NPC関係


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【事前準備】
NPCを配置する為にまずそのファイルを格納する場所を作成します。
これはオリジナル要素という事で今後スクリプトを追加していく上で必須になる為、絶対に行いましょう。
そのフォルダの中にオリジナル要素のスクリプトが沢山入る事になるので、その中でフォルダ分けをして自分がわかりやすいようにすると良いでしょう。


①フォルダの作成
Aurigaー1227 \ script \ npc の中に任意のフォルダを作成する。
今回は「original」というフォルダを作りました。

今後頻繁に開く為ショートカットを作成しておくと今後非常に楽ちんです。



  • 既存NPC配置
やる事『 を任意の場所に配置する』
配置する場所:プロンテラの中央辺り

のスクリプトが書かれているファイルを探します。
Auriga \ script \ npc \ town の中にある npc_town_prontera.txt を開きます。

40行目辺りに画像と同じ文面が一部見えます。


↑赤い線で囲われている部分がこの『男』を動かしている スクリプト文章 になります
このスクリプトの内容


②男をプロンテラ中央付近に移動させます。
移動させたい場所で「/where」と発言し座標を取得します。
「prontera の 156,204」


③メモ帳を開きます。
①で探した『男』のスクリプト部分だけをコピーをします。
そして開いたメモ帳に貼り付けます


編集箇所は赤い線の部分
54,240 の部分を 156,204  と数字の部分だけを変更します。

そして


名前をつけて保存 ⇒ ファイル名は日本語でもok。
今回は「prontera_npc_ぼっち」とします。
保存先は事前準備で作成したフォルダに格納してください。



④スクリプトを鯖に読み込ませる為にパスを繋ぎます。
Auriga \ conf \ import  の中にある  map_conf  を開きます。

そして③で作成したファイルのパスをscriptから、以下の文章を追加し入力します。

『追加内容』↓↓
//プロンテラ追加NPC
npc: script/npc/original/prontera_npc_ぼっち.txt
『追加内容』↑↑



保存をします。



⑤確認作業









最後に良く間違える点
  • ③の編集作業
   スペースで開いている部分を間違えて消してしまう
   編集後の座標先に障害物(プレイヤーが入れない場所。)に設定してしまっている
   ;(セミコロン)の記入忘れ
   会話の最後に「close;」の記入忘れ。


  • ④のmap_conf に記入する際、パスを間違えて記入している
   npc: から始まっていない ⇒読み込まない
   拡張子の「.txt」が未記入等 ⇒読み込まない

大抵がこれ。
しっかしパスをコピペ、確認しましょう。









販売NPC







オリジナルNPCの配置まで








アイテム交換NPC
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|