技能(真田丸)


概要

『真田丸』における技能は、装備品基準となっている。
個人毎に修得する方式であった『4-II』より、武器に付属していた通常版に比較的近い方式と言える。
また、新たに装飾品の概念が登場したため、全無双武将間で技能の共有を行うことが可能となり、
ゲーム全体の成長計画を立てやすくなった。

一方、『4-II』及び『Empires』では付加能力として扱われた各種能力が、武器技能と改名して復帰・統合。
同時に、各種技能の対応先となる装備が再編されることとなった。
さらに、『4-II』の軍馬の特殊能力も軍馬技能と改名し、こちらも復帰することとなった。

概ね、攻撃に関係する技能・能力が武器技能となり、防御や補助に関する技能・能力が装飾品技能となる。
名称や効果は従来とあまり変わらないが、技能枠の問題が新たに出てきたことには留意しなけらばならない。


一覧表

武器技能

名称 効果 備考
攻撃強化 自身の攻撃力が上昇 初期状態で+20、以降は+2or+3上昇。
累計で+250上昇する。
かなり効果が大きいので、鍛冶屋が使用可能になったら序盤から必ず付加しておきたい。
必要な素材は砂鉄のみで、コストも最も安い。
攻撃範囲 武器の攻撃範囲が上昇 殲滅力アップに加え、敵の横槍も防ぎやすい。
閃光と相性が悪い武将はこちらを採用したい。
衝撃波等の間接攻撃のほか、神速攻撃にも効果が無い模様。
攻撃速度 攻撃速度が上昇 最大強化時で速度が50%程度上昇。
DPS向上に加え、無双極意の段位の仕様上も有効な技能。
数値を上げすぎて制御困難にならないように注意したい。
間接攻撃 矢や銃、衝撃波による攻撃力が上昇 最大強化でダメージ約50%アップ。
武将毎の相性差が大きく、飛び道具主体の武将には標準装備させたい。
無双奥義、皆伝は衝撃波のものがけっこう多いので、奥義主体で行くなら神撃とセットで。
紅蓮 敵を炎で包みダメージを与え続ける 属性武器技能。
詳しくは属性の頁を参照。
閃光 周囲を放電し広範囲の敵にダメージを与える
凍牙 敵を一定時間凍り付かせ動きを止める
烈空 敵のガードを無視してダメージを与える
金剛 敵を気絶させ追加ダメージを与える
修羅 一定の確率で敵兵(武将以外)を一撃で倒す
勇猛 敵武将に与えるダメージが増加 最大強化でダメージ約70%アップという強力な技能。
雑兵相手の火力はもともと必要性が低く、武将相手の火力こそ重要なため、優先すべき技能といえる。
神撃 無双奥義の威力が上昇 最大強化でダメージ約50%アップ。
しかし武将によってはあまり威力が伸びない場合もあるので事前の仮組を推奨したい。
騎乗無双を軸にする場合や、無双ゲージを回収可能な特殊技を持つ武将に有効で、
奥義の性質によっては、間接攻撃や破天との相乗効果も期待できる。
破天 空中に浮かせた敵に与えるダメージが増加 最大強化でダメージ約50%アップ。
相手を浮かせやすい騎乗無双や無双奥義の威力向上のほか、
空中判定で威力の低下しやすい閃光属性のフォローに向く。
心眼 殺陣が発動しやすくなる 敵武将の体力が半分程度でも即死効果の殺陣が発動するようになる。
金剛属性との相乗効果が有効。
明鏡 無双極意の効果時間が長くなる 時間ゲージが消費し始めるまでの時間が長くなる。
最大強化時で効果時間が通常約12秒のところ約24秒まで延長される。
段位レベルが上がると無効になるので、なるべく練技ゲージが最大の時に使いたい。
無双極意の仕様の変更により、使い勝手が大幅に上昇したと言える。
無双極意が重要となる高難易度ほど有意義な技能。
真髄 無双極意中の攻撃の威力が上昇 最大強化でダメージ約50%アップ。皆伝のダメージもアップ。
明鏡ほど劇的な効果ではないが、無双極意主体で行くのであればやはり必須。
これがあれば段位レベル1からでも積極的に無双極意を活用していけるほか、
難易度「地獄」終盤シナリオでは無双極意が主体になるのでこれの有無は大きい。
鍛工に必要な素材を入手しづらいのが難点。いっそよろず屋で購入してしまうのも手。
迅閃 神速攻撃の威力が上昇 神速攻撃を主力にするならば当然ながら必須技能。
ただし、本作でも武将の弾き返し無効の効果は無く、
敵強化エリアでは無双極意と併用しないと雑兵相手にもほとんど役に立たない。
神速攻撃は、不利でない状況で雑兵相手に効果を発揮するものであるので、
優先度はあまり高いとは言いがたいが、迅速に撃破数を稼ぎたい場面では有効。
迅閃と神髄をつけた極意神速は爽快感も実用性も高い。
  • 武器技能の上限値は一律99であり、4-IIの仕様を踏襲している。

重要な武器技能

基本的に、攻撃強化・攻撃速度・修羅・勇猛はどの武将でも外れの無い、四強状態となっている。
攻撃強化・修羅・勇猛は特に高難度向けだが、勿論低~中難度でも有効である。
修羅に関しては、敵に対して自キャラが十分に強い場合は、烈空、金剛の方が火力が上回る場合があるが、
難易度「地獄」の終盤シナリオではレベル99であっても修羅の方が圧倒的に強い。
攻撃速度は特に攻撃の振りが遅い武将には必須。
今作の無双極意の仕様上、段位上昇には限られた時間内での手数が肝心なので、速度上昇は有効。
元の攻撃速度がかなり速い武将 (典型例が藤堂高虎や立花誾千代)の場合は、入れなくても構わない。
間接攻撃や閃光属性は武将ごとにかなりの相性差があるため、武将の特徴を踏まえて付加したい。

一方、考えなければならないのは、武器技能関係の持つ分布の偏りである。
上記の四強技能に加え、他の技能にも破天・明鏡・迅閃など、武器技能には重要な技能がかなり多い。
これは、以前の付加能力時代に比べると、相対的に効果の薄い技能が装飾品技能に移籍し、
他の重要技能が武器技能の側に移籍してきたからである。
武器の最大技能スロット数自体は8と据置なので、武器技能の取捨選択はかなり厳しくなっていると言わざるを得ない。

四強以下の取捨選択に当たっては、実際にダメージソースとなる攻撃を伸ばすのが基本。
たとえば難易度「地獄」では騎乗攻撃で錬技ゲージをためて無双極意で一掃するのが安定する戦法の一つであるので、
ダメージソースである無双極意での攻撃を伸ばすために明鏡や神髄を入れるか、
騎乗無双を強化するために神撃や破天、紅蓮を入れるといったことが考えられる。
地上での無双奥義メインなら神撃・破天・間接攻撃のセットも有効。
ただ、神撃は伸びが今一つなので、代わりに金剛や烈空を付けたほうが火力が出る場合が多い。
属性は、修羅にくわえてもう一つ付加するならば、修羅との相乗効果で威力が激増する金剛や、
高難易度でも安定して高い火力を出せる紅蓮が強い。
安定性をとるなら金剛のほかに閃光も優秀だが、火力面で大きく劣るので破天でのフォローが必須。
烈空は修羅との相乗効果こそないものの、金剛と同様に威力100%程度の追加ダメージがあるので、
確率発動である点を加味しても、火力アップの期待値は勇猛にそう劣らない。
凍牙は強力な属性だが、地獄のオーラ付きには発動率が低いのが難点。

仮組みの重要性

本作の武器技能は選択が完全に自由化されており、その意味では歴代のシリーズの中でも最も武器強化の仕様が優秀である。
反面、本作では素材の概念が導入されているため、そう簡単に技能Lvを上限に到達させたり、
再調整を行ったりすることは出来なくなっている。

このため、一度武器のグレードをAまで上げ切ったら、必要な武器技能を1だけ鍛工しておく「(技能の)仮組み」を推奨したい。
技能の解体後、用いた素材はある程度還元されるが、全額分が回収されるわけではないため無駄は可能な限り無くすようにしたい。
勿論、技能の並びが綺麗な方が望ましいであろうし、そのことを気にするユーザーも少なくないと思われる。

装飾品技能

名称 効果 備考
体力 自身の体力が上昇
防御 敵から受けるダメージが減少
敏捷 移動速度が上昇
馬術 騎乗時の攻撃力や防御力が上昇
無双増加 無双ゲージの増加量が上昇
練技増加 練技ゲージの増加量が上昇
良いことが起こりやすくなる
不動 敵の攻撃を受けたとき、のけぞりにくくなる
堅忍 敵武将から受けるダメージを軽減
背水 瀕死時に攻撃力と防御力が増加
不抜 瀕死時に練技ゲージが徐々に回復
飛燕 影技発動時、一定確率で練技ゲージを消費しない
撃進 武将撃破時、一定確率で移動速度が上昇
戦巧 敵撃破時の勲功が上昇 4-IIの物を踏襲しており、敵撃破時に巻物がドロップする。
ドロップは自動回収される。
奇利 素材を多く入手することがある 金属・水晶系の素材のドロップ率が上昇。
奪取 良い装飾品を得やすくなる
滅流 敵の属性攻撃を軽減
再臨 体力が尽きたとき、一度だけ体力が一定量で復活
千金 敵撃破時に金が出やすくなる 4-IIの物を踏襲しており、敵撃破時に砂金がドロップする。
ドロップは自動回収される。
熟練 武器の練度が上がりやすくなる 通常版の「百錬」とほぼ同一。
破竹 移動中、徐々に練技ゲージが回復
快進 移動中、徐々に無双ゲージが回復
覚醒 練技ゲージ最大時に無双ゲージが徐々に回復
騎神 騎乗中に、徐々に練技ゲージが回復
騎皇 騎乗中に、徐々に無双ゲージが回復
薬活 体力回復時の回復量が増加 回復量はLv20で+70と4-IIと同等。
最重要のレア装飾品に付属するため、自然に恩恵を受ける部類。

軍馬技能

名称 効果 備考
神馬 弾き飛ばしたときに
属性効果が発動する
武器属性が発動する。
武器属性が無い場合、紅蓮属性が発動する。
不落 銃弾を受けても落馬しなくなる
疾駆 一定時間移動したとき、
さらに速度が上昇
速度50でも効果有り。


技能/技能(4-II)/技能(真田丸)・付加能力対応表

通常版 4-II 真田丸 備考
猛攻 猛攻 剛力の丸薬系 4-IIでは名称と内容を分割・真田丸では秘薬に
攻撃(技能・付加能力) 攻撃強化(武器技能)
なし 攻撃速度(付加能力) 攻撃速度(武器技能) 4-II新付加能力
風撃 攻撃範囲(付加能力) 攻撃範囲(武器技能) 4-IIでは名称変更
なし 霊妙 属性付与の丸薬系 4-II新技能・真田丸では秘薬に
勇猛 勇猛 勇猛
波撃 間接攻撃(付加能力) 間接攻撃(武器技能) 4-IIでは名称変更
神撃 神撃 神撃
破天 破天 破天
迅閃 迅閃 迅閃 4-IIでは内容変更
なし 心眼 心眼 4-II新技能
明鏡 明鏡 明鏡
真髄 真髄 真髄
怒髪 無双増加(付加能力) 無双増加(武器技能) 4-IIでは名称変更
なし 練技増加(付加能力) 練技増加(武器技能) 4-II新付加能力
なし 体力(付加能力) 体力(装飾品技能) 4-II新付加能力
堅守 堅守 無敵の丸薬系 4-IIでは名称と内容を分割・真田丸では秘薬に
防御(技能・付加能力) 防御(装飾品技能)
なし 鼓舞 慈愛の丸薬系 4-II新技能・真田丸では秘薬に
不動 不動 不動
滅流 滅流 滅流
波断 なし なし 削除
堅忍 堅忍 堅忍
背水 背水 背水
不抜 不抜 不抜
闘志 なし なし 削除
闘魂 なし なし 削除・Empires以降は標準装備扱いに
再臨 再臨 再臨
俊敏 俊敏 敏捷の丸薬 4-IIでは名称と内容を分割・真田丸では秘薬に
敏捷(技能・付加能力) 敏捷(装飾品技能)
なし 飛燕 飛燕 4-II新技能
なし 撃進 撃進 4-II新技能
なし 秘伝 練技の丸薬系 4-II新技能・真田丸では秘薬に
破竹 破竹 破竹 4-IIでは内容変更
快進 快進 快進 4-IIでは内容変更
覚醒 覚醒 覚醒
紅蓮 紅蓮(付加能力) 紅蓮(武器技能) 4-IIでは付加能力に変更・真田丸では武器技能に
閃光 閃光(付加能力) 閃光(武器技能)
凍牙 凍牙(付加能力) 凍牙(武器技能)
烈空 烈空(付加能力) 烈空(武器技能)
金剛 金剛(付加能力) 金剛(武器技能)
修羅 修羅(付加能力) 修羅(武器技能)
騎戦 馬術(技能・付加能力) 馬術(装飾品技能) 4-IIでは名称変更
練騎 なし なし 削除
薬活 薬活 薬活
目利 目利 なし
真眼 真眼 なし 4-IIでは内容変更
収集 収集 なし 4-IIでは内容変更
百錬 なし なし 削除
なし なし 奇利 真田丸新技能(内容自体は収集に近い)
なし なし 奪取 真田丸新技能(内容自体は真眼に近い)
なし なし 熟練 真田丸新技能(内容自体は百錬に近い)
なし 運(付加能力) 運(装飾品技能) 新付加能力・真田丸では装飾品技能に
なし 戦巧 戦巧・武勲薬系 4-II新技能・真田丸では秘薬版も
なし 千金 千金・砂金薬系 4-II新技能・真田丸では秘薬版も
なし 騎皇 騎皇 4-II新技能
騎神 騎神 騎神
霊験 なし なし 削除
克己 なし なし 削除(4-IIでは覚醒技能が限界突破機能を代替)・真田丸では道場の特別稽古に
  • 通常版と4-II、及び真田丸との間の技能・付加能力の対応表。


コメント欄

  • この掲示板はツリー方式です。レスをする時は、レスをしたい記事の先頭をクリックして選択してから書き込んで下さい。
    それをしないとツリー表示されず、新規投稿になってしまいます。
    他の人が不快になる様な投稿は控えましょう。
    質問は質問掲示板で行いましょう。


  • test. - 管理人 2016-11-25 09:17:35
  • 武器強化に必要な素材数、26以上で2倍、51以上で4倍、76以上で4倍になるね。 - 名無しさん 2016-12-16 17:13:09
    • ミス、51以上で3倍 - 名無しさん 2016-12-16 17:14:26
  • 修羅99にいるめずらしい黒雲母が多く稼げる探索地が無いなあと思ったら、いらない花と幾らでも交換してくれる茶々様が・・・絆万歳w - 名無しさん 2016-12-18 14:54:30
    • まっすぐな枝交換で砂金と同額ですね - 名無しさん 2017-09-13 22:05:35
  • 利家のゴール品って... - 名無しさん 2017-10-19 21:43:22
  • スイッチ版で各技能の効果を検証しているんだが、それぞれ最大時で、攻撃速度が45-50%アップ、勇猛が約70%アップ、破天が約50%アップ、神髄が約50%アップ、神撃が約25%アップ(?)という概算。 - 名無しさん (2019-06-08 15:00:22)
名前: