生徒データベース


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆W高生徒についての情報。狂師に劣らず極めて個性的な生徒たちが数多く在籍していた。50音順。

「アニオタ:メシ川」
高校1年時代。
何かと話題にあがるメシ川が起こした数ある事件の中で、
特に有名な事件が以下の二つだ。
①チンポ半立ち事件
②屁こき逆ギレ事件
ともに臨海学校時におきた事件である。
詳細は後日記述する。


「数学者サエキ」
W高随一の数学的知能の持ち主。
実家は寿司屋であったが、家業を手伝うのを嫌い、自室にこもって数学の問題を解いていた。
中学生の頃の趣味は微積分を解くことであった。
体格は小柄で、「コンニャクのように、骨格をまったく持たないフニャフニャ体質」という極めて特異な体質を持っていた。
この体質によって、サエキはあらゆる関節技を無効としたため、W高プロレスではトリッキーな存在としてトップレベルの地位にあった。
この体質と頭脳に目をつけた銀河皇帝ゲロヒロは、一時サエキを舎弟として従えていたが、自分の引き立て役としてしか扱わないゲロヒロに対し業
を煮やし、ついに「咬ませ犬発言」をしたうえで離反するにいたった。
サエキはいつも坊主頭であったため、陰毛を剃ったゼニスが「ホモナベ・エッタヤス」から陰毛の生え具合を質問されたさいに、「サエキちゃんの頭の毛ぐらい(生えた)」と答えたことがある(ホモナベはなぜか爆笑していた)。


「ストⅡ軍団」
高1時代。
5組に複数存在した女子派閥のなかで、最強を誇ったグループの呼称。
ベガを筆頭に、サガット、バイソン、チュンリー、本田の5名で構成されていた。
その性格・容姿ともに圧倒的な存在感と威圧感を誇り、女子はもとより男子からも恐れられていた。


「セガチン」
高校2年時代。
ゼニスのクラスメートの一人。
サラサラ真ん中分けでメガネを掛け、当時にしては時代遅れなボンタンを身に付けていた。
また同じクイズ研究会に所属するマブダチのコイソからは、「ファルコン」と呼ばれていた。
名前に「隼」が付いていたため、そのように呼ばれていたのであろう。
外見としては、クールな二枚目で、いかにもバスケが上手そうに見える。
が、彼ほど外見と中身にギャップのある生徒はいなかった。
特に二枚目の要素も無く、バスケは上手いというより、お世辞でも普通未満であった。
また高校2年時の修学旅行時に事件が起こった。。。
旅館の風呂場で起きた「セガチン チンポ丸出し事件」だ!!!
旅館風呂場の蛇口は、「赤色」を回すと熱湯が出るため、「青色」も同時に回して、
温度調整することがある。
セガチンは家の風呂蛇口と同じように、「赤色」を捻れば”丁度良い温度”のお湯が出ると思い、
「赤色」だけを思いっきりいつものように回した。

「ぅぁ熱ちぃぃぃぃぃぃぃっ!!!!」


セガチンの悲鳴が風呂場に木霊したとき、腰に巻いていたタオルがはだけ、
セガチンのムスコがゼニスの目の前であらわになってしまったという事件。





「ファミコン大好きスエツグ」
高校3年の受験準備で忙しい時期に、親にファミコンを隠された男。
また数学(選択授業)の時間に、
「無限大に収束する」という名言を言い放った男。
数学上、無限大に「発散する」ことがあっても「収束する」概念はない。
この発言をした時に、周りの学生(教師も含め)に笑われていたが、
唯一サエキだけが笑わずに真剣な面持ちであった。


「ヘドロウェーブ研究所」
高1~3時代。
不気味な微笑みと独自の語り口で、神の世界を説いた宗教家の名称。
昼食のさいには必ず神に祈りをささげていた。
「ヘドロウェーブ」「ヘドロなみ」とも呼ばれる。「ヘドロウェーブ」がもっとも一般的。
「ヘドロ」の名称は、彼のヘアースタイルに特有の、ツバキアブラで固めた天然パーマが波打っていたことと、彼のカバンが薄緑と茶色の混合であったことにちなむ。

「微笑中学生」
W高校通りに、かなりの高確率で出現する中学生。
正式名称は「ヒラノ・ケンタ」。
普段は微笑する程度だが、
ムタが一度だけめちゃくちゃ機嫌の良いヒラノを目撃したことがある。
なおその時ヒラノは「キャンディー・キャンディー」の主題歌を歌っていた。



「モハメド・アブドゥル・ブッチー」
高1~3時代。
W高に在籍した生徒のうち、唯一アラブ系の血を引く男。
この男についても数多くの伝説が残されている。
中東の巨大テロ組織のメンバーとして暗躍し、米FBIのwebサイトにもトップレベルの国際指名手配犯としてリストアップされていた。
W高入学当初は単独で行動していたが、後に日本人の生徒2人を舎弟にし、以後常に3人のユニットで行動するようになった。
これはおそらく、暗殺やFBIの追っ手を警戒していたためと考えられる。
また、在学中「モツ」という偽名を名乗っていた時期もある。
この男の伝説については、後に別枠で列挙する予定。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。