将星絵巻 > 趣味を語る:南蛮文化編

武将名 武将・甲 武将・乙
真田幸村 この重厚な南蛮物をご覧ください。
腰にくくりつけて槍を振るえば足腰が鍛えられましょう
実に見事な品ですね。
頭上に掲げて上げ下げすれば、よき鍛錬になりましょう
前田慶次 この曲線に色使い、この南蛮物、傾いてるねえ!
どうだい、あんたの床の間にも一つ
それもいいが、俺の持ってるこれと比べりゃあ…。
どうだい、この柄。傾いてるだろ?
織田信長 これが、南蛮渡来の甲冑、ぞ。
…見よ
その程度で満足してなんとする。
さらに欲せよ! 求めよ!
明智光秀 ああ、これは先ほど買い求めたものです。
南蛮の洋服に目がない者がおりまして…
真に見事な品ですね。
あなたにこそふさわしいかと
石川五右衛門 見ろよ、この南蛮の酒!
…って! そうだよ! 俺はどうせ飲み食い好きだよ!
そいつあ値打ちもんだ。俺も南蛮で一稼ぎしてくるか。
で、南蛮行くにゃ、どの角を曲がればいいんだ?
上杉謙信 南蛮渡来の杯…。
これにて酒をあおるも、愉悦
南蛮の品、よきものなり
お市 この南蛮の首飾りに描かれた絵を見てください。
冠をかぶり白馬に跨る金髪の殿方…素敵でしょう?
南蛮の物はどれも夢がありますね。
いつか異国の城で、愛する人と暮らせたら…
阿国 南蛮のモンは華があって好きどすわあ。
中でもこのはんなりしたんがうちのお気に入りどす
もしかして、それ、うちにくれはんのんどすか?
ほな、遠慮なく。おおきに~
くのいち じゃじゃーん、今、南蛮で大人気の逸品!
でも、これ何に使うんだろ?
正直、よくわからないんですけど…
ま、そこがまた何番の魅力ってことで
雑賀孫市 この首飾りに彫られた異国の美女。すげえだろ?
日本(ひのもと)の美人のにはないこの凹凸…まさに芸術ってか
南蛮の品は癖になるぜ。
眺めてるだけで南蛮美人の想像をかき立ててくれる
武田信玄 自慢の南蛮兜じゃよ。
これかぶったらわし、カッコよすぎちゃうのう
ほう、それはなかなか。
わしのこれと取り換えてくれんかね?
伊達政宗 見るがよいわ、この豪奢な意匠。
同じ空の下、かような物を作る国が南蛮にはあるのじゃ
有無、南蛮への興味は尽きぬわ。
いずれ人をやって、直に学ばせてみたいものじゃ
濃姫 異国の姫は、こんな首飾りを着けるんですって。
胸元に妖しい輝き…素敵だと思わない?
海の向こうでは、すべてが違うのね。
気になるわ…南蛮の地獄ってどんなかしら?
服部半蔵 …拙者がつけしは南蛮のマスケラ…仮面だ きらびやかな南蛮の品など、影には無用…。
だが心魅かれる。光と影は離れられぬ定めなれば
森蘭丸 この南蛮のデキャンタ、これが蘭の宝です。
蘭は、珍しい焼物集めが大好きなのです
見事な品ですね。
蘭は、珍しい焼物があれば満足です
豊臣秀吉 この南蛮の品、景気よう光っとってええじゃろ!
わしゃ、こういうのに目がないんさ
じゃが、ちっと地味じゃのう。
見てみい、わしのは派手じゃぞ~!
今川義元 まろのお気に入り、南蛮渡来の鞠じゃの。
地球儀と申すの。ちと蹴りにくいのが難点じゃの!
ほう、雅よの。
蹴鞠で勝てたらまろに譲ってほしいの! の!
本多忠勝 これは南蛮人がもたらしたる新大陸の木彫りだ。
力強き作風、見習いたきものよ
実に見事。
南蛮の技、侮りがたし
稲姫 これは稲のお気に入りのワイングラスです。
脚に形作られた花が美しいと思いませんか?
美しい品ですね。
見ているだけで心が癒されます
徳川家康 新しく手に入れしこの南蛮の医学書…。
これでわしの薬開発の幅も広がるというものよ…
しかし、これほどの物を作り上げるとは…。
南蛮の技術、恐ろしくもある
石田三成 実に合理的な形状をしている。
南蛮の品、嫌いではない
よいのではないか? お似合いだ
浅井長政 見てくれ。南蛮於装飾品を手に入れたのだ。
愛する者に贈ろうと思うのだが、どうだろう?
それを好むとは、そなたらしい!
島左近 こいつは遠眼鏡と言いましてね。
戦場を見渡して軍略を練るにはいい道具ですよ
なるほど、勉強になります。
軍略家は、あらゆることを頭に入れとかないとね
島津義弘 この意匠、南蛮の鬼といったところか。
鬼島津にはおあつらえ向きよ
これほどの品に出会えようとは。
まずは満足
立花誾千代 こっ…これは…!
南蛮の女物の…首飾り…か…?
日本(ひのもと)の物であれ南蛮の物であれ優れた物を取り入れる。
それが立花だ
直江兼続 これは先日手に入れた南蛮物だ。
慈愛に満ち満ちて…愛だ…愛を表現しているのだ!
うむ、義と愛を感じさせる逸品だ
ねね ほら、南蛮渡来の首飾りだよ!
とーっても胸元を艶やかに彩ってくれるの
うんうん!
いい物が手に入ってよかったね
風魔小太郎 南蛮の魔よけの首飾り。
海を渡って魔の手に収まるとは皮肉よな…
異国より流れ着いた異なる物。
人の世に紛れ込んだ魔と同じ…
宮本武蔵 これは南蛮の剣だ。
打撃中心の剣になるのかな…面白いぜ
なんだかよくわからねえが、
迫力だけは伝わってくるぜ
前田利家 南蛮の具足だ、見事なもんだろ?
これ着て戦に出りゃ、男も上がるってもんだぜ!
こいつあ値打ちモンだ、間違いねえ!
長宗我部元親 幾多の荒波を越えて来た舶来の品。
聞け…その凄絶な旅路の歌を!
上等!
ガラシャ わらわを見て気づいたであろう? ほれ! ほれ!
新しき南蛮の首飾りじゃ!
ほむ、これは…誰がどこでどうやって作ったのじゃ!
教えよ!
佐々木小次郎 僕が持ってる南蛮渡来の品々、気に入った?
僕を斬れば手に入るよ
とっても可愛いよ。
それにいいにおいがする…
柴田勝家 これが南蛮の水瓶…デキャンタと申すそうな。
割ったらば、さぞ派手な音がしよう
実に見事
加藤清正 好きにみるといい。どれも珍しい南蛮の品々だ。
あ、それだけは駄目だ! ある方への贈り物なんだ
確かに皆が欲しがりそうな品だ。
南蛮との交易に力を入れれば、国も豊かになるだろうな
黒田官兵衛 これら、言葉すら通じぬ異国の物に心魅かれる。
我ながら不可解なものだ
その品を求めるとは、実に卿らしい
立花宗茂 南蛮の鎧は洗練されていて動きやすい。
着こなせればの話だが
まあ、それも悪くはないな
甲斐姫 南蛮の首飾り、いいでしょ。
胸元を艶やかに演出しちゃって女子力大幅向上!
なにそれ可愛い! とっても可愛い~!
北条氏康 珍しいモンが手に入ってな。
南蛮由来の遠眼鏡だとよ。明日にでも試してみるか
あいにく俺はこっち派だ。
舶来の葡萄酒…もちろん、朝飲むことにしてる
竹中半兵衛 見てよこれ! 南蛮の書物。
枕にしたら面白い夢が見られそうだと思わない?
うん、南蛮の技術ってすごいね…。
俺も向こうに行ってみたいな。時間さえあればさ…
毛利元就 今日は交易の歴史について語ろうと思ったけど…。
私の話よりは、この南蛮物を見せたほうが早いかな
へえ。
こんな珍しい物が見られるなんて長生きするものだね
綾御前 このデキャンタ、清らかな水を入れて給仕することも、
煮えたぎった湯を入れて責めたてることもできますね…
あらあら、よき物を持っていること。
縦に割って綾が半分いただきましょう
福島正則 っしゃー!
今はやりの南蛮道具、手に入れたぜ!
何に使うか、いまいちわかんねーけどよ!
マジすげー!
売ったらその金で城が建っちゃうんじゃね!?
藤堂高虎 ついに手に入れた…南蛮の手ぬぐいだ。
触るな。触ったが最後、手放せなくなるぞ
南蛮の品に、誰もが夢中になるようだ。
…恐ろしくすらある
井伊直虎 南蛮の女の子の首飾りを手に入れました。
胸の間に埋もれちゃわないようにつけるのが大変です
はうう、すごい…。
ちょっとだけ触らせてもらってもいいですか?
柳生宗矩 おじさんのお気に入りを見せてあげようかァ。
どうだい…いい南蛮物だろう?
人それぞれ魅かれる物も違うものさァ。
むしろそこが面白いねェ
真田信之 これは南蛮の剣だが、実に丁寧にこしらえてある。
使うのが申し訳ないほどだ
ああ、思わず見入ってしまった
大谷吉継 この地球儀を眺めるのが俺は好きだ。
何があっても世界という流れは回り続けるのだな
お前が気に入っているならそれでいい
松永久秀 ついに手に入れたり南蛮医学書!
生命の神秘に迫る奇跡の学問! むっふふう!
ああ、それの使い方を教えてやろう。
たっぷり火薬を詰めて火に放り込むのだ
片倉小十郎 こちらが私の宝、南蛮渡来の眼鏡。
はい、現在私が身につけているものでございます
さすがはすばらしい品をお持ちでいらっしゃいます。
ご無礼ながら、私の眼鏡ほどの逸品ではございませんが
上杉景勝 …わしの宝…南蛮の剣だ …いい
小早川隆景 お察しのとおり、私の宝は南蛮の書物です。
この異国の文字を見ているだけで…
その品、よく知っていますよ。
興味があって、南蛮の書物で事細かに調べましたから
小少将 どう? 南蛮渡来の首飾りよ。
あたしの魅力を一層引き立ててくれるわ♡
あたしの南蛮の女の子の髪型に興味があるかな。
とっても豪華で艶やかでしょ♡
島津豊久 これが南蛮の鎧だぞ。ちゃんと南蛮の言葉で鳴るんだ。
クランク!…ってさ。絶対に本物だろ?
す、すごいな。
海の向こうの南蛮、俺もいつか行ってみたい
早川殿 あなただけに見せてあげる、舶来の首飾りよ。
髪につけても、額に巻いても可愛いでしょう?
とってもいいと思う。
私も欲しくなってきちゃった
(II)井伊直政 家の未来を考えるなら、世界にも目を向けるべきです。
南蛮の品々、ご覧ください
それが、最善の品ですか?
俺ならもっと別のものを買います
新武将(男・熱血) これが舶来の剣だ!
すばらしいとは思わないか?
これは! 言葉では言い表せない!
新武将(男・冷静) 異国の技術は日本(ひのもと)の先を行っている。
この地球儀を見ればわかるだろう
ほう。
もっと近くで見てもよいか?
新武将(男・生意気) やっぱ世界って広いよね。
こんなすごい物作っちゃう国があるんだよ
ふーん、君の趣味って微妙だよね
新武将(男・老練) ずっと探し求めていた異国の刀剣、
ようやく手に入ったのだ
おお、音に聞いてはいたが
実物に出会えようとは
(E)新武将(男・威厳) これは珍しき南蛮の履き物でな。
こう、かかとが高くなっておるのじゃ
これは興味深い…。
これはよいものじゃ…
新武将(女・活発) ほら、南蛮渡来の首飾り。
宝石が飴みたいで、ちょっとおいしそう…
私もそれ、好きだよ!
こんなものを手に入れられたら、どんなにいいか
新武将(女・冷静) 異国の文化から学ぶことは多い。
この食器も例外ではない
その価値、私にはわからないが…。
役に立つこともあるのだろう
新武将(女・生意気) ボクの宝物、特別に見せたげるよ!
ほら、異国の首飾り。開けると綺麗な絵があるの
あー、これ知ってる!
すごいすごーい!
新武将(女・妖艶) この首飾りは南蛮渡来のお薬入れなの。
とっても効く薬が入ってるのよ。試してみる?
あら、素敵ね。
もっと近くで見てもいいかしら?
(E)新武将(女・優美) これは南蛮の酒瓶、デキャンタと申すそうです。
日本(ひのもと)のものにも劣らぬ素敵なものでしょう?
なんてすばらしいのでしょう。
手触りも最高ですね
汎用武将(熱血) ようやく手に入れた南蛮の剣だ。
斬れ味も申し分ない
見事だな。
俺の宝と交換したいほどだ
汎用武将(冷静) やはり南蛮の剣は日本(ひのもと)とは違う製法を使っている。
この技術、ものにしたいが…
実に見事な品よ!
その価値、一国に値するやもしれん
汎用武将(猪突) 見られよ、舶来の甲冑じゃ。
この奇抜な柄に敵も驚こう
なるほど、これは珍妙な…。
ふむふむ、なかなかの代物…
汎用武将(若輩) これが世界の地図だそうです。
世界がこれほど広いとは…
すばらしい。
なんとか譲っていただけませんか?
汎用武将(老練) 渡来品には目がなくてな、片っ端から買い集めたわ なに、それなら似た物を持っておるわ
汎用武将(猛将) 何かは知らぬが、異国で人気の品らしい。
ひとまず、床の間に飾ろうと思うてな
ふむふむ、なるほど…。
いや、さっぱりわからん
汎用武将(知将) 近頃、南蛮の調度品に凝っておってな。
どうじゃ、なかなか趣があろう
その品、わしにこそふさわしい!