※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#################################################################################

#コマンドプロンプトで
REN *.* *.*.hdf #すべてのファイルに拡張子()

#hdpでデータをテキストに
hdp dumpsds -a -d -x A20031522003181.L3m_MO_FLH_ipar_4km.hdf > par.txt
hdp dumpsds -a -d -x A20052132005243.L3m_MO_NSST_4.hdf > sst.txt

#hdfファイルのヘッダー情報を見る
(スロープ、切片、データの繰り返し等の確認)
hdp dumpsds -a -h -x A20031522003181.L3m_MO_FLH_ipar_4km.hdf > headerpar.txt
hdp dumpsds -a -h -x A20052132005243.L3m_MO_NSST_4.hdf > headersst.txt

#ここからはRの作業 #緯度のスタート42度の場合
24*(90-42)=1152
#緯度の終わり44度未満
24*(90-44)+1=1105
#経度のスタート144度
24*(144+180)-1=7752
#経度の終わり147度未満
24*(147+180)-1=7847

#光合成有効放射量
dp <- scan("par.txt") #データをスキャン
dpp <- matrix(dp, nrow=4320, ncol=8640, byrow=TRUE) #データを行列に変換
dpp <- replace(dpp, which(dpp == -32767), NA) #-32767をNAに置換
dppp <- dpp[1105:1152,7752:7847] #N42-44, E144-147
image(dppp)

#表面水温
d <- scan("sst.txt") #データをスキャン
dm <- matrix(d, nrow=8640, ncol=8640, byrow=TRUE) #データを行列に変換
dm <- dm[1:4320,1:8640] 
dm <- (dm*0.000717)-2
dm <- replace(dm, which(dm > 40), NA) #-32767をNAに置換
dm2 <- dm[1105:1152,7752:7847] #N42-44, E144-147
image(dm2)

###################################################################################
|