天王寺口の戦い

天王寺口の戦い


あらすじ

突破口を開いた真田幸村は、仲間たちに
茶々と大坂城の守りを託し、徳川本陣へ向けて突撃する

その覚悟を受け止めるべく、徳川譜代の家臣、
そして二代将軍・徳川秀忠が立ちはだかる

徳川秀忠
「来るか、幸村」

真田幸村
「真田左衛門佐幸村、推参!」

両軍は天王寺口で激突。
戦国最後の戦が始まる――

ステージ情報

基本情報

冒頭解説 幕府軍の包囲を突破した幸村。
戦国最後の戦場で幸村の十文字槍が乱舞する
出現条件 茶臼山突破戦をクリア
操作可能武将 真田幸村
難易度 ★★★★★★★★★★
開始時刻
制限時間 16時間
勝利条件 徳川秀忠 の撃破
敗北条件 真田幸村 の敗走

戦評

判定基準 S判定
クリア時間 12'00"00
撃破数 1000
武将撃破数 19
被ダメージ 20%

武将データ

豊臣軍 備考 幕府軍 獲得 備考
真田幸村 総大将 徳川秀忠 装飾 総大将
イベントで一時撤退
手柄No.2の撃破対象
くのいち 選択禁止
手柄No.1の効果対象
加藤嘉明 装飾 ミッションNo.1の撃破対象
高梨内記 イベントで討死 本多忠朝 巻物 ミッションNo.1の撃破対象
撃破後、討死
安藤直次 金銭 ミッションNo.1の撃破対象
徳川義直 装飾 ミッションNo.2の撃破対象
榊原康勝 金銭
小笠原秀政 巻物 ミッションNo.2の撃破対象
撃破後、討死
今村伝四郎 装飾
都筑為政 金銭
成瀬正武 金銭
一柳直盛 金銭 増援1
徳永昌重 金銭
藤堂高虎 装飾 伏兵
ミッションNo.3の撃破対象
浅野長重 巻物
井伊直孝 装飾
細川忠興 装飾 増援2
ミッションNo.4の撃破対象
黒田長政 装飾
酒井家次 装飾
内藤忠興 巻物
仙石忠政 金銭
立花宗茂 装飾 増援3
ミッションNo.5の撃破対象
伊達政宗 装飾
片倉重長 装飾
松平忠輝 装飾
溝口直勝 金銭
桑山元晴 装飾
柳生宗矩 装飾 増援4
ミッションNo.6の撃破対象
松平忠直 装飾
水野勝成 装飾 増援5
次の一手No.4の効果対象
松倉重政 巻物
前田利常 装飾
片桐且元 装飾
秋田実季 金銭

戦局展開・イベント

  1. 開始直後、ミッションNo.1が発生。
  2. ミッションNo.1達成後、西砦北門が開門。
    敵増援1が後方に出現。くのいちが敵増援1へ進軍開始。
    次の一手No.1が発動可能。
    1. 次の一手No.1発動後、くのいちが真田幸村の言葉を受け奮起。くのいちの防御力が上昇。
  3. 徳川義直らに接近後、ミッションNo.2が発生。
  4. ミッションNo.2発生後、高梨内記が敵鉄砲隊の攻撃により負傷。高梨内記が撤退開始。
    次の一手No.2が発動可能。
    1. 次の一手No.2発動後、真田幸村が高梨内記に渡された丸薬を使用。体力が回復し、攻撃力も一時的に上昇。
  5. 高梨内記が撤退地点に到達後、高梨内記が伏兵の藤堂高虎らを発見。伏兵の足止めを開始。
    高梨内記が藤堂高虎の攻撃を受け討死。ミッションNo.3が発生。
  6. ミッションNo.2およびNo.3達成後、敵増援2の黒田長政らが出現。敵増援2が真田幸村へ進軍開始。ミッションNo.4が発生。
  7. ミッションNo.4発生後、次の一手No.3が発動可能。
    1. 次の一手No.3発動後、幕府軍が真田幸村の一喝に動揺。敵陣士気が一時的に一部低下。
  8. ミッションNo.4達成後、敵増援3の伊達政宗らが出現。敵増援3が真田幸村へ進軍開始。ミッションNo.5が発生。
  9. ミッションNo.5達成後、徳川本陣西門が開門。
  10. 徳川本陣に侵入後、徳川秀忠が一時撤退。敵増援4の松平忠直と柳生宗矩が出現。ミッションNo.6が発生。
  11. ミッションNo.6発生後、敵増援5の水野勝成らが後方に出現。敵増援5が真田幸村へ進軍開始。
    次の一手No.4が発動可能。
    1. 次の一手No.4発動後、松平忠直が真田幸村の挑発に乗り敵増援に目的変更を指示。
      敵増援5が徳川秀忠護衛のため岡山へ進軍開始。
  12. ミッションNo.6達成後、徳川本陣南門が開門。徳川秀忠が再出現。

ミッション・次の一手・手柄

ミッション

番号 名称 内容 備考
No.1 最後の砦 最後の を突破せよ! 撃破対象は加藤嘉明、本多忠朝、安藤直次の3人
No.2 包囲突破 徳川本陣 に進軍するため
武将を撃破せよ!
撃破対象は徳川義直、榊原康勝、小笠原秀政の3人
No.3 仇討ち 高梨内記 の仇を討つため
藤堂高虎 らを撃破せよ!
撃破対象は藤堂高虎、浅野長重、井伊直孝の3人
No.4 本番はこれから 徳川本陣 に進軍するため
武将を撃破せよ!
撃破対象は細川忠興、黒田長政、酒井家次、
内藤忠興、仙石忠政の5人
No.5 天下無双 徳川本陣 に進軍するため
さらに 武将を撃破せよ!
撃破対象は立花宗茂、伊達政宗、片倉重長、
松平忠輝、溝口直勝、桑山元晴の6人
No.6 槍と剣 松平忠直柳生宗矩 を撃破せよ!
☆はボーナスミッション

次の一手

番号 名称 内容 効果 備考
No.1 真田幸村くのいち を鼓舞 真田幸村くのいち を鼓舞し
くのいち を奮起させる
くのいち真田幸村 の言葉を受け奮起!
防御力上昇!
No.2 操作武将 の体力回復 高梨内記 から 丸薬 を受け取り
操作武将 の体力を回復させる
真田幸村高梨内記 に渡された丸薬を使用!
体力回復! 攻撃力も一時的に上昇!
効果に時間制限あり。
No.3 真田幸村 軍を一喝 真田幸村 軍を一喝する 幕府軍真田幸村 の一喝に動揺!
敵陣士気 、一時的に低下!
効果に時間制限あり。
No.4 松平忠直 を挑発 松平忠直 を挑発する 松平忠直真田幸村 の挑発に乗り
増援に目的変更を指示!

手柄

番号 名称・条件 備考
No.1 兵を1000人以上を撃破
No.2 徳川秀忠 を無双奥義で撃破
No.3 すべての 武将を撃破

推奨秘薬

名称 備考
剛力の丸薬系 強化エリア内での戦いが前提となるため、敵を速やかに倒す秘薬が必要。
秘薬は使い切る覚悟が必要となる死闘である。

特別会話

相互

なし。

個別

使用武将 対象武将 内容
話者 発言
真田幸村 加藤嘉明 加藤嘉明 己が責務を全うし、忠義を貫く…。
まことの勇士と槍を合わせられるは僥倖!
真田幸村 賤ヶ岳七本槍の勇士に
称賛を受けるとは面映ゆい、いざ、勝負!
細川忠興 細川忠興 豊臣の恩は忘れておらぬ。
されど、お家を守るためには…!
真田幸村 なれば迷いなく進まれるがよい。
全力でお相手いたす!
黒田長政 黒田長政 乱世の火種は、ここで潰す!
真田幸村 借り物の言葉と志では、
我が身に届きませぬぞ
酒井家次 酒井家次 おのれ、真田…!
上田での恨み、忘れてはおらぬぞ!
真田幸村 それも武門の定め。
こたびも討ち払わせていただく!
伊達政宗 伊達政宗 その勇姿は竜の目にしかと焼き付けられた!
安心して、散れい! 戦国最後の武士よ!
真田幸村 ありがたきお言葉なれど……。
我が望みは勝利のみにて!
片倉重長 片倉重長 お身内があれば引き受けよう。
悔いのない勝負をされよ
真田幸村 かたじけないお言葉、されば全力で!
松平忠輝 松平忠輝 舅殿をさんざん痛めつけた真田の鬼か!
わしが退治してくれようぞ!
真田幸村 遊び気分でおられるようだ。
政宗殿に代わり、灸を据えて差し上げよう!
松平忠直 松平忠直 真田など恐るるに足らず!
秀忠公にそう教えて差し上げるのだ!
真田幸村 武士であれば、まず行いで示してみなされ
柳生宗矩 柳生宗矩 激戦かァ…活人剣の出番だねェ
真田幸村 人を活かす剣…。
本当にあるのなら知りたいものです
徳川秀忠 徳川秀忠 父上の元へは行かせんぞ、幸村
真田幸村 …こたびは、邪魔はさせませぬ
徳川秀忠
(体力50%)
真田幸村 これほどの使い手とは。
正直、侮っておりました。ご無礼お許しあれ
徳川秀忠 世辞はいらん。さばくのが精一杯よ。
だが、私にも負けてやれぬ理由がある…!
真田幸村 それは私も同じこと。
ここは断じて譲れませぬ!
徳川秀忠
(体力25%)
徳川秀忠 私や父上を討ったところで徳川は倒れぬ!
お主もそのことはわかっていよう!
徳川秀忠 お主のやろうとしていることは、
ただ乱世を再び…
真田幸村 それでもなお!
私には果たさねばならぬ約束があります!

特殊

使用武将 発生条件等 内容
話者 発言
任意 次の一手No.1を発動 くのいち 無粋な連中ですねえ。
あっしにお任せを!
真田幸村 そなたの技についてこられる者はおるまい。
蹴散らしてやるといい
くのいち はい、幸村様! なんたってあたしは
幸村様の一番の忍びですから!
次の一手No.2を発動 高梨内記 幸村様、こちらをお持ちください!
一時退くわしには必要ありませぬゆえ
真田幸村 おお…
内記の丸薬はことのほか効くな
次の一手No.3を発動 真田幸村 幕府の面々よ、我が首が欲しくば、
相応の覚悟を持って挑まれよ!
黒田長政 ええい、臆するでない!
次の一手No.4を発動 真田幸村 雪辱を掲げながら援軍頼みとは…。
それほどこの幸村が恐ろしいのですか
松平忠直 ほざけ! 貴様ごときわし一人で十分よ!
勝成らは秀忠公をお守りしろ!
水野勝成 忠直様のお覚悟わかり申した…。
我らは秀忠公の元に向かうぞ!

攻略アドバイス

長きに亘る本作の戦いも、いよいよグランドフィナーレ。
幸村生涯最後の戦いにして、戦国最後の戦いである。
左右を固めるのは、父の最初の忠臣と、自身の最初の忠臣という絵になる構図である。

一方、幕府軍も意気軒昂であり、夜明けと同時に戦場全体が真っ赤に染まるという、
死地その物が舞台である。
次の一手No.3は必ず発動させ、敵の士気を僅かでも無力化させること。
この時間内に一人でも多くの敵将を撃破しないと、秀忠の元に辿り着けるかどうかさえ怪しくなる。
制限時間的にも決して余裕があるとは言い難いため、準備は万全に。


無双演武(真田丸)・第十六章「夏草」一覧

主戦場
道明寺の戦い 茶臼山突破戦 天王寺口の戦い