台詞集 > 茶屋

武将名 内容1 内容2
真田幸村(少年期) あ、いいところに! 教えてください!
どうすれば幸村はお家の役に立てるのでしょう…
みんな、懸命に働いている…。早く成長したいと
思っていましたが、大人も大変なんですね…
前田慶次 よお! あんたもどうだい?
俺に話しかけたってことは、一服してえんだろ?
山陰の くるる片野の 鷹人は…。
お、ちょうどよかった。下の句を考えてくれるかい?
織田信長 信長はここでゆるりと休んでおる…。
時代の先に駆ける好機、ぞ。クハハハハ!
うぬも一服、参れ。それとも…
刀の串団子が所望か? クハハハハ!
明智光秀 この茶屋にいると、心穏やかな気持ちになります。
誰もが皆、この空気を味わえる日はいつになるのか…
私の口に何かついていますか? あんこが?
失礼…口も拭かずに物思いにふけっていたようです
石川五右衛門 お! こいつはいいところに!
実は…腰を抜かして動けなくて…たはは…
茶屋ものどかでいいんすが、あ、華がねえ。
俺様がパーッと花火でも打ち上げましょうか?
上杉謙信 心に物なき時は、心広く体やすらかなり… どうやら酒はおいていないようだ…
お市 あ…このことは内緒にしてくださいね。
こっそり抜け出して、息抜きをしているところです
あなたもお団子を食べにきたのですか?
小豆のあんこが、ほどよい甘さでおいしいそうですよ
阿国 やあん、見つかってしもた…。
この茶屋、うちだけのお気に入りやったのに…
出雲にはこんな素敵な茶屋がぎょうさん。
今度…一緒に往きましょ?
くのいち お仕事ですか? ちょっとだけ待ってもらえます?
さっき、お団子を注文しちゃったんで。えへへ
げげ…な、怠けてないっすよ。
ここの主人が怪しいって聞いたもんで偵察中です!
雑賀孫市 ただ座ってる男に話しかけてもつまんねえだろ?
ささ、自分の仕事に戻んな!
あの子、イケてるねえ。あっちの子も可愛いな…。
ん? なんだよ、用がないならさっさと帰んな
武田信玄 最近、ここの茶菓子がお気に入りでのう。
どう? わし…ちょっと太った?
悩みや心配事を抱えていては、十分に働けないよ。
こういうとこで気晴らししてから仕事はするもんじゃ
伊達政宗 この茶屋、なかなか趣があってよい。
ずんだ餅があれば、なおよかったがな
たまには休めと周りに言われて休んでおるが…。
わしにはこの時間が、どうにも無駄に感じてならん!
濃姫 邪魔をしないでくれる?
休むときはとことん休んでいたいの…
あなたもゆっくりしていったら?
ふふ、すっごく疲れた顔をしてるわよ?
服部半蔵 しっ…。任の最中ゆえ、無駄口は叩くな 我が気を抜いているように見えるか…?
ふっ、まだまだだな…
森蘭丸 あ、そろそろ来られる頃だと思っておりました。
茶も頼んであります。一服、いかがですか?
モグモ…こ、これはご無礼をいたしました!
すぐに蘭は帰りますゆえ、ごゆるりと…
豊臣秀吉 ぐふふ…またあの可愛い娘が通らんかのう…。
ん? お、おほん! わしゃなんも言っとらんぞ!
この茶屋もいいんじゃが…派手さが足りんわ。
縁台も野点傘も全部、金ぴかにすりゃええのに…
今川義元 なんとも趣のある茶屋じゃの…。
まろの屋敷にも欲しいの…いっそ作るかの?
…こうして座って、往来の人々の脚を見ていたの!
そちはいい脚をしているの! 蹴鞠ろうの?
本多忠勝 戦の後の茶もまた格別。
どうだ、そなたも一服参らぬか?
拙者がここに座っていると、誰も寄り付かん。
寄ってきてくれたのは、そなたぐらいよ…
稲姫 あなたもちょっと休憩したらどう?
気分転換すれば、また戦に集中できると思うわ
またこの茶屋で会いましょう。だから…
次の戦でも功を立てて、必ず生きて戻ってきて
徳川家康 ここにはぬか団子は置いていないようだ。
あれは、おいしくて健康にも良いのに…
おお、そなたも一服いかがかな?
この茶屋、いい茶葉を使っておるぞ?
石田三成 町の様子を見ていた。
民の目線になって気づくことも、多々あるのだな
お、お前もこの茶屋をひいきにしているのか?
…俺だけが知る穴場だと思っていたのだが…
浅井長政 さあ、くつろぐがいい。
頑張り屋のそなたには、少し休憩が必要だぞ!
団子は好きか?
この茶屋の名物らしい…そなたもどうだ?
島左近 この茶屋はお気に入りでね。料理も娘さんも絶品さ。
ま…酒がないのが唯一の不満ちゃ不満かね
どうだい、一服しないか?
こうして往来を眺めるのも悪くないぜ?
島津義弘 ここの団子もなかなかだが…。
故郷の「あくまき」のほうがやはりうまい
どうも、のどか過ぎていかん…。
お主、バクチの道具なぞ持ってないか?
立花誾千代 今は乱世のただ中。
本当の意味で気が抜けるのは、当分先か…
この茶屋は言えば、ぼた餅も作ってくれる。
だから…その…立花のお気に入りなのだ…
直江兼続 町が義と愛で満ち溢れていくのを見ている。
日本中がこの町のようになれば…
一緒に休息せぬか?
我らは義の同志、何も遠慮することはあるまい
ねね あ、お団子、買ってあげる!
いつもガンバってるから、ご褒美だよ!
あー! お仕事を抜けてきたんでしょ?
もう、しょうがないね…黙っといてあげるよ
風魔小太郎 ここの茶を飲むと皆、ホッとするらしいぞ。
変な薬でも入っているのかな? ククク…
この風景が平穏か?
我には混沌にしか見えぬ…クク…
宮本武蔵 へえ、偉い人もこんなところに来るんだな。
ああ、民の暮らしの視察か! 見直したぜ!
脱力の鍛錬をしてたんだが、あんたが来て
固くなっちまった…。俺もまだまだ未熟だぜ…
前田利家 よう、ここの茶屋はお勧めだぜ!
何しろ、お代が安いのがいい!
おう、ひどい顔してやがんな…。
茶ぐらいおごってやっから、少しゆっくりしてけ!
長宗我部元親 たまには気を抜くことも肝要だ。
ふっ、ずっと呆けていると姫若子と罵られるがな
この茶屋の茶…凄絶!
一芸に熟達した職人の魂が感じられる…
ガラシャ ふう…たまには誰の目も気にせず…
こうしてのんびりしていたいのじゃ…
お! いいところに!
なぜ茶屋は四六時中、傘を差しておるのじゃ?
佐々木小次郎 はあ…。
ここを通る人たちを片っ端から斬れたらなー
この茶屋は不思議だね…。
座っているだけで、嫌なことを少しだけ忘れられる…
柴田勝家 ふん、わしが茶屋におるのがさほど珍しいか? ふん、わぬしにこの茶屋はまだ早いわ。
わしの身分を超えてから、来るがいい
加藤清正 皆、ここの団子の虜らしい。
…いったい何が入ってるんだ…?
この茶屋、少し傷んでいるようだな。
俺が補修してやってもいいが…
黒田官兵衛 卿も人に妬まれたくなければ…
たまには気の抜けたところを見せておくことだ
これだけ多くの人がいるのに…
人物というのは、少ないものだな
立花宗茂 こういう、こじんまりとした茶屋は好きだ。
皆の話をつまみに、愉しむことができるんでね
いいところに来てくれた。代金が足りなくてな。
貸してくれるか? …冗談だ
甲斐姫 あ! ちょうど話し相手が欲しかったの!
さ、隣に座って! ここの団子、おいしいよ!
なに? 趣ある茶屋で絵になる女発見ってやつ?
えへへ…照れちゃうな~。よし、茶おごっちゃる!
北条氏康 なかなか風流な茶屋じゃねえか。
うちのかみさんも連れてくりゃよかったぜ
おう、てめえもここに座んな。
民の生の声が聞ける。どんな書物より勉強になるぜ
竹中半兵衛 やあ、君も一緒にお茶しない?
甘い物を食べると、頭が働くようになるし!
あ、君か。この綺麗な景色を目に焼き付けてるんだ。
いつ見られなくなっても、後悔しないようにね
毛利元就 茶の歴史は意外と浅くてね。室町時代、寺社が茶を
一服一銭で売ったことが始まりとされているんだ…
私は酒をやめているせいか、甘い物が好きでね。
ここの団子はしつこくなくて、何個でもいけるよ
綾御前 ここのお茶はほどよい苦みがあっておいしいですね。
私のたてたお茶はなぜか、発光するのですが…
この町は民も兵も皆、活き活きとしていますね。
主君の愛が行き届いている証拠でしょう…
福島正則 なんかさーここの茶屋、酒ありそうなんだよなー。
俺が来たら、すぐ隠してるっぽいんだよなー…
おっ、どした? 暇なのか?
じゃあ、俺と一緒にだべろうぜ! マジで!
藤堂高虎 俺はいつも細かい銭を持ち、茶屋に立ち寄っている。
こうして民の暮らしを見るのも、武士の務めだからな
お、お前か…いきなり話しかけるから驚いた。
断じて食い逃げしようとしているわけではない…
井伊直虎 はうう…こんな大きな体で茶屋に座って…。
皆さんにジロジロ見られて…恥ずかしい…
あ、あの…よかったら一緒にお茶をしませんか?
私の隣、空いてますよ。少し狭いですけど…
柳生宗矩 こうして民と交わり、
彼らの考えを知ることも政と存ずる
いかに抜かずに勝つか、いかに斬られないか…。
活人剣の道、いまだ半ばでござる
真田信之 この茶屋も生き残るために必死に商売をしている。
どの世界でも、家を守るということは大変なのだな
戦が終わった後は、この茶屋で休むと決めている。
ふっ、私もこう見えて、意外に頑固なのでな
大谷吉継 俺が茶を飲むところは見ないほうがいいぞ。
布の下の顔を見たら最後、三年後に…ふっ、冗談だ
…もの欲しそうな顔をしているな。
仕方のない奴だ…団子でいいか?
松永久秀 ま、少し休んで甘い菓子でも食べたらどうだ?
明日、お主の運命は終わるかもしれんぞ? フフ…
趣のあるよい茶屋よのう~。
火薬を詰めて爆発させれば、さぞかし綺麗な…
片倉小十郎 相変わらず呆けた顔をしていらっしゃいますね。
疲れているのであれば、ここで休まれては?
ご無礼ながら、ブラブラしていてよろしいのですか?
あなたにはやることがいっぱいあったはずですが
上杉景勝 …お団子、うまし …共に休まぬか?
小早川隆景 茶屋には一人、座敷には二人住んでいます。
では、野点傘には何人住んでいるでしょうか?
隣国の者にあなたの国に茶屋を作りたいと言われても
作らせてはなりませんよ。拠点を作る口実ですから
小少将 あなたも座って少し休んだらどう?
また明日から過酷な現実が待ち構えてるんだから
なに? あたしに癒されたいの?
仕方ないわね…ぼーっとしてないで隣に座って♡
島津豊久 あ…ぼーっとしててすみません。
俺の死に場所はどこかなって、考えてたんです
あ、次の戦でもよろしくお願いします!
殿軍はこの豊久に任せてください!
早川殿 一緒にお茶でもどう?
あなたとなら、愉しい時間を過ごせそう
意外だって思わないでほしいな…。
私だって、こういうところでお団子を食べたいの
(II)井伊直政 茶屋にいると、心が安らぎ、警戒心も薄れる。
…外交交渉にも使えるかもしれないな
お前…他にやることはないのか?
ダメだ、ダメすぎる…
(S)真田昌幸(青年期) この茶屋は実に静かでよい。
策を練るには絶好の場所である
お前のことは当てにしている…。
私の策はお前のような者がいてこそ成る
(S)真田昌幸(壮年期) 町の景色や民の営みを眺めることは、素晴らしい。
…素晴らしいが、実に退屈であるな
なんだ? 今は策の思案中である。
邪魔をすると、下駄を投げつけるぞ
(S)茶々 そんなところに突っ立っていては往来の邪魔です。
…私の隣に早く座りなさい
…なんですか?
私はたまたまここで団子を食べていただけです
(S)佐助 いいんすか、こんなゴチャついたとこにいて。
オレ非番ですから、護衛とかしませんよ?
こりゃ、どーも。
見たところ敵の間者はいないみたいですよ?
(S)武田勝頼 疲れていないか? 傷ついていないか?
お前に死なれては、私は悲しいからな
父上が太陽なら、私はおぼろ月のようなものだ。
すまぬ…つまらぬ愚痴を聞かせてしまったな
(S)徳川秀忠 父上は昔、食い逃げして主に追いかけられたそうだ。
…安心しろ、私はそんな真似はしない
暇潰しに天下のことでも語ってみるか?
のどかな茶屋がざわめくことになろうがな
  • クリア前は、シナリオにより茶屋に呼べる武将は異なる。
  • 真田幸村(壮年期)・真田信之(少年期)・茶々(幼年期)・村松殿固有武将らは茶屋に呼ぶことが出来ない。