※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数値設定について


  • このページはGKが新しい効果や制約の数値を決める場合の参考にしてください

  • 大体半分くらいの相手にしか効果が無い(男のみ)とかは0.8倍くらいだと思って下さい。1チームに1~2人くらいはいるだろってレベルで0.7倍。その辺が基準になります。

  • 参加者全員の中でもしかしたら一人いるかもって博打で0.4~0.5倍
  • その制限するくらいなら能力使わねーよ、ていうか使う気ないだろってレベルで最高で0.1倍くらいまで

  • バランス調整が難しいので効果付属は新たに作らない方が良いでしょう。できるだけ効果で再現すべきです

  • 発動率に関して、GK調整が入るのは問題ありません。ただしGK完全独断は可能な限り採用しない方が良いでしょう(既存の効果値を参照できないので適正かどうか判断しづらいため)

  • 複数の効果を組み合わせて特定の効果を再現した場合、使い勝手が同じなら 合計効果値が安く(単体の効果を取るよりお得に)なることは基本的にありません
    • 当ガイドラインは出来る限りそのようなことができないように作成しておりますが完全ではありません。そういったものが投稿されてきた場合、GKは調整を入れるようにしてください

  • 特殊能力は基本的にMAPに登場している状態で「発動」することで効果を表します。そのためMAPにいない状態で現れる効果は非常に強力です。数値についてはGKは良く考えて決定しましょう(※作ってはいけないというわけではありません)