ので簡単にはめげない。<br /><br />
 自分の境遇や使命に関して、「そういうもの」と認識し深く考えたことがないため、<br />
 他人に対してもあまり根掘り葉掘り聞き出さずに説明されたままを受け入れる。<br />
 ただし、<span style="color:rgb(128,128,0);">他人が「そのような言動を起こすに至った理由」を見ることが出来る</span>ので、<br />
 嘘をついていると分かった時はかわいそうなものを見る目をする。<br /><br />
 無知をからかわれることはあまりこたえないが、<br />
 ジョークが通じないことなどが原因で<span style="color:rgb(128,128,0);">場の空気を変にすると罪悪感を抱く</span>。<br />
 振った方も怪我をする可能性があるので、冴えない顔をしているからといって無理に笑わせない方が吉。<br /><br /><br /></sup></span>②仕事<br /><span style="font-size:medium;"><sup><br />
 簡単に言えば、悪霊を狩る使命を持っている。<br />
 ただし、スキアミ本人の使命と言うよりは、蜘蛛が目的を果たすための拠り代としてスキアミが選ばれた。<br /><br />
 何かを敵とみなすと<span style="color:rgb(128,128,0);">背中から巨大な蜘蛛の脚を生やして攻撃してくる</span>が、<br />
 更に本気を出すと蜘蛛の巣状の結界で自分と相手を囲い込み、<br />
 恐ろしく俊敏な動きで飛び回って確実に息の根を止めようとする。<br /><br />
 この脚のために背中はほぼ露出しているが普段は髪の毛で隠れる。<br />
 頭についているのは蜘蛛の目っぽいものであってただの飾り。<br />
 姿を変えていないときには攻撃手段はない。<span style="color:rgb(128,128,0);">好戦的でないどころか傷つけることが嫌い</span>なので、<br />
 苦手なものを押し付けたりしなければ攻撃されることはない。<br /><br />
 スキアミが蜘蛛に自分の体を「隠れ蓑」として提供する代わり、<br />
 蜘蛛は自分のターゲット以外でも、スキアミに危害を加えようとするものを攻撃する。<br />
 二人はお互いの目的のために、体や力を貸し借りしている関係に過ぎないので、<br />
 会話をすることもなければ、意思疎通さえしない。<br />
 蜘蛛が戦うと決めたなら、スキアミは抵抗できない。<br />
 たとえ、有無を言わさず地獄に落とすことがためらわれても、<span style="color:rgb(128,128,0);">スキアミに選択の権限はない</span>。<br /><br /><br /></sup>③能力<sup><br /><br />
 蜘蛛とは関係のないスキアミ自身の能力として、<br />
 「どうしてこんなことを言うのか」「どうしてこんなことをするのか」など、<br />
 相手が今取っている行動の理由を見ることが出来る。<br />
 本人が「理由」を意識して行動していなくても、<br />
 「理由」にあたるものが相手の記憶にある場合は読み取ることが出来る。<br />
 逆に、本人が「理由」を憶えていない場合は読み取れない。<br />
 例えば、心的外傷によって自他に傷害を負わせたり、何かを特別に恐怖したりしている相手が、<br />
 「心的外傷」にあたるものを憶えていれば見ることが出来るが、それ自体忘れてしまっている場合は読み取れない。<br /><br />
 また、<span style="color:rgb(128,128,0);">植物を操る能力がある</span>。<br />
 その能力は自然の理に逆らわない程度のものなので、<br />
 いきなり木を生やしたり、植物を生長・蘇生させることまでは不可能だが、<br />
 草がそれなりに生えている場所であれば、足を引っ掛けさせて転ばせる程度は簡単。<br />
 また、薬効や毒性を一目で判別することが出来る。<br />
 スキアミが立っていると、なんとなく草が道を開け、なんとなく花がそちらを向く。<br />
 お友達。<span style="color:rgb(128,128,0);">動物ともまぁまぁ仲が良い</span>。<br /><br /><br /></sup>④その他<sup><br /><br /><span style="color:rgb(128,128,0);">体は小さいのに食べるのは好き</span>。さっき食べたばかりでも食べられるものを差し出されると食べる。<br /><span style="color:rgb(128,128,0);">喋り方は敬語</span>だが、独り言など誰にも話しかけていないときは例外。</sup></span><br /><span style="font-size:small;">足首、腰、手首、首、頭につけている<span style="color:rgb(128,128,0);">アクセサリー</span>は里の人たちの手作りで、<br />
 主に植物性繊維と石でできている。<br />
 それ自体が武器になることはないが、スキアミが自然を操る力を強めているらしい。</span><span style="font-size:medium;"><sup><br /><br /></sup></span><span style="font-size:medium;"><sup><br />
 「……教えていただいて、ありがとうございました。」<br />
 「……あの、ごめんなさい、お肉……苦手で……」<br />
 「ここにもいるの……かわいそうに……」</sup><br /><br /></span><span style="font-size:small;"><br /></span></p>
-<hr /><p><span style="font-size:medium;"><sup>製作者:光機(snipers_lover)</sup></span><sup><span style="font-size:medium;"><br /></span>属性:少女・巫女っぽい職業・普段は敬語なのに特定の時だけ変わる・声が小さい<br />
+<hr /><p><span style="font-size:medium;"><sup>製作者:光機(snipers_lover)</sup></span><sup><span style="font-size:medium;"><br /></span></sup><span style="color:rgb(0,51,102);"><span style="font-size:small;">属性:少女・巫女っぽい職業・普段は敬語なのに特定の時だけ変わる・声が小さい<br />
 外見:長髪・裸足・眠そうな顔・憐れみの目・無いようなあるような胸・ふわふわひらひらした服・よく見るときわどい服・ちょっとしたボディペイント・他の生物のモチーフ・石や木のアクセサリー<br />
 色:エセ和風な模様と色・ぼんやりした色・反対色<br />
 性格:物静か・純粋さ・お行儀が良い・常識人の世間知らず・ジョーク通じない・弱気なのに頑固・食べるの好き・変な弱点<br />
 雰囲気:土とか草のにおいがしそう・神秘性・浮世離れ<br />
-特殊能力:弱そうな見た目からのグロい形態変化・自分で制御できない力を宿す・別人のような一面・使命があって仕方なく・自然と通じ合える</sup></p>
+特殊能力:弱そうな見た目からのグロい形態変化・自分で制御できない力を宿す・別人のような一面・使命があって仕方なく・自然と通じ合える</span></span></p>
 <p><span style="font-size:small;">使用制限:エログロ両方制限なしです。同性愛もOK、性転換でもふた化でも巨乳化でも。仲良し設定とかもお好きにどうぞ。</span><span style="font-size:small;"><br /></span></p>