※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1

Assault Railgun

アサルトレールガンはとてもバランスの良い戦闘機用タレットだ。すぐ集弾性が悪くなる上にオーバーヒートしやすい欠点を持つが、それを解決すればいつまでも使っていられる逸品である。中距離で特に効果を発揮する。ストラクチャーに対して有効

+ パラメーター詳細

2

Plasma Gun

プラズマガンはとてもバランスの取れた軽戦闘艇用タレットだ。射撃をすればするほど集弾性が高まる面白い性質を持っているため中距離では使いやすいが、近距離ではその集弾性の良さが却って仇となる危険性がある。シールドに対して有効

+ パラメーター詳細

Beam Cannon

ビームキャノンは照射系武器では初めて登場するフリゲート用タレットだ。従来の兵器とは違い照射時間によってダメージが変わる上に冷却時間が長く、遠距離では敵に当たらず近距離では高速機動に翻弄される・・・しかし照準をきちんとすれば即着弾の上に火力が高いため宇宙船殺戮兵器へと変貌を遂げる。中距離で効果を発揮する。シールド・ストラクチャー双方に有効

+ パラメーター詳細

3

Gauss Cannon

ガウスキャノンはチャージをすることによって命中率と熱量が上昇する戦闘機用兵器である。高威力・長射程・低レートとロマン武器に片足突っ込んでいるような気がするが、そのようなことはない。特別に早い弾速は高速移動をする軽戦闘艇や装甲をばら撒きながらスラスターをこちらに向けているフリゲートには恐怖の対象である。遠距離で有効。ストラクチャーに有効

+ パラメーター詳細

4

Pulse Laser

パルスレーザーは照射系武器の弱点でも長所でもあった点が改変されAIMアシストがされるようになった。そしてその代わりに照射が断続的になり、射程は縮み、更に集弾性の概念が追加された。火力は依然として高いが対応機種は軽戦闘艇のみである。近距離で特に有効。シールド・ストラクチャー双方に有効

+ パラメーター詳細

Positron Cannon

陽電子砲はチャージすることによって威力と集弾性、そして熱量が上昇するフリゲート用兵器である。射程はなんと全武器中最長を誇り(!)威力も高い。弾速は狙撃武器にしては遅いがそれでも通常の武器とは比べ物にならないほど早い。スラスターをジンバルし誘惑する敵もこれなら射止めることができるだろう。遠距離で特に有効。シールドに対して有効

+ パラメーター詳細

Singularity Cannon

特異点射出機は接触する敵全てに大ダメージを与えるエネルギー球体を射出する戦闘機用範囲制圧兵器である。弾速は遅く発射レートもかなり低いためロマン武器扱いされる場合もあるが、決してそのようなことはない。近距離に入れば軽戦闘艇でも回避不能の範囲攻撃とフリゲートを一瞬で溶かす事も可能である火力が同時に手に入るためである。問題はどうやって近距離まで近づくか・・・。シールドに対して有効

+ パラメーター詳細

5

Shrapnel Cannon

榴散弾砲・・・は、近距離に於いてとても効果的な軽戦闘艇用面制圧兵器である! ただし着弾時に爆発したり一定距離進んだら弾頭が分散したりはせず純粋な散弾を発射する。宇宙空間での距離感はかなりひねくれているためきちんと管理しよう。ストラクチャーに対して有効

+ パラメーター詳細

Coil Mortar

コイルモーターは爆発性の弾頭をローレンツ力で射出するお手軽範囲攻撃兵器である。爆風が何もない宇宙空間のどこを伝播するのかは不明だが、とにかく爆発範囲内の敵全てに対してダメージを与える。壁の向こうの軽戦闘艇やスナイパーにまとわりつくレコンも壁撃ちやフレンドリー・ファイアーで粉砕可能なとっても味方に優しい兵器である。メディックのドローンだって怖くない。難点は連射性の低さとフリゲート以外に搭載ができない事である・・・。中距離で有効。ストラクチャーに対して有効

+ パラメーター詳細

Flux Phaser

流体移相装置はオープンスペースでお馴染みのフレアの効かないミサイルを戦闘機に搭載した物である。クリックしている間射出されるプラズマ球体は機体から伸びるレーザーを頼りに軌道修正し、着弾すると爆発する。レーザーは岩の向こうや構造体の内部だろうとお構いなしに誘導するため擬似的な曲射も可能。発射後にカーソルから手を離すとその場で爆発する性質を利用すればある程度連射も効くが、そもそも発熱量が高い上に熱キャパシティが少なく、おまけに冷却までの時間が少々長いため近接戦になると一方的に殴られる事となる。最も、反対側を向いて撃っても誘導さえしっかりしていれば確実に当たるので使い手次第なのは他の武器と同じである。シールドに対して有効

+ パラメーター詳細

6

Heavy Blaster

ヘヴィー・ブラスターはその名に恥じぬ大火力で敵を葬るゴキゲンなフリゲート用兵器である。それ以外の説明は不要である。とりあえずスナイパーに搭載してDPSを見てみよう。説明は不要だが一応イメージが出来ない人のために説明するとこの武器はFPSでいうガトリングガンのような性質を持ち、打ち始めは連射力が低く、精度がいいが少し経つと連射力が打ち始めより高くなり、もちろん精度も低くなるので連射が早いショットガンのようになる。なので最終的に弾幕になる。中距離で有効。シールド・ストラクチャー双方に有効。

+ パラメーター詳細

Ion Emitter

イオンエミッターは照射系武器の長所を更に伸ばした戦闘機用兵器である。同一目標に対して連続して照射すると威力が上昇する。同時に冷却性能も向上しており、唯一改良されていないのはその狙いづらさのみである。シールド・ストラクチャー双方に有効

+ パラメーター詳細

RF Blaster

ラピッドファイア・ブラスターはその名の通り速射のできるブラスターだ。なんとこの兵器はプラズマガンよりも分間発射数が30 "も" 多い! そして射程はその半分である。しかしながらこれはとにかく当てやすい。追撃のプラズマ、格闘戦のブラスターと考えれば間違いは無いだろう。シールドに対して有効

+ パラメーター詳細

Meson Cannon

中間子砲は見る者を圧倒し、同時に魅了する弾幕を展開する新世代型艦船用兵器である。最も、見惚れて射線に入った船の末路は何時だって死のみであるが。

駆逐艦専用

Coilgun

中間子砲と対を成すコイルガンは統一された小口径主砲による一斉射撃によって敵を撃滅する事を主眼に設計されており、ある種時代の節目を感じさせる新世代型中距離型兵器である。但し中距離と謳っておきながら最大射程は陽電子砲に匹敵する。

駆逐艦専用

7

Gravi-Beamer

重力ビーム砲は攻撃とデバフを同時に与える恐怖の戦闘機用兵器である。最高速度が41.2%も低下するため、これに捕まったら最後決して逃れることは不可能である。但しその特殊性故にタックラーにしか搭載できない。シールド・ストラクチャ双方に有効

+ パラメーター詳細

Mass Driver

マスドライバーはヘビーブラスターと同じ感覚で使用できるフリゲート用兵器である。但しマスドライバーは連射すればするほど弾速が早くなり連射速度は変化しない。またヘビーブラスターが熱攻撃であったのに対しマスドライバーは物理攻撃であるためシールドに対して効果は劣るがストラクチャに対してはヘビーブラスター以上の効果が期待できる。中距離で特に有効

+ パラメーター詳細

Phase Suppressor

流体抑制装置は軽戦闘艇用兵器としては長距離攻撃が可能な兵器である。説明書には攻撃対象の回復効果を低下させるとあるが、詳細は不明である。(追記希望)シールド・ストラクチャ双方に有効

+ パラメーター詳細

Kinetic Supercharger

キネティックスーパーチャージャーはECM艇のみが装備できる特殊兵器である。この兵器は「衝突ダメージ」を敵に与えるらしく、シールドを貫通してストラクチャーにダイレクトアタックができるようだ。詳細は不明である。(追記希望)ストラクチャーに対し有効

+ パラメーター詳細

'Eclipse'Launcher

エクリプスランチャーは名前の通りデバフを与える兵器かと思いきや、なんと回復と攻撃ができる遠距離兵器である。搭載できるのはメディックだけであるがそれでも貴重な回復手段であるためチームに一つは欲しい癒し系兵器である。案外奪っているのは敵の戦闘継続能力と味方の集中力かもしれない。シールドに対して有効

+ パラメーター詳細