※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mダイザーの恫喝行為について、警視庁へ直接相談していましたが、やっと連絡が入り 本日(2014年04月20日)指定された警察に行き、全てを話してきました

まず、結論から報告します。

Wが裏口に対し「告訴状を提出した・近日逮捕される」と、ブログで明言しているのは 全くの虚言でした。

先程、所轄担当者様からW氏に直接電話をして頂き、本人も含め確認した事実です。

Wが真実刑事告訴をしているのならば、自首する覚悟で、本日警視庁を通して
指定された警察に出頭してまいりました。

その担当者がWに直接電話して得た回答です。

「(告訴他)考えてはいるが、まだ行動を起こしてはいない。裏口がサイトを抹消し謝罪するなら告訴はしない」とWは答えていました。詳細は非公開とさせていただきます。

裏口自身、かつてはWの言葉を信じ 無関係な方々に対する無礼の数々に心ならずも加担した事は事実であり、メッセでお詫びしても許されるとは思いません。
今回の出頭で「逮捕」されるならば、それをもって皆様に謝罪とさせて頂く所存でした。

ご不快な思いをなされた方々は、申し訳ありませんでした。
これでお許し頂けるとは思っておりませんが、自分なりのけじめとさせて頂いたつもりです。

次にW被害を受けている方々に対しての返答です。

被害者の会が、真実結成されているなら加入してください。
個々の被害に対しては、「泣き寝入りせず自ら勇気を持って最寄の警察にご相談ください」

裏口は本日担当者様にそう申し付かってまいりました。

なにかあれば、すぐご連絡くださいとも お言葉を頂いております。
裏口としての活動は、これをもって一旦終了とさせていただきます

最後にW氏へ。

たとえ告訴・逮捕されようとも、このサイトに虚偽はありません。

新たな被害者が生まれない為にも、今後自分から削除するつもりはありません。
刑務所に入れられようが、この考えは変わりません。

あなたが犬を人質にするならば、私は自分の命を盾とする覚悟です。

これ以上哀れな犬や善良な方々を陥れる真似は、断固として許しません。

ここに宣言いたします。