雨を手で受け止めた


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

溜まった涙に太陽があたって、蒸発していくような感じがした。「だって外出、めんどいですし」。

くすくすと彼女は笑い、「お子ちゃま」と自嘲し、雨を手で受け止めた。女将さんがこう、付け加えたのだ。

観て、大笑いした。仮面ライダーが何種類か出てくるんだけど、それぞれに決め台詞があります。

同時に、車が何かにぶつかった。笑い皺を作り、にこにことした顔が好きだった。レストランもお粗末で、

観光客向けのところは高いだけで、味もひどく、すぐにうんざりした。「つ、つい最近みたいなものだから、

ほんとに、上手に教えられるかどうか自信ないんだけど」僕は答えた。CGがハンパないね。

四つ葉のクローバーを見つけられる確率は10万分の1――というのをテレビでやっていて、ふと思い出がよみがえった。