メニュー2

各広告代理店の枠取りの傾向

電通

いわずと知れた、日本一の広告代理店。東山敦の3文字を見かけたら間違いなくここの担当。フジテレビノイタミナ、テレビ東京の一部、TBS発木曜深夜前半枠を担当。

ただし、UHFアニメの担当作品は多くない

博報堂DY

二番手で本社は東京赤坂。 UHFアニメでは東京MXを重視して枠を取る傾向が強い。関西地区では過去に起こした事件のため、SUNテレビの枠を取ることができない。そのため、TVOか、MBS、KTV、ytvなどの広域局をとる傾向が強い。また、地方局の系列が複数にまたがることが多い。

クオラス

UHFアニメを大量に担当している。サンケイグループ。UHFアニメでは、チバテレビの枠を取ることを比較的重視している。

創通

UHFアニメやテレビ東京アニメを担当。UHFアニメではtvkを重視した枠の取り方をする。

NAS(日本アドシステムズ)

ADK(旭通信社)