真田丸戦記 > 人物


一覧表

明石全登

宇喜多家臣。大坂城五人衆。

執政として宇喜多秀家に仕え、関ヶ原で先鋒を務めた。
その後、没落した主家再興のため、大坂の陣に豊臣方として参戦する。

めでたいこと、幸せなことが好き。それを象徴する花も好き。

明智光秀

織田家臣。

常に冷静で思慮深い人物。
乱世を終わらせる人物として信長を深く尊敬し従っているが、
歴史と伝統を重んじる光秀には、
信長の考えはしばしば理解の外にある。
心優しい性格でもあり、
信長の振る舞いにいつしか疑問を抱くようになる。

世間知らずだが行動力だけは人一倍の娘に悩まされている。

浅井長政

茶々の父。お市の夫。

北近江の大名。信義に厚く、優しくも凛々しい好男子。
乱世を終わらせるため織田信長と同盟し、
信長の妹・お市を妻に迎える。
お市とは深い愛情を寄せ合うものの、信長の苛烈すぎる戦略には
やがて疑問を覚え、ついには袂を分かつに至る。
反信長同盟の一角を担い、一時は信長を苦しめたが、
最終的には浅井家は滅ぼされ、長政も城と共に炎に消えた。
その姿は幼い茶々の心に深い傷を残している。

穴山信君

武田二十四将の一人。

武田信玄の甥で一門衆の筆頭格。
合戦では主に本陣の守備を担当した。
のちに出家して「梅雪」と号した。

甘利信忠

武田二十四将の一人。

父は、武田譜代家老の甘利虎泰。
弟に、同じく武田家臣の甘利信康がいる。

取次としての役割を果たしており、
信濃(現在の長野県)だけでなく、
関東や東北諸国との外交に携わっている。
そのため、高い政治手腕を誇っていたと考えられる。

綾御前

越後の大名・上杉謙信の姉。

慎ましく気品があり、洗練された物腰の淑やかな女性。
上杉家の進む先を示す道標のような役割を果たし、
上杉の将兵らを厳しく導く一方、
彼らを優しく包み込み癒す包容力も持つ。

井伊直虎

遠江井伊谷城主である井伊家の女当主。

恥ずかしがり屋で「ごめんなさい」「すみません」が口癖。
周囲に今川、徳川、武田といった大国がひしめく中、
井伊家を守るために必死に戦った。

のちに徳川家康に庇護され、井伊家は存続。
その恩を返すべく、徳川軍の先陣として活躍する。

井伊直政

徳川家臣。

通称は「井伊の赤鬼」。
井伊直虎のはとこで、のちに養子となり井伊家当主となった。
武田滅亡後、山県昌景の「赤備え」を引き継ぎ
徳川の先陣を務める。
戦上手なだけでなく、政治や外交にも通じており、家康からの
信頼も厚い。徳川家の最善を尽くすことを信念とし、
それを阻む真田家を敵視している。
本多忠勝とはライバル関係にあり、たびたび衝突することも。

石川五右衛門

天下の大泥棒。

根拠なく自分に絶対的な自信を持ち、
自己中心的な言動で場をかき回す。
しかし、おっちょこちょいで明るく脳天気な態度から、
憎まれることが少ない。
反骨精神旺盛で、権力には屈しない。

実は伊賀の抜け忍で忍術使い。

石田三成

豊臣家臣。

豊臣秀吉子飼いの武将の一人。
才覚に優れ、高い理想と志を持ち、秀吉に絶対的な忠誠を誓う。
しかし、その姿勢は権力者におもねる傲慢な人物と誤解されやすく
他人からの理解を求めず、己の成すべきことを成せばいいとする
性癖が、さらに周囲との軋轢を生んでしまう。
一方、その心情を知る者からは深い信頼を寄せられている。

真田昌幸に対しても、はじめは警戒を露にするが…。

出浦昌相

信濃の国衆。名は盛清とも。

武田家に仕えた、甲州透破(すっぱ)の棟梁とされる。
甲州は甲斐(現在の山梨県)、透破は忍者のこと。

信濃の国衆を束ねる者として昌幸を見込んでおり、
いち早く臣従する。

忍者には様々な道具が必要。きっと高級な糸も必要。

稲姫

徳川家臣。本多忠勝の娘。

父・忠勝を誰より尊敬し、目標としている。
そのために戦時平時問わず凛とした姿勢を崩さず、
何事にも正々堂々、生真面目に対応しようとする。
気は強いが礼儀正しく、心優しい大和撫子。
その分、変化球にはやや弱い。

のちに真田信之の妻となり、その生涯を支える。

今川氏真

今川義元の長男。今川家の現当主。

尾張(現在の愛知県西部)に侵攻した父・義元が、
桶狭間の戦いにおいて信長に討たれたため、
今川家を継ぐこととなった。
桶狭間の戦いで、多数の今川家臣が討ち死にし、
当主・義元も討たれたことから、
家臣に不満が広がり相次ぐ離反を招いた。

和歌や蹴鞠などの技芸に通じた文化人であったとされる。

今川義元

今川家第十一代当主。

駿河・遠江(共に現在の静岡県の一部)を治める大大名にして、
「海道一の弓取り」と讃えられた勇将。
れっきとした足利将軍家一門であり、天下を継ぐ大義名分を持つ。
内政・外交・軍事いずれも秀で、今川家全盛時代を作り出した。

…のであるが、当人は戦や政より歌や蹴鞠を好む風流人。
雅に争いのない世を夢見ていたが、
桶狭間で織田信長の奇襲を受けて命を落とす。

色部長実

上杉二十五将の一人。

父は川中島で奮戦し、
謙信から「血染めの感状」をもらった色部勝長。
謙信死後は、上杉景勝に仕えて活躍。
出羽(現在の山形県・秋田県の一部)の国で起きた一揆を
大谷吉継と共に見事に鎮圧し、
豊臣秀吉に「北国路まれに見る名将」と評された。

上杉景勝

上杉謙信の養子。
謙信の姉・綾御前の実子。

非常に寡黙で、笑顔を見せることがほとんどない。
謙信から受け継いだ上杉の義の何たるかを常に己に問い、
沈思黙考している。

腹心の部下である直江兼続とは親友のような間柄であり、
昌幸と勝頼の関係にも同じものを感じている。

上杉景虎

北条氏康の七男。早川殿の弟。初名は北条三郎。

北条と上杉の同名の証として上杉謙信の養子となり、
景虎の名を与えられた。
妻は綾御前の娘で景勝の姉。
つまり景勝とは二重の意味で義兄弟となる。

当初は人質として北条から出されたと悲観していたが、
謙信の薫陶や景勝との切磋琢磨を通して成長する。
やがて上杉を支える男になろうと決意するに至るが…。

上杉謙信

上杉家第十六代当主。

自らを毘沙門天の化身と称し、
戦場での神がかった強さから「軍神」と恐れられた。
闘争の中に真実を追い求め、
戦いそのものに生き様を見出す孤高の求道者。
感情を表すことはほとんどなく、
ただ闘争によってのみ自身を表現する。
宿敵である武田信玄と川中島で幾度も対決し、
武田信玄の「甲斐の虎」に対して「越後の龍」と称された。

宇喜多秀家

備前(現在の岡山県)の大名。

羽柴秀吉の備中高松城攻めに協力。
小牧長久手の戦い、九州征伐、小田原討伐などに参加した。
秀吉の寵愛を受け、秀吉の養女で前田利家の娘・豪姫を娶り
五大老に列せられる。
関ヶ原の戦いでは、西軍の副大将として檄文を発し、
自らも福島正則軍と戦った。

お市

茶々の母。
織田信長の妹。浅井長政の妻。

政略結婚で嫁いだ長政と、互いに深い愛情を寄せ合う。
信長の妹として、戦が必要悪であることは理解していたが
長政の理想と寄り添って生きることを選ぶ。
しかし、その結果、長政は信長に滅ぼされ、
お市は茶々と共に織田家に戻された。
信長死後は柴田勝家に身を寄せるも羽柴秀吉に敗れ、
茶々を秀吉に託して自身は城と運命を共にする。

大谷吉継

豊臣家臣。通称は紀之介、刑部。

もとは藤堂高虎と共に浅井家に仕えていた。
浅井家滅亡後は、豊臣秀吉の配下となり、徐々に才覚をあらわす。
秀吉に「百万の大軍を預けてみたい」と言わしめるほどの
軍才の持ち主。「時代の流れ」に従うのが信条。
石田三成と親しく、友として歯に衣着せぬ助言をしている。

飄々としていて、顔色も読めないが
元主君の娘である茶々のことは気にかけているようだ。

奥平信昌

三河(現在の愛知県東部)の国人。

元々、今川家臣だったが、
桶狭間の戦い後に今川家が衰退すると、徳川家康に従う。
その後、武田家の三河侵攻に際して武田家に属した。
ところが信玄の死を契機に再び徳川家に接近、
家康の娘を妻に迎えて帰参する。

これに勝頼が激怒し、信昌の守る長篠城を攻めたことが
長篠の戦いの契機となる。

阿国

出雲の踊り巫女。

諸国を巡り、出雲大社の勧進をしている。
柔らかい京都弁を話す、ふんわりとした女性。
天真爛漫で明るく前向き。
やや天然な振る舞いで周囲を混乱させることもあるが、
そうした面も含めて愛されやすい。

惚れっぽいのが玉にきず。

織田信長

織田家当主。

尾張(現在の愛知県西部)の小大名だったが、
侵攻してきた大大名・今川義元を桶狭間で討ち取り、
一躍名をとどろかせる。
その後も戦国時代の常識を覆す革新的な手法で勢力を伸長。
「天下布武」を旗印に覇者の道を突き進む。

時代を動かす変革者であるが、変わることを望まない者への
容赦ない仕打ちは人々を恐怖させ、魔王とも称される。

飯富虎昌

武田二十四将の一人。

武田信玄の嫡男・義信の傅役を任されるほど、
信玄に信頼されている武将。
武勇に優れ、精強な武田軍団の代名詞である武田の赤備えを
率いたことから、「甲山の猛虎」と恐れられた。
弟に同じく武勇に優れる山県昌景がいる。

初陣を控える昌幸に対して不遜な態度をとったが、
緊張をほぐし奮起させる目的があったのかもしれない。

甲斐姫・壱

北条家臣・成田氏長の娘。

北条氏康や早川殿と共に関東や北条の家族を支える。
東国一の美女と噂されるが、性格は男勝り。
表裏の無いまっすぐな性格のため、
その真逆を行く真田のやり方を嫌い、
北条家の中で誰よりも敵視している。

また自分のことを熊だなんだと言いふらしている
真田の忍びも敵視している。

甲斐姫・弐

北条家滅亡後、茶々預かりとなって大坂へ来た。

茶々の実の上と、それでも強く生きようとする姿勢に共感し、
彼女を守るため力を尽くそうと考えるようになる。

真田幸村にはとりあえず言いたいことを言ってスッキリしたので
茶々のため働こうとしている点は認めてやることにした。
…なんかえらく渋カッコよくなって帰ってきたしね!

片倉小十郎

伊達家臣。名は景綱。

智の小十郎と呼ばれる賢臣。
己の居場所をくれた主・伊達政宗に生涯の忠誠を誓い、
伊達家繁栄のために命を賭す。
先見の明もあり、政宗に小田原へ参陣し、
秀吉に恭順するよう勧めた。笛の名手としても知られている。

時に辛辣な言葉で政宗を責めるが、それは愛情の裏返し。
眼鏡に対するこだわりは戦国一。

加藤清正

豊臣家臣。

豊臣秀吉子飼いの武将の一人。
孤立しがちな三成と直情的な正則の間を取り持つ。
三人の中のまとめ役。
だが、本人にも頑固な部分があるため、
しばしば三成と対立することも。

おねね様には頭が上がらない。

上泉信綱

長野家家臣。

箕輪城主・長野業正に仕えて活躍。
槍にも優れ、業正から「上野国(現在の群馬県)一本槍」の
感状をもらっている。
のちに新陰流を創始。武田信玄に家臣にと誘われたが、
これを断り、新陰流を広める旅に出た。剣聖と称される。

ガラシャ

明智光秀の娘。

天真爛漫で好奇心旺盛。
疑問に思ったことは口にせずにはおられず、確かめずには
いられない。世の常識に疎い箱入り娘だが、行動力は人一倍。
父・光秀のことを深く敬愛しており、
謀反の際も「光秀が作る優しい世界」に理解を示した。

浅井家滅亡後、引き取られた織田家で心を閉ざしがちであった
茶々に心を配り、元気づけようとしていた。

木曽義昌

武田家臣。

もとは信濃木曽谷(現在の長野県木曽郡)の大名だったが、
武田信玄の信濃侵攻を受け降伏。
武田家に人質を差し出し、本領を安堵された。
木曽谷は美濃や飛騨に近いため、
武田家にとっては対織田の最重要拠点となった。

木村重成

豊臣家臣。

幼少の頃から小姓として豊臣家に仕えた美丈夫。
初陣となった大坂冬の陣では、楯に隠れるように言われるが
「矢から逃れられても運命からは逃れられぬ」と
楯を捨て突撃した。

方広寺鐘銘事件の際、大蔵卿局が釈明のため駿府に赴くのに
女房に扮して同道したが露見しなかったという。

くのいち

武田家、そして真田家に仕える忍び。

戦で天涯孤独の身となったところを武田信玄に拾われ、その恩に
報いるべく忍びの道に入る。信玄から真田昌幸付きに回されたこと
から幼い幸村に出会い、その優しく誠実な性情に心を打たれる。
正式に真田家臣となると、自他ともに認める幸村付きとなって働く。
おどけた口調と態度で周りを翻弄するが、忍びの腕は超一流。
幸村が絡まなければ、仕事に徹して非情な面も見せる。

おいしい果物が好き。特に赤いと最高っすね!

黒田官兵衛

豊臣家臣。

竹中半兵衛と並んで「両兵衛」と称賛された軍師。
乱を呼ぶものを「火種」と見なし、
その排除のためなら手段を選ばない。
顔色一つ変えず冷酷な判断を下すため、
敵だけでなく味方からも恐れられている。

実は子供たちには好かれているという噂も。

黒田長政

黒田官兵衛の子。

少年時代は織田家に人質となっていた。
荒木村重が謀反し、官兵衛も織田信長に謀反を疑われ、
殺されそうになるが、竹中半兵衛の機転で救われる。
関ヶ原の戦いでは先陣として切り込み、
数々の調略も成功させたため、徳川家康に勲功第一と称された。

高坂昌信

武田四天王、武田二十四将の一人。

山本勘助が築城を指揮したとされる、
川中島近くの海津城の城代を任された。
上杉との戦の最前線である海津城を任されていたことから
信玄に信頼されていたことがわかる。

撤退戦でうまく指揮を執ることができたことから
「逃げ弾正」の異名を持つ。

小少将

謎の美女。「不幸を呼ぶ女」。

その色香で四国の大名を惑わし、
長宗我部元親とも戦った。
元親の四国統一後は彼と行動を共にし、
ガラシャからは魔性の「師匠」と慕われる。

茶々にガラシャを託したのは、
茶々が自分と同じく周りに不幸を呼ぶ悲しい女だと
思ったから…かもしれない。

後藤又兵衛

黒田八虎、二十四騎、大坂城五人衆に数えられる。

黒田官兵衛・長政父子に仕える。
武勇に優れた豪傑で九州征伐や関ヶ原の戦いで活躍。
黒田家を出奔した後は牢人生活を送っていたが、
大坂の陣が始まると豊臣方についた。
それを聞いた長政は「豊臣は良将を得た」と評したという。

豪快な又兵衛には夏が似合う。
夏と言ったらやっぱりコレ。割るのが好きなんだとか…。

小早川隆景

毛利元就の三男。

温厚で民思いの賢人。
父・元就を補佐して毛利家を支え、
豊臣政権下では黒田官兵衛と共にその知恵で秀吉を支える。
秀吉からの信頼は厚く「知恵と大気は天下の器」と称された。

元就の冗長な書物が大好物。
文字量が多ければ多いほど、うっとりしてしまうらしい。

小早川秀秋

豊臣家臣。

ねねの兄の子。
豊臣秀吉の養子となったのち、小早川隆景の養子となる。
関ヶ原の戦いでは西軍に属すが、
徳川家康の誘いに乗って寝返り、大谷吉継の陣を攻撃した。

幼い頃は優れた才を見せたが、酒におぼれ、借金を重ね、
ねねを困らせたという。

雑賀孫市

紀州の傭兵集団・雑賀衆の棟梁。

鉄砲の名手で、その腕前はまさに百発百中。
鐘で雇われて働くプロフェッショナルだが、
気に入らないもののためには絶対に戦わない。
それゆえ自らの手駒になり得ないと判断した織田信長に
拠点を焼き討ちされ、仲間を数多く失う。
以後、復讐のために信長をつけ狙う。

本来はさっぱりした伊達男で、無類の女好き。

佐々木小次郎

謎多き剣豪。

出生地は不明。素顔も化粧で隠している。
もがき苦しみながら生きる乱世の人々を「可哀想」と哀れみ、
綺麗に終わらせてあげるために斬る。
同じく剣豪の宮本武蔵はその強さゆえ、
孤独な彼を救ってくれる唯一の存在。

剣の腕だけでなく、頭の切れも相当なもの。

佐助・壱

服部半蔵の弟子。

天涯孤独の身であったところを半蔵に拾われ、忍術を教わる。
半蔵を慕い、その指示には従うが、
徳川家臣であるという意識はなく、家康への忠誠心も持たない。
非常に冷めた視点を持ち、いつも気怠げ。
野心のもとに戦をくり返す武士や大名の在り方が嫌い。
半蔵の役に立とうと考え、真田幸村に近づくが…。

薄暗闇で光るはかなさに、幼き日の想い出を刺激される。

佐助・弐

幸村の武将としての強さへの憧れと、
自分を家族として扱ってくれる温かさに触れ、
佐助は本心から「幸村の忍び」として
働きたいと考えるようになった。

たとえそれが、父にも等しい師との決別に繋がるとしても…。

真田信綱

真田幸隆の長男。

長男であることから責任感が強く、
昌幸ら弟たちの良き手本であることを心がけている。
武田家に仕えていることを誇りに思い、
友に仕える家族のことも大切に思っている。
思慮深く義理堅い武将であるため、信玄の信頼も厚い。

弟・昌輝と共に時折狩りに出るようだが、
獲物の中でも武田と真田を象徴する赤い色を好むようだ。

真田信之・壱

真田昌幸の長男。

父昌幸を尊敬し、自身も賢くあるべきと心がけ、
勤勉な態度で日々を過ごす少年。
弟の幸村をとても大切に思っており、
幸村の知らないことを教えるのが兄としての誇りとなっている。
姉の村松殿との仲は良好であるものの、幸村と同じように自分に
甘えるように諭されるため、どのように接するべきか悩んでいる。

その気性から真っ直ぐなものが好き。

真田信之・弐

たくましく成長した、青年期の信之。

幼い頃から賢かったが、
今では父・真田昌幸の考えを理解できるまでに成長。
悩める弟・真田幸村のよき相談相手となっている。
長男としての自覚も芽生え、
真田の家をどうしたら守っていけるか、日々模索している。

姉・村松殿はしっかり者になった彼を見て喜んでいるが、
少しだけ寂しそうだ。

真田信之・参

徳川家臣としての風格が出てきた信之。

徳川秀忠の命を懸けた諫言で、
真田昌幸・幸村の助命嘆願が成ったため、
秀忠に恩義を感じている。
徳川幕府のために忠勤する傍ら、
九度山で苦しい生活をしている父や弟に、金を送っている。

時々、胸にしのばせた三文銭を眺め、
物思いにふけっているのを妻の稲姫に目撃されている。

真田昌輝

真田幸隆の次男。

将としては、兄に勝るとも劣らない働きを見せるものの。
どことなくお調子者である。
感受性が豊かで、涙もろい一面もあり、
昌幸にはよく呆れられている。
家族をとても大切に思っており、
家族のために戦うことを最高の誉れとしている。

昌輝の人となりとよく似た動物を好んでいる。

真田昌幸・壱

真田幸隆の三男。村松殿、信之、幸村の父。

奥近習六人衆の一人として武田信玄のそば近くに仕えており、
信玄に対しては敬意を隠すことなく表現する。
信玄の子・勝頼とは身分が違うが、友のような関係を築いている。
家族には愛情をもって接しているが、表には出せないため素直では
ないと兄・昌輝などからよくからかわれる。特に子供相手には
不器用で、中でも村松殿に対しては強く出られないようだ。

地元の社は尊崇し、大事にしている。

真田昌幸・弐

謀略家として凄みを増した、壮年期の昌幸。

武田家の滅亡、勝頼との死別、信長の横死。
あまりに激しい時代のうねりの中で、
昌幸は己の進む道を選択する。

権謀を尽くし、裏切りも厭わない昌幸は
やがて表裏比興の者と称される。
その真意は誰にも明かすことはない。

真田幸隆

真田家当主。信綱、昌輝、昌幸の父。

武田信玄に仕え、類稀なる知略から外様でありながらも
譜代家臣と同格の扱いを受けるほど信頼されている。
息子たちのことは信頼しており、頼もしく思っている。
「戸石崩れ」という武田家の戸石城攻めでの敗北後に、謀略を
もって一日で戸石城を落としたことから「攻め弾正」と称された。

黄色いじゅうたんのような花畑で、幼い子供たちと過ごした
時間は、幸隆にとってかけがえのない大切な思い出。

真田幸村・壱

真田幸隆の次男。

父・昌幸と兄・信之をとても信頼し、尊敬している少年。
真田の役に立つため日々鍛錬に励んでいる。
姉である村松殿との仲も良く、
困ったことがあったときによく相談事をしている。
素直で無邪気な少年で、わからないことをすぐに聞くことのできる
純粋さを持つが、その純粋さを天然と称されることも。

真田を象徴する赤い色の生き物が好き。

真田幸村・弐

たくましく成長した、青年期の幸村。
まっすくな気性はそのままに、
十文字槍を自在に振るう武勇を身につけた。
真田家のため懸命に働こうと心がけているが、
その誠実で生真面目な気性ゆえ、
父・昌幸の謀略を駆使した生き様を理解できず、惑うことも。
さらに上杉家や豊臣家の人質として派遣される憂き目に遭う。
しかし、その中で様々な人々との出会いを経て成長し、やがて
昌幸の真意や己の戦う理由について思いをはせるようになる。

真田幸村・参

九度山での雌伏の末、大坂城に舞い戻った壮年期の幸村。

父・昌幸の静かな死を看取り、最期まで燃え尽きることのなかった
父の心情--「大切なものを守るために戦う」、
その意地と覚悟を確かに受け継ぐ。
そうして、豊臣と徳川の緊張が高まるや、
茶々との約束を守るため、ためらうことなく大坂へはせ参じた。

円熟した武勇に加え、昌幸譲りの知略をも身につけ
大坂牢人衆の中心として活躍する。

柴田勝家

織田家臣。

織田の筆頭家老。鬼柴田の異名を取る猛将。
己を時代遅れの武士と認識していて、
若い将たちが超える「壁」の役割を率先して果たしている。

一人暮らしが長かったせいか、裁縫と料理が得意。

島左近

流浪の軍略家。

武勇に優れた猛将でありながら、
同時に卓越した戦略眼を持つ軍略家。
牢人として各地を転々としながら、軍略を学んでいた。
武田信玄の元に身を寄せていた時代もあり、
その折に真田昌幸・幸村親子と面識を得る。

飄々とした態度で人を食ったような物言いをするが、
内実は真摯で細やか、細部にまで目配りができる人物。

島津豊久

島津家久の子。島津義弘の甥。

言動は粗っぽいが、一途な若武者。
伯父の島津義弘を尊敬し、彼に認められるべく日々精進している。
義弘からは餓鬼と呼ばれ、
九州でしのぎを削った立花家の面々からは犬呼ばわりされているが、
本人は気に入らないらしい。

だが、上洛しキョロキョロと周りを見るさまは、子犬そのものだ。

島津義弘

薩摩の猛将。豊久の伯父。

九州の名門である島津家十五代当主・貴久の次男。
兄・義久を助けて抜群の武勇を発揮し、九州を統一せんとするが、
大友家の救援要請を受けた豊臣家の大軍が立ちはだかる。
義弘は徹底抗戦を唱えたものの、
義久は降伏を決断、島津は豊臣に臣従した。

戦と博打を何より愛し、負け戦になるほど状況を愉しむ。
正確な時刻を知るため、戦場に猫を連れていったとの逸話も。

須田満親

上杉家臣。

もとは信濃(現在の長野県)の豪族。
村上義清と共に武田信玄に抵抗するが、破れて上杉謙信に仕える。
川中島の戦いでは上杉の先陣として参加。
景勝の下で行われた越中攻略でも先陣を務める。
知略にも優れ、多くの外交交渉を担当。
北陸の一向宗、羽柴家、そして真田家との交渉役を任された。

高梨内記

真田昌幸の家臣。
少しおっちょこちょいなのが玉にきずだが、
昌幸を始め真田家の人々をとても信頼しており、
役に立とうと日々努力している。
明るく脳天気にもとられる性格だが、
人を思いやることのできる心を持っている。

とある理由からメダカが好き。

高橋紹運

大友家臣。

立花道雪と共に大友家を支えた。
筑前(現在の福岡県)岩屋城を島津の大軍に囲まれ、
降伏を勧められるも拒否。
わずか七百の城兵を率いてすさまじい抵抗戦を繰り広げ玉砕した。

子は立花道雪の養子となった立花宗茂。婿入りさせる際、
己の刀を宗茂に渡し、「私と道雪殿が戦うことになったら、
これで私を討て」と諭したという。

滝川一益

織田家臣。

元は甲賀忍者だとする説もある。前田慶次の伯父とも。
信長に仕えて頭角を現し、軍団長の一角を担う。

甲州征伐で功が大きく、上野(現在の群馬県)一国と
信濃(現在の長野県)の一部を与えられ、関東管領に任じられた。
このため一時は昌幸の直属の上司となる。

領地より名物「珠光小茄子」を望んだが叶わず嘆いたとされる。

武田勝頼

武田信玄の四男。

心優しく穏やかな気性の青年。信玄の奥近習衆として仕える
昌幸と仲が良く、身分が違いながらも友のような関係を築く。
父である信玄を尊敬しており、偉大な存在と認め、
父のようになりたいと憧れを抱いている。
人の悲しみや苦しみに寄り添うことのできる一方で、
自身の悲しみや苦しみを吐き出すことを苦手としている。

甘くておいしくて武器になるものが好き。…武器?

武田信玄

武田家第十九代当主。
「風林火山」の軍旗を用いて戦を行い、
巧みな軍略を駆使して勝利を得ている。
宿敵である上杉謙信と川中島で幾度も対決し
上杉謙信の「越後の龍」に対して「甲斐の虎」と称された。
余裕と知性に満ち、明るく快活な人となりで
家臣団の尊敬を一心に集めている。

ちなみ「風林火山」は『孫子』の一節を引用したものであり、
『孫子』では「風林火陰山雷」となっている。

武田信繁

武田信玄の弟。

武田二十四将の一人。
信玄にとても信頼され、武田家臣からも慕われていた名将である。
その活躍は合戦のみではなく、政治的な場面でも発揮されていた。

父の信虎に溺愛されていたが、
信玄のために信虎を国外追放することに一役買った。
父と兄の板挟みにあったにも関わらず、兄を選んだことから、
信玄に信頼されるのは当然のことともいえる。

武田義信

武田信玄の嫡男。

今川義元の娘を正室としているため、
武田と今川の友好関係の象徴ともいえる。
傅役は武田家臣の飯富虎昌で、
信玄同様虎昌の事を信頼している。
信玄の嫡男としての誇りがあり、実力もあるため高い矜持を持つ。

弟の勝頼とは仲は良く、
優しすぎる弟に対し心配する兄心を持っている。

竹中半兵衛

豊臣家臣。

黒田官兵衛と並んで「両兵衛」と称賛された天才軍師。
秀吉の掲げる「皆が笑って暮らせる世」に共感し、
彼の理想をかなえるべく知略の限りを尽くす。
実は相当な自信家で、どんな偉大な将に対しても怖じずに接する。

あどけない容姿をバカにされると、切れる。

立花誾千代

立花家当主。宗茂の妻。

九州は大友家の家臣である立花道雪の娘。
男子のなかった道雪は、主君の許しを得て正当な手続きを踏み、
誾千代を攻撃者に据えている。のちに宗茂を婿養子に迎えた。
立花の人間であることに強い誇りを持ち、
妥協を許さない厳格な性格。家のためには死ぬことをも恐れない。

とらえどころのない宗茂に手を焼きながらも、
その人物は認めている。実は甘いものが好き。

立花宗茂

大友家臣。名将・高橋紹運の子。

「剛勇鎮西一」と称される武人。
のちに豊臣秀吉に評価され、
大友家から独立し筑後柳川の大名となる。

妻は立花誾千代。
夫婦喧嘩は絶えないが、本人はあまり気にしていないらしい。
その態度がまた誾千代をいらつかせるが、仲は悪くないようだ。

伊達政宗

奥州の独眼竜。

若くして家督を譲られ、奥州を席巻する活躍を見せるも、
強引な手法は近隣諸国の反感を買い、たびたび窮地に陥る。
だが、持ち前の胆力と家臣・片倉小十郎らの支えで切り抜け、
名実ともに奥州の覇者となる。
しかし、やはり生まれたのが遅すぎた。
彼の前に立ちはだかったのは、天下人・豊臣秀吉。
北条征伐のため小田原に結集した大軍を前に、
政宗は決断を迫られ、ついに秀吉に降伏するのだった。

茶々・壱

幼い真田幸村が安土で出会った少女。

身分の高さをうかがわせ、気が強く、
突き放したような物言いをする。
しかし、本質的には世話好きで、人を見捨てることができない。

織田家と縁がある様子だが…。

茶々・弐

浅井長政とお市の娘。織田信長の姪。

信長に父を、秀吉に母を滅ぼされた末、秀吉に引き取られた。
悲嘆に暮れる様子は見せないが、
何物をもそばに寄せ付けることがなく、孤高を保つ。
秀吉やその身内はもちろん、旧臣である元浅井家臣の
大谷吉継や藤堂高虎たちに対しても心を開くことがない。
二度の落城を経験し、萌える城がトラウマとなっている。

美しい人は好きになるものまで美しい。立てば芍薬、座れば…。

長宗我部元親

土佐の大名。

元は土佐の国衆の一つに過ぎなかったが、たちまち頭角を現し、
土佐一国を統一。さらに四国統一を目指して躍進するが、
豊臣秀吉の四国征伐を受けて降伏する。

無表情に見えながら、宿命は変えがたいものと理解しつつ、
なお反骨を貫く熱情を抱いている。
織田家との交渉窓口が明智光秀であったことから、
光秀やその娘・ガラシャと親交がある。

長宗我部盛親

長宗我部元親の四男。大坂城五人衆。

元親の強引な手法により世継ぎに任命されると、
父と共に小田原討伐に参加した。
関ヶ原の戦いでは西軍につくが、改易。
お家再興を果たすため、大坂の陣では豊臣方につく。

川を登る姿はまさに凄絶。
流れに抗う姿は父をほうふつとさせるため、好きなんだとか…。

土屋昌次

昌幸と同じく奥近習六人衆の一人。
思慮深く、他人を思いやれる人柄を
信玄に気に入られ奥近習として仕える。
同僚である昌幸とは気安い間柄で、
軽口を叩き合うような仲である。

同じく武田家に仕える弟がいて、
武勇に優れる弟をとても誇りに思っている。

土屋昌恒

武田家臣。昌次の弟。

武田家に対し、非常に厚い忠誠心を抱いている。
のちに「片手千人斬り」で名を馳せる豪傑。

藤堂高虎

豊臣家臣。

もとは大谷吉継と共に浅井家に仕えていた。
浅井家滅亡後は、羽柴秀長の配下となり、
豊臣政権下で功を重ねていく。
秀長のことは自分を正当に評価してくれると慕っているが、
豊臣秀吉のことは浅井の仇と見なし、快く思っていない様子。

クールな態度を常に崩さないが、
元主君の娘である茶々のことは気にかけているようだ。

徳川家康・壱

徳川家当主。

三河(現在の愛知県東部)の大名。
隣国の大大名・今川家に従属し、
幼少より人質として苦難の日々を送る。

今川義元が桶狭間で倒れたのを機に独立。
織田信長と同盟を結び、着々と地歩を固めている。

温厚で優しい人物だが、大義のためには非情さを覗かせることも。

徳川家康・弐

泰平を盤石とするためならば、天下を盗む大悪人となる。
そう覚悟を決めた、壮年期の家康。

関ヶ原の戦いで石田三成を破り、
間もなく征夷大将軍に就任、江戸に幕府を開く。
さらに秀吉が死んだ際と同じことをくり返さぬよう、
自身が生きているうちに、
自らの手で豊臣家を滅亡させる決意を固めた。

徳川秀忠・壱

徳川家康の三男。

尊大で皮肉屋。
父・家康に対してさえ辛らつな言葉を投げかけ、
わがままで身勝手な御曹司…と見なされている。
関ヶ原の戦いの際、別働隊を率いて真田信之と共に
真田昌幸・幸村の籠もる上田城を攻めたのが初陣となる。

実は柳生宗矩に剣を学んだ剛剣使い。

徳川秀忠・弐

徳川幕府二代将軍。

幼少より家康の非情な面を身近で見てきたことから、
大義のために生きる家康の姿を恐れ嫌っていた。
しかし、第二次上田合戦のさなか、真田信之から叱責され、
家康の覚悟と自身の生き様について思いを巡らせるようになった。

家康への反発は、その偉大さもまた深く理解し、
敬愛しているからこそだったのだが、
本人はいまだにそれを認められずにいる。

豊臣秀長

豊臣秀吉の弟。

早くから秀吉を補佐し、兄の天下統一を助けた。
四国征伐では総大将を、
九州征伐では日向(現在の宮崎県)方面の司令官を務める。
温厚篤実な性格で諸大名の信頼が厚く、
豊臣政権のまとめ役であった。

豊臣秀吉

天下人となった秀吉。

四国征伐後、朝廷から豊臣姓を賜り、豊臣秀吉と名乗る。
相変わらず明るく、ひょうきんな面もあるが、
天下人としての威厳と貫禄がついてきた。

天下統一の総仕上げを目論むが、
まだ北条や伊達が恭順の意を示さず前途は多難。
なるべく人死にの少ない方法を模索している。
真田昌幸の知略に期待しているようだが…。

直江兼続

上杉家臣。

上杉謙信の姉・綾御前にその才覚を見出され、
謙信の養子である景勝付きとなる。
謙信や綾御前の薫陶を受け、
義と愛を重んじる烈士となり、景勝を支える。
人質として上杉に赴いた真田幸村に目をかけ、
その成長に一役買った。
また、共に義を知る同志として、石田三成と深い友誼を保つ。
「愛」の一字を抱えた兜の前立てで有名。

長野業正

山内上杉家臣。

「上州の黄斑(虎)」と呼ばれた猛将。
主家滅亡後も居城・上野(現在の群馬県)箕輪城を守り、
武田軍の侵攻を六度に渡って撃退。
信玄に「業正がいる限り、上州には手を出せぬ」と嘆かせた。

南条元忠

豊臣家臣。

関ヶ原の戦いでは西軍につき、大津城攻めに参加。
戦後、牢人となった。
大坂の陣が始まると、豊臣方につく。

最近、藤堂高虎の手の者と会っているという噂があるが…。

ねね

豊臣秀吉の妻。

底抜けの明るさと母性で豊臣家を支える。ねねにとってお家とは
文字どおり家族のことであり、家臣もまた我が子に等しい。
そのためどのような諍いも、
彼女にかかっては「子供の喧嘩」になってしまう。
無論、夫・秀吉からの信頼も厚く、
家臣たちからも母のように慕われているが、
世話焼きな面とは裏腹に政治面では口出しをせず見守っている。
忍術を修めており、合戦でも秀吉の力となって働く。

濃姫

織田信長の妻。

「美濃の蝮」と名高い斎藤道三の娘。政略結婚で信長に嫁ぐ。
一説には「信長がうつけであれば殺せ」と
父・道三に命じられていたというが、
信長の言動に深い理解と、愛情を注ぐようになる。

妖艶な雰囲気と常に物憂げな態度から家臣たちに
恐れられがちだが、時には女性として可愛らしい一面も見せる。

羽柴秀吉

織田家臣。

草履取りからその才能を信長に見出されて驚くべき出世を果たし、
織田軍の軍団長にまで登り詰めた。

信長に心酔し、信長こそが新時代を切り開くと信じているが、
同時に人死にを嫌う優しい性格の秀吉は、
信長の苛烈すぎる行いに胸を痛めてもいる。

「誰もが笑って暮らせる世」を夢見る、太陽の男。

服部半蔵・壱

徳川家康の忍び。

伊賀忍軍の棟梁。どのようなときでも非情に徹し、
任務を忠実にこなすプロフェッショナル。
泰平への強い思いを抱き、むやみに人の命を奪うことはしないが、
自身を家康の「影」と規定しており、
「光」である家康を阻む者は容赦なく排除する。

天涯孤独であった佐助を拾い、弟子として養育した。

服部半蔵・弐

佐助は三方ヶ原で討死した、半蔵の親友の遺児であった。
戦国の世にあって、一人でも生き抜く術を持たせるべく、
半蔵は佐助に忍術を教えた。
半蔵にはほかにしてやれることがなかったのである。

佐助は腕は上達したが、戦で父を失ったせいか、
主への忠節というものを持てないでいた。
いつか佐助もまた、己のように真の主君に出会えるとよい。
半蔵はそう考えていた。
たとえ敵味方に分かれることになろうとも--。

馬場信房

武田四天王、武田二十四将の一人。

信玄の信濃(現在の長野県)侵攻で功を立て、
馬場氏の名を継いだとされる。
武勇に優れた人物で、
参加した戦ではかすり傷一つ負わないという強さを誇っていた。

築城の名手である山本勘助から
築城術を教わったという経歴も持つ。
そのため、勘助に対する信頼は他の家臣よりも強い。

早川殿

北条氏康の長女。

聡明なお嬢様。暴走しがちな氏政や甲斐姫をなだめ、
軍師のような役割を務める。
戦嫌いの性格だが、北条の家族を守るため、
武器を取り、皆の力で関東の騒乱を乗り切ろうとする。

母親は今川義元の妹。お母様と呼び、とても仲が良い。

風魔小太郎

風魔忍軍の棟梁。

風魔は北条家に仕える忍者集団だが、
小太郎自身は忠義とは無縁で、
ただ戦国の世に混沌をもたらすためだけに暗躍する。
ただし、北条氏康とだけはとある契約を交わし、
従っているという。

残忍で破壊的な限度言うは、自身の安全さえ考慮しない。
理解も共感も及ばない、戦国が生んだ闇そのものである。

福島正則

豊臣家臣。

豊臣秀吉子飼いの武将の一人。
ケンカっぱやいが人情に厚い熱血漢。
秀吉を叔父貴と慕い、加藤清正とは兄弟のような間柄。
三成とも幼少の頃からずっと一緒だったが、
反りが合わず口喧嘩が絶えない。

でも、ガチでマジでいい奴だから、よろしく!

北条氏康

北条家当主。

息子は北条氏政、娘は早川殿。
相模の獅子と呼ばれた猛将で、
武田信玄、上杉謙信を相手に一歩も引かず、
関東に一大勢力を築く。
内政にも優れ、関東の民にも慕われている。

戦のない日は、釣りとかみさんを愛している。

堀田作兵衛

真田家臣。名は興重。

気は優しくて力持ち。
…若干、気が優しすぎ、臆病なきらいがある。
戦に出ることも怖がっており、気の強い妹にいつも怒られている。

しかし、真田の人々を思う気持ちは非常に強い。

子供の頃、妹と虫取りに行った思い出を今でも大切にしている。
誰よりも強い虫を捕まえるぞ!

本多忠勝

徳川家臣。稲姫の父。

生涯五十七回の合戦に参加し、
一度も傷を負わなかったとされる猛将。
「家康に過ぎたるものが二つあり。唐の頭に本多平八」と謳われ、
豊臣秀吉には「日本第一、古今独歩の勇士」と称えられた。
誇り高く厳格な性格で、あまり多くを語らず、行動で示す。
家康には絶対の忠義を尽くし、多くの危機を救った。

真田とたびたび戦う中、信之の戦ぶりに着目する。

前田慶次

天下御免の傾奇者。

前田利家の甥。はじめ織田家に仕えるが、
やがて家を飛び出し気ままな風来坊となる。

いたずら好きの剽げた人物かと思えば、
詩歌に長じ、高い教養のある風流人でもある。
そして何より、「戦国最強のいくさ人」と名高い武士である。
死地に等しい劣勢を好み、二叉矛を片手に戦場を駆け巡る。

前田利家

織田家臣。前田慶次の叔父。

若い頃から織田信長の側近として活躍。
武勇に優れ、「槍の又左」と謳われた。
北陸方面の軍団長である柴田勝家の与力となるが、
このため本能寺の変ののち、親友である羽柴秀吉と敵対する立場に
追い込まれる。苦悩の末、秀吉とにつくことを選んだ利家は、
以後秀吉政権下の重鎮として活躍する。
義理人情を重んじる人柄と数々の武功から、
加藤清正などの武断派諸将より絶大な信望を寄せられている。

松永久秀

天下の大悪党。通称弾正。

室町幕府の将軍・足利義輝を殺すなど、
やりたい放題をしていた最中、織田信長に捕縛される。
死の運命を覚悟した久秀だったが、信長に許され激怒。
己の運命を捻じ曲げた信長に報復するため、
あの手この手で信長を追い込む。
反信長連合の黒幕ではないかとささやかれている。
こう見えて茶道にも通じる風流人。
今、はまっていることは生命の神秘を追及すること。

宮本武蔵

二刀流の剣豪。

天下無双を掲げ、剣の腕を磨くことだけを目的に各地を巡り、
鍛錬を繰り返してきた。
しかし、やがて剣が人斬りの道具でしかないことに
疑問を持つようになる。
剣をもって人を活かす道はあるのか。
答えを求めて、武蔵はなお剣を振るい続ける。

剣術修行一筋の人生であったため、女性が苦手。

村松殿・壱

真田昌幸の長女。

穏やかですべてを包み込む心の広さを持つ女性。
弟の信之、幸村と仲がよく、よく相談事に乗っている。
父・昌幸に対しては、愛情をうまく表すことのできない不器用さを
微笑ましく思い、誤解が生じないよう助けることもある。
父親譲りの賢さを持ち、何事にも動じないおおらかさから、
真田を支えることに一役買っている。

年頃の女の子だから甘いものが好き。特に地元のものは大好き。

村松殿・弐

美しく成長した、幸村と信之の姉。

穏やかで優しい物腰は変わらず、
父・昌幸の考えがわからず苦悩する幸村に
助言を与えつつ見守る。
のちに真田家の重臣に嫁いだ。

真田の一族にとって、帰るべき場所の象徴のような女性。

室賀正武

武田家臣。

信濃国小県郡(現在の長野県上田市)の国衆。
室賀家は村上家に仕えた屋代家の支流で、
同じ国衆の真田家と同等以上の力を持つ。

ちなみに真田昌幸と正武は幼い頃からの知り合いらしい。

毛利勝永

豊臣家臣。大坂城五人衆。

豊臣秀吉に仕え、九州征伐ののちに豊前(現在の福岡県)に
封じられた。関ヶ原の戦いで西軍に属し、没落。
大坂の陣では徳川方の監視をだまして大坂城に入った。
天王寺口の戦いで華々しい戦功をあげる。
その活躍は「惜しいかな後世、真田を云いて毛利を云わず」と
称えられるほどだった。

非情に実直で堅物。食べ物も育てやすく栄養価の高いものが好み。

毛利元就

毛利家当主。

稀代の謀将で「謀神」と恐れられる。
ぽややんとした外見だが、策の切れ味は抜群。
その才能は息子の小早川隆景にも受け継がれている。

夢は歴史家になること。
だが彼の著作が評価されることはなく、
破られたり、燃やされたり、散々な感じになっている。

森蘭丸

織田信長の小姓。

織田家臣・森可成の子。
信長を心の底から崇拝し、絶対視している。
そのため味方には礼儀正しく、物腰穏やかだが、
敵に対しては凛々しく厳しい態度で臨む。
戦闘では身の丈ほどの長刀を自在に操り、華麗な剣術を披露する。

音楽の才にも優れ、信長が舞うときには囃子方を務める。

柳生宗矩

徳川家臣。

もとは大和の剣術家で、松永久秀や島左近とも親交があった。
諜報活動を一手に引き受け、徳川幕府の闇の部分を受け持つ。
煙に巻くような言動が多いが、腕は確か。
頭も良く、泰平のために何を成すべきか常に考えている。

本当の煙も好きな愛煙家だが、
最近は肩身の狭い思いをしているらしい。

矢沢頼綱

真田幸隆の弟。

真田と敵対していた矢沢家に養子として入り、真田と矢沢の不和解
消に一役買った。真田家にいた頃は、兄である幸隆と折り合いがつ
かず、喧嘩ばかりしていたと話すが、矢沢に養子として入った後は
兄の苦労を理解し和解をしたらしい。喧嘩の内容については若気の
至りだと言い詳しくは話したがらないが、相当仲が悪かったようで
ある。現在は、真田のために粉骨砕身尽くす気概を持っている。

勇猛な将たる頼綱も小さい花を見て心洗われることがあるそうだ。

矢沢頼幸

真田家臣。矢沢頼綱の子。

幼名は三十郎。
真田昌幸に仕え、父と共に沼田城を守った。
父譲りの武芸で昌幸と幸村を支える。

父を目標に常に努力しているため、日夜武器の強化に励んでいる。

山県昌景

武田四天王、武田二十四将の一人。
飯富虎昌の弟とされる。

義信事件により処罰された、
兄・虎昌の赤備えの部隊を引き継いだ。
赤い鎧をまとった部隊を率いる姿は
幼い幸村にとって憧れを抱くに値するものである。

山本勘助

武田信玄に仕える軍師。

牢人時代に、諸国を巡り兵法と築城の技術を極めたとされ、
その噂を聞きつけた信玄が召し抱えるに至る。
数多くの献策をし、数多くの功績を残してきたため、
他の武田家臣からの信頼も厚い。
真田幸隆とは懇意であったが、真田本城を訪れたことはないため、
息子である昌幸たちは会ったことがなかった。

横谷重氏

真田家臣。幸重の弟。

真田家の頼れる忍び。諜報活動を得意としている。
昌幸と同じ信濃の国衆である出浦昌相のことを深く尊敬しており、
諜報の腕も憧れから磨かれた。

兄に比べて若干心配性。

本人は甘党で果物を好んでいるが、幸重は辛党であるため、
お互いの好きなものんい関しては意見が合わない。

横谷幸重

真田家臣。通称左近。重氏の兄。

真田忍者の棟梁。出浦昌相に迫る実力を持つ。
兄弟そろって真田家に忠節を尽くしている。

心配性な弟に比べると、落ち着いている。

大の辛党で、あまり甘いものは好まない。
甘いものをもらっても、重氏にあげてしまうほどである。

渡辺糺

豊臣家臣。

槍の名手。槍の指南役として豊臣家に仕える。
大坂の陣では主戦強硬論を唱えた。
冬の陣では上杉景勝と戦うが逆撃を受けて逃走。
その逃げっぷりを狂歌で世に嘲笑われた。
夏の陣では、真田幸村と共に戦い、
冬の陣の汚名を雪ぐ活躍を見せた。