武田勝頼


基本情報

名前 武田勝頼(たけだかつより)
二つ名 心優しき武田の御曹司
アクションタイプ チャージ攻撃タイプ
使用条件(通常版) なし
(II)使用条件(4-II) なし
(S)使用条件(真田丸) 第二章:「三増峠の戦い(真田丸)」をクリア
推奨メイン対象 武田信玄真田昌幸(青年期)
推奨パートナー対象 武田信玄真田昌幸(青年期)
声優 岡本寛志
無双奥義文字
秘奥義・皆伝文字
公式動画 なし

(E)Empires追加要素

生没年 1546-1582
采配 7
智謀 6
政治 5
政略 全軍徴兵 偃月の陣
戦場策 騎馬隊突撃・弐
  • Empiresの時点では特定武将であり、厳密には追加要素ではない。


紹介

武田信玄の四男。兄・義信の死後、跡取りとなる。
真田昌幸とは君臣を超えた間柄で、互いに深い信頼を寄せている。
繊細で心優しい貴公子だが、臆病ではなく、戦では鬼神のごとき働きを見せる。
信玄の急死で家督を継いだ後、武田の名誉を守らんと思い詰めるようになる。

攻撃方法

武器
通常攻撃 長物の部類なのでリーチは長いが、突きが多く範囲に欠けることも。
N1~3: 薙ぎ払い→突き→柄殴り。リーチは長い。
N4~7: 柄で突き上げ→斬り下ろしを繰り返す。
N8: 槍で袈裟斬り。
チャージ攻撃 やはり長さに優れるが、範囲に欠ける面も。意外に空中戦向き。
C2: 柄で相手を打ち上げる。
C2-2: 浮いた敵の落下際に乱れ突き。
C2-3: 柄で一撃を加え、吹っ飛んだ敵へ更に槍で突撃。
C3: 小さく薙ぎ払う。気絶効果。
C3-2: 槍で足払い。ガード崩し。
C3-3: 足元を突いて地震を起こす。
ダウン追撃可能だが発生が遅く、武将にはほぼ確実に受け身を取られる。
C4: 少し溜めて槍を大きく振るう。
溜めと同時に衝撃波が出る。
C4-2: 多く溜めて攻撃。ガード崩し。
C4-3: 更に溜めて攻撃。ガード不能。
C5: ガード不能の強い打ち上げ。
C5-2: 地上から対空連続突き。
C5-3: 自身も飛び上がり、打ち上げた敵を地面に槍で叩き付けて追撃。
叩き付ける時に鎌鼬が発生し、広範囲を巻き込む。
神速攻撃 攻撃速度に秀でるが、突き故の範囲の狭さも目立つ。
S1~3: 突きながら突撃。
S4~5: 同上。
S6: 槍を周囲に振り回す。
神速強攻撃 特徴のある動きは無く、使いやすい部類。
SS2: 槍で唐竹割り。
SS3: 槍の柄を両手で構え、前方に押し出す。
SS4: SS2と同じ。
SS5: SS3と同じ。
SS6: 槍を頭上で大回転させた後、最後の一撃。従来のC1に近い。
ジャンプ攻撃 下方を薙ぎ払う。
ジャンプチャージ 槍で地面を突く。
騎乗攻撃 性能はそこそこ。R4からは使いづらい。
R1~3: 右側で槍を振るう。範囲は広い。
R4~7: 右側に槍を振り下ろす。範囲が狭い上に動作も遅め。
R8: 同上。
RC2: 石突で打ち上げ。
RC3: 強く振るう。気絶効果あり。
RC4: 強く薙ぎ払う。範囲に秀でるため、これが主軸となる。
無双奥義 無双奥義(前半): 突き→回転斬りを繰り返し前進。
突きの範囲は見た目よりもかなり横に広く、回転斬りが当たった相手には大体当たる。
無双奥義(後半): 空中から閃光属性の槍を投擲する。単発だが大威力。
無双秘奥義: 前半の連撃時間が延長。紅蓮属性も付加。
無双奥義・皆伝: 全力の突きで前方に衝撃波を放つ。
特殊技 名乗りによる無双回復+弾き飛ばしオーラの発生。
本多忠勝の特殊技と同じであり、敵集団で放つと一気に回復可能。
オーラは神速攻撃を弾けるため、武将戦での防御性能もある。
影技 槍を構えて突進。
殺陣 二連撃。
無双極意 固有属性は紅蓮。

武将解説・性能考察

武将解説

甲斐の戦国大名・武田信玄の四男。母は信玄の最愛の女性と言われる諏訪御寮人(諏訪姫)。
本来は信玄の後継者は嫡子・義信である筈だったが、親今川派の彼が義信事件で横死したため家督を継ぐ。

武勇は父をも凌ぐと言われたが、長篠の戦いで織田・徳川の連合軍に大敗。
多くの重臣を失ったほか、外交的失策や内外の孤立もあって武田家を窮地に陥れてしまう。
結局、衰運の武田家を回復させるには至らず、織田家の甲州征伐軍に敗れ、天目山の地で自刃。
ここに、名門・甲斐武田家は滅亡した。


「人が死んで悲しいのは当たり前だ」


通常版の時点で既に特定武将として存在感を示していた勝頼だが、
『真田丸』では武田家の後継者として、前半戦主人公・真田昌幸の友人として無双武将に昇格。
優しい彼が発した何気ない発言が、友の、そして本作全体の流れを大きく規定していくこととなる。

具足や得物の槍は特定武将時代の物をブラッシュアップした物なので、ベテランユーザーは違和感なくプレイできるだろう。
とは言え、無双武将としては独自のアクションを持たない不完全なものであるのも事実。
今後の修正が期待される所である。

性能考察

性能に関しては一般武将も用いる汎用槍その物なので、新武将(槍)の頁を参照のこと。
本作では無双極意の修正があったため、相対的に無双奥義と、ゲージ回収の特殊技の重要性が上がっているとは言える。


武器データ

基本性能

武器名 攻撃力 備考
菊池千本槍 15~35
御手杵 258(44) 紅蓮82 閃光75 攻撃強化84 攻撃範囲86 勇猛87 破天78 心眼76 真髄81
破天こそあるが、閃光は槍には向かない上、心眼と矛盾している。
攻撃速度が無いのも厳しい。
人間無骨 265(44) 烈空87 凍牙80 攻撃強化87 攻撃範囲90 攻撃速度88 神撃85 明鏡89 迅閃84
神撃を活かし、特殊技で無双ゲージを積極的に回収する戦い方に向く。

名称等の説明・故事来歴

  • 菊池千本槍
南北朝時代に菊池氏が考案したとされる槍の様式。
または菊池氏及び九州武士の勇猛さ、武士の精神を表す言葉から。

  • 御手杵
天下三槍の1つに数えられる名槍・御手杵(オテキネ)から。
御手杵は下総国の戦国大名・結城晴朝が作らせた槍で、養子として迎えた家康の子・結城秀康の得物として名高い。
残念ながら本物は東京大空襲で消失してしまったが、全長は3.8mを超え、重量は22kg以上だったという。

真田丸には結城秀康は登場していないが、子の松平忠直が大坂の陣で幸村に執拗に食い下がる姿が描かれている。

  • 人間無骨
森長可(森蘭丸の兄)の愛槍の名前から。
この槍は二代目和泉守兼定作の大身の十文字槍で、
「この槍の前では人間の骨など無いも同然」という程の鋭さを持っていた事から「人間無骨(ニンゲンブコツ)」と名付けられた。
事実、長可は初陣でこの槍を振るい、27にも及ぶ首級を挙げたという。

真田丸にも森長可は登場しており、Empires以来の槍を構える姿を見ることが出来る。


技能考察

技能名 相性 備考
猛攻 最も基本的な技能だが、それ故に蔑ろにしてはいけないな。
風撃 得物の長所を伸ばすのは良い判断だ。
勇猛 私の戦い方に良く適う技能だ。必須だろう。
波撃 × 他を優先すべきだな。
神撃 特殊技を無駄なく活用するのに必須だ。
破天 打ち上げる形になる技が私には多い。相性良好だ。
迅閃 優秀な技能なのは確かだが、雑魚掃討は馬上奥義の方が良いのではないかな?
明鏡 有益な技能なのは疑いようがないが…枠が足りるかどうか。
真髄
怒髪 特殊技との兼ね合いもあるが、損にはならないな。
堅守 猛攻と同じく、基本は押さえておきたいな。
不動 槍使いが、横槍を受けるのは些か洒落にならないだろう。
滅流 × 敵の属性攻撃は記憶にないな…。
波断 - 無い技能に関しては、流石の父上や昌幸も語れまい。
堅忍 高難度での必須技能だ。
背水 × 人が死んだら悲しいのは当たり前…私の場合もそうであってほしいが。
不抜 ×
闘志 - 既に標準装備になっているらしいな。便利になったものだ。
闘魂 -
再臨 武田の名を守るためには、そう簡単には死ねないが…。
俊敏 × 私は武田騎馬軍団の長。徒歩での戦いは色々な意味で向かないだろう。
破竹 徒歩で戦わない以上、他の者よりは評価は下がってしまうな。
快進
覚醒 馬上では奥義が使えないことを逆手に取れるのは大きい。
騎戦 馬上奥義で戦いたい私に向く技能だ。
練騎
薬活 真田丸では自然に発動してしまう技能だとは言える。
騎神 覚醒と合わせてこそ真価を発揮する技能だろう。
霊験 - 事情は波断と同じだ。
克己 - 強力過ぎる故に無くなった技能だな…強い物が消えるのは身に詰まされる話だ。
  • 属性技能については、属性の頁を参照。
  • 回収用技能四種は全員同一の効果なので割愛。


(II)技能盤

なし。

衣装

なし。

コメント欄

  • この掲示板はツリー方式です。レスをする時は、レスをしたい記事の先頭をクリックして選択してから書き込んで下さい。
    それをしないとツリー表示されず、新規投稿になってしまいます。
    他の人が不快になる様な投稿は控えましょう。
    質問は質問掲示板で行いましょう。


  • test. - 管理人 2016-10-08 20:14:15
  • ついに参戦か、長かったね。 - 名無しさん 2016-10-12 15:48:42
  • どうやってゲットできるの - 名無しさん 2017-08-31 22:09:29
    • ゲット? - 管理人 2017-08-31 23:10:50
名前: