W高


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆公立奇天烈W高校に関するデータベース。50音順。
3/7
≫更新情報:「咬ませ犬発言」、「便所ブリブリ事件」追加。W高内メニューを追加。「生徒データベース」に「数学者サエキ」追加、いくつかの生徒情報を移動。

「W高」内メニュー作成中・・・



「イボイボ付きコンドーム」
高1時代。
当時ムッツリキャラだった33Dが、ムタの尋問によって白状した、避妊具の好きな形状。

風間事件
高1時代。
ムタとゼニスの創作によって、当時クラスで一番大人しかった33Dを「関東地区の総番」に仕立て上げた、一大フィクション劇。
クラスメートたちの支援もあり、ほぼ完璧に創作劇は進行していたが、“サルの入れ知恵”によって惜しくも破綻した。
詳細は風間事件ページにて。

「咬ませ犬発言」
高1時代。
銀河皇帝ゲロヒロの片腕として貢献していた数学者サエキが、
ゲロヒロに対して下剋上を起こした時に発したセリフ。
「俺はお前の咬ませ犬じゃないんだっ!」
意味としては、「俺はお前の引き立て役じゃないんだ。」ということ。

「サラリーマンコート」
高1時代。
高1時代冬期において、「ヘドロウェーブ」が装着していた薄緑色のコート。
高校生には相応しくないコートであり、「刑事っぽいニヒルな渋み」の演出に成功していると思っていたのは、本人だけであった。
その後ヘドロウェーブの意中のマドンナである「ちーちゃん」に、「そのコート、サラリーマンみたいだね」と何気なく言われたのがきっかけとなり、
「サラリーマンコート」という呼称が定着した。
本人はちーちゃんからのコメントに相当ショックを受けたらしく、しばらくして上着を「赤ジャンパー」に変更している。
「サラリーマンコート」装着時、大宮駅にてヘドロウェーブが完全に周囲のサラリーマンに溶け込んで判別できなくなる、「サラリーマン・ステルス」効果のあることが、ゼニスによって確認されたこともあった。
なお、当時ラリーのクラスメートによって、「ヒットマン(殺し屋)」とあだ名されていたことがその後の報告により判明している。

「猿の惑星」
高1~3時代。
W高は、極秘裏に異星間交流を行っていた。
交流の相手は、銀河系の偏旁に存在する「猿の惑星」である。
その惑星は、名称どおり「猿人」が地球人類を凌駕する高度な文明を築いていた。
W高は、「猿の惑星」と交換留学生契約を締結し、地球から留学生を送り、先方からの留学生を受け入れていた。
現在も交換留学が行われているかは不明。

「70%の確率」
高1時代。
33Dの思考アルゴリズムにおける、自身の予想が的中する確率。
少々自信過剰ともいえる数値であり、実際はそのちょうど半分である35%であることが、その後決定的に暴露されるにいたった。

「便所ブリブリ事件」
高1時代。
まだゴリギダ一族が銀河系を欲しいままにしていた時分。
『6×7=35馬鹿ハヤシ』の天敵が、ゴリギダ一族の長男ゲロヒロであった。
ゲロヒロと言えば、性格破綻者揃いのゴリギダ一族の中でも頭抜けてイカれたパンク野郎である。
ある休み時間にハヤシが大便を済ませ、ドアを開けて個室から出ようとしたときに、
運悪くゲロヒロが用を足していた。
ビビったハヤシは、ドアを閉め個室に戻り、「ブリブリブリッ」と大便音の口真似をして、
その場をやり過ごそうと必死だった。
しかし、0.5秒でゲロヒロにバレてしまい、全治10カ月のケガを負うことになってしまった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。