Arduinoを使ったラジコンカーシリーズについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Arduinoを用いたラジコンとは

Arduinoを用いたラジコンとは、Arduinoを利用したプログラム・遠隔操作可能なラジコンである。Arduinoは電子工作初心者でもUSBをつなぐ事で簡単にプログラムを行う事が出来る。また、通信モジュールはXBee Series2を用いる。XBeeはシリアル通信を簡単に無線に置き換える事が出来る通信モジュールである。制御システムのアーキテクチャは

ユーザー側コントローラー⇄XBee(ユーザー側)⇄XBee(車体側)⇄Arduino(車体側)

となる。Arduinoは自由に入出力デバイスを増やせる上、XBeeにより双方向通信が可能になるため相当自由度が高いと言える。そこで、Arudino + XBeeの自由度を生かして、プログラムする事により、 自由に拡張が可能なラジコン を作っていこうと考えている。また、車体側の工夫に加え、コントローラー側を工夫する事で、一般の方にもわかりやすいシステムを作っていきたい。