狂師列伝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆W高を支配した、ひとクセもふたクセもある狂(教)師たち。それは古今東西まれに見る偉大な奇人・変人たちの伝説の数々である。50音順。

「リトル高山・ビギニング」
地学担当。当時60歳くらい。
小柄で痩身、顔も穏やかだが、非常に負けず嫌いで頑固な性格である。
常に白衣を身に着けていた。趣味は川辺で石拾いをすること。
体育教師のハヤシは彼の教え子であった。
事あるごとに自分の軍隊時代の話をするのが好きで、少しアメリカかぶれなところもあった。
どうやら早稲田大学の関係者であったらしく、いつも同大学のことを自慢し、同大学の一員であることを誇りに思っていた。
彼の特徴および主要事件を下記する。
①言葉の終わりに、かならず「そうだろ?」を付け加える
自分の言説に否定の余地がないことを強調するためであり、必ずしも同意を求めているわけではない。
いちどゼニスとムタが、気弱な33Dに「そうです」と応答させようとしたが、これはついに実現しなかった。
②「ドリンクする」
なぜか言葉を英語に変換するのを好んでいた。
「早稲田大学の学生が、講義中にジュースを“ドリンクする”」という違和感のある表現をしたこともあった。
不良生徒のオオシマを叱責したさいに、「スタンドアーップ!」と叫んだこともあった。
③「モホロビッチッチ事件」
地層学の授業で、「モホロビチッチ連続面」について話が及んだ。
そのさいにリトルは黒板に「モホロビッチッチ」と誤記をし、それをゼニスが問いただしたところ、頑として自分の非を認めなかった。
軍隊では、非を認めたら負けを意味し、負けを認めたら死を意味すると教わったのであろう。
リトルは言葉の発音によっては「ビッチッチ」もあり得ると主張し、「ゲーテをギョエテと発音する国もある」という、この場合に適切であるとは思えない例を持ち出して、反論した。
このおかしな自己弁護によって、授業が10分以上も中断した。
④そのほかの口癖を下記する
「だからW高生はダメなんでしゅよ!」「ワシェダに来てみろ!」「軍隊では3分で着替えないとひっぱたかれるんでしゅからね!」
⑤十八番技(おはこ)
  • 軍隊式敬礼
  • 鉄柱攻撃(※)
※詳細は用語集にて
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。