スティックを持とう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最初は、どんな持ち方でもかまいません。
こだわらずに、デタラメでも良いので、「大きな音で」しばらく叩いてみましょう。

      • いかがですか?

手が痛くならない人は、そのままの持ち方でOKです。

痛くなる人は、うまく持てていません。手の一箇所に負担が集中していませんか?

以下のことを試してみてください。

中指、薬指、小指の「はら(指紋のところ)」がスティックに当たるように、ふわっと包むように持ってみましょう。衝撃が、多くの指に分散するように。

大きな和太鼓を叩くときのようなイメージで、腕全体を使って、スティックの全体がバウンドするように振ってみましょう。遠心力ができるだけ生まれないように。

大きな音を出しても痛くならない持ち方が、良い持ち方です。詳しくはグリップのページで解説しますが、ここでは「包み込むように」というイメージを覚えてください。