巨人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

巨人基本情報

本編より約107年前突如として出現、人類の大半を食い尽くした。

発生原因は不明。

基本的に巨人には知性はなく、意思の疎通は不可能。

巨人の体の構造は他の生物と根本的に異なり、体は極端に高温で蒸気を発する。

生殖器は存在せず、繁殖方法は不明。また、ほとんどが男性のような体付きである。

現在登場しているモブ巨人だけを見ても、人間がそのまま大きくなった訳ではない、明らかに異形な巨人も少なくない(口唇がなく歯が露出している、目鼻が顔に対して異常に大きいなど)

人間を捕食するが、100年以上人類が壁内に閉じこもっていた事を鑑みると、食事は必要ない・あるいは人間が主食ではないものと考えられる。

また、捕食した人間はほとんど消化せずに吐き出す。

人間以外の生物には一切の関心を示さない。

個体差はあるが、頭部を吹き飛ばされても1~2分ほどで再生する。

弱点は、後頭部より下うなじにかけて縦1m幅10cm。ここを大きく損傷することで巨人は絶命する。

それ以外ではたとえ心臓を刺されても死ぬ事はない。

絶命した巨人は概ね皮膚→筋肉→骨の順に消滅していく。

夜は活動が鈍くなり、個体差はあるが日光を遮って長くて数時間ほどで活動を停止する。

 

知性のある巨人達

一部の巨人には知性があり、またその巨人達は人間が巨人化したものである。

エレン・アニ・ライナー・ベルトルトの四名が巨人化可能である事が、44話までの時点で明らかにされている。

また、中の人は不明だが、上記四名と違い完全に人語を放す獣の巨人も登場している。

 

巨人化するには自傷行為+目的意識が必要。

巨人化した人物の本体はうなじの中におり、自傷部位から繋がっているようだが、頭部が繋がっているような描写もある。詳細は不明。

暴走する事もあるが、基本的には本人の意識が残っている。口腔構造の問題なのか、うまく言葉を発生できない。