風間事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆「風間事件」とは、W高1年時代に展開された、最高のフィクション劇である。
クラスメートが一丸となって、ひとりの男を完璧に近いフィクションの世界におとしいれた。
それは完全なチームワークのたまものであった。

■登場人物説明

●風間
某県立の進学校O高校に通う高校1年生。
髪の毛の緑色が彼のトレードマーク。
O高校の総番長。また某県東地区の総番長を兼任する。
西地区の火山(ヒヤマ)ジョージがライバル。

●火山(ヒヤマ)ジョージ
某県立のH高校に通う高校3年生。通称ジョージ先輩。
某県西地区を統括する総番長。
前年の全国総番選手権にて、某県代表の総番長として出場した。
風間のライバル。
また高校1年の時に、教師を4階から突き落とすなど、
数多くの武勇伝をもっている。
(↑この話はシンドー君からゲロヒロに共有してもらった。)

なお名字が火山(ヒヤマ)が、本来は「桧山」だろ?!
とクソナベ・エッタ康に突っ込まれたこと覚えている。
→この辺りにもフィクション臭さが漂っていた。

●金城君
某県立のM高校に通う高校1年生。
M高校の総番長。副番長の竹林とは無二の親友。
なお「ニセ・ゲロヒロ」がM高校に出現し、
金城君にケガを負わせた事件が起こった。


●竹林
某県立のM高校に通う高校1年生。
M高校の副番長。番長の金城とは無二の親友。
通称:バイオニック(超生命体)竹林
「ニセ・ゲロヒロ」の事件がきっかけで、ゲロヒロに宣戦布告した。
W高校で日曜日に模擬試験がある日に、
六本木のダイヤモンドというスナックにゲロヒロを呼び出そうとした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。