株式会社ソニー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昔からステマで有名な会社。
掲示板や個人サイト上でソニー社員が、社内からのアクセスで自社擁護・他社叩きをやっていた事がIP記録から判明した
「ゲートキーパー問題」は、ネット上で最初に有名になったステマである。
 参照: wikipedia「ゲートキーパー問題

はちまJINの書くゲームソフトの記事の殆どはソニー贔屓であり、ソニーの役員が彼らを会食に招いた事もある。
後年になっても度々問題が頻出し、2012年一月にも株式会社WillViiによるステマの疑いが指摘されている。
それらの疑惑が浮上した後にも、株式会社WillViiによるソニー製品の体験会にはちまが招かれ、記事を書いた事もある。

2013年7月、「INSIDE」「GameSpark」等のゲームニュースサイトを運営する株式会社イードがソニーからのPR記事を明示し始め、ついにソニーと金銭の授受がある事が立証された。
「INSIDE」はかつては「NINTENDO INSIDE」と言う名の任天堂ファンによる個人サイトだったが、イードによって買収されている。

韓国関係

過去、韓国企業サムスンと資本・技術提携していたが、ソニーの経営悪化に伴い、サムスンはソニーの持ち株を買収。
技術を持ち逃げされる形で提携解消されているが、現在は米Gaikaiを買収している。
(GaikaiはサムスンとLGと提携していたのでもしかしたら……)

また、はちま達ソニーシンパのまとめブログの多くがライブドアであるのも有名。
ライブドアは過去に韓国企業NHNに買収され、現在NHNはLINEと名を変え、LINE、NAVER等も運営している。
ライブドアのアフィブロガーがゲーム機の記事で任天堂を攻撃する傾向にある事は、言わずもがなに有名な話。

また、サムスンは2013年9月末頃、台湾のライバル企業を誹謗中傷するネット工作を繰り返し、現地の公取委に摘発され、
サムスン自身事実であると認め、謝罪を行っている。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130418/its13041811110000-n1.htm
日本で同じ事をしていないと、どうして言えようか。

中国関係

検索サイト「百度」を運営する中国企業「Baidu.com」の社外取締役に、元ソニーCEOの出井氏が就任している。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/06/27/16172.html


日本人ではない荒らしについて

各所で見かける掲示板上の工作員は、日本・日本人を煽る内容も多く、非日本人率が相当高いのでは、との定説も存在する。
特に、2ch嫌儲板、ニュース速報板等では、毎日のように「ジャップ」を連呼するスレが大量に立ち、日本人を煽り続け、
アフィブログにおいても、下記のような事例が見られた。

  • はちまは震災時に不謹慎な記事を作っていた。
  • やらおんも「時代は中国のアニメだ」と賛美記事を書いた事がある。
  • やらおんが書いた記事で、日本語力が著しく乏しいものがある(少なくとも記者の内一人が非日本人?)。
  • やらおんが記事に利用していたツイッターのスクショに、一般的な日本語フォントでは無いものが混じっていた。

また、他のまとめサイト・アフィブログでも、多かれ少なかれ、同様の「非日本人的」な傾向は頻々と見受けられた。
現在では、政治的に時流が変わったためか、逆に韓国ライブドアにおいても愛国心を煽るアフィブログが増加傾向にある。